menu
閉じる
  1. エプソムカップ2016 予想
  2. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  3. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. 有馬記念2015 予想
  5. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  6. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  7. ホープフルステークス2016 予想
  8. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  9. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  10. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
閉じる
閉じる
  1. 香港国際競争 2017 ヴァーズ.スプリント.マイル.カップ 予想
  2. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 予想
  3. カペラステークス 2017 予想
  4. 中日新聞杯 2017 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  6. カペラステークス2017 出走予定馬と展望
  7. 中日新聞杯2017 出走予定馬と展望
  8. 阪神ジュベナイルフィリーズ2017 出走予定馬と展望
  9. チャンピオンズカップ 2017 予想
  10. チャレンジカップ 2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

京都2歳ステークス2017 出走予定馬と展望

 
今週土曜京都メインレースは京都2歳ステークス2017
 
 
京都2歳ステークスは芝2000m外回りで行われる2歳限定の重賞レース
2014年からそれまでのOPから重賞に格上げされて今年で4年目という歴史は浅いですね
2000m戦という事で今年からG1に格上げされたホープフルステークス
ここへの重要な前哨戦に今後は位置付けされていきそうであります

カデナ→弥生賞勝ち
ベストアプローチ→青葉賞2着
昨年の1.3着馬は後にクラシックトライアルで頑張りましたがそこまで
過去3年の好走馬でクラシックで好走した馬はまだ居ませんが
後々最も活躍した馬は14年3着だったシュヴァルグランでしょう
 
今年の注目馬は前走萩ステークス勝ち馬のタイムフライヤー

主な登録馬はタイムフライヤー以外に
エントシャイデン、グレイル、シスターフラッグ、スラッシュメタル、マイハートビートらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

京都2歳ステークス2017出走予定馬は11頭(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向

 

これは過去3年における京都2歳ステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
少頭数でスローの上がり勝負になりやすい傾向であると思うんですが

ハーツクライが複数
マンハッタンカフェ
ハービンジャー
New Approach
ちょっと重めの種牡馬を持つ馬が結構馬券になってるイメージですね
(昨年こそディープ→キンカメのワンツーフィニッシュでしたが)
まだこの時期の2歳馬にとっての2000mなんでスタミナ血統の優位性があるのでしょう

母方で複数馬券になってるのが
フレンチデピュティ
ミスプロ系
ロベルト系
スピードもそうですが馬力に富む血を兼ね備える馬に注目してみたい傾向であります

あとはやっぱりノーザンファーム生産馬には目を向けねばならないでしょう
14年なんかは3頭しか出走してなかったのでその3頭で上位独占でしたから
サンデー系種牡馬は【1.1.2.0】
前走との間隔が5週以上だった馬【1.1.2.0】
この2つのパターンである馬は要注意かもしれません
 

有力馬の考察

グレイル

ハーツクライ産駒でサンデー系種牡馬でノーザンファーム生産
前走との間隔は5週という事で過去の傾向になぞらえるならかなりの確率で好走の予感
Rock of Gibraltar×Rainbow Questの母方は重めの欧州配合
 

スラッシュメタル

ワークフォース産駒でキングマンボ系種牡馬でノーザンファーム生産
前走との間隔は3週なんでノーザンファームの好走パターンとはややズレる感
ワークフォース産駒が重賞で馬券になったのは4回で内3回はアップ戦でのもの
牝系にソニンクを持つので近親にはロジユニヴァースやディアドラ
父もくるめて馬場が重くなればかなり面白そうな血統構成
 

タイムフライヤー

この馬もグレイルと同じハーツクライ産駒でサンデー系種牡馬

ちなみにこれはハーツクライ産駒京都2000m良馬場における前走距離別成績(14年以降)
元来延長臨戦が強い種牡馬であるんですがこの条件は特にそんな傾向があり
そしてタイムフライヤーの前走は1800mなんで今回は延長臨戦
ブライアンズタイム(ロベルト系)×Alzaoの母方はやや欧州寄りの配合
 

マイハートビート

ゼンノロブロイ産駒でサンデー系種牡馬でノーザンファーム生産
前走との間隔は6週という事で過去の傾向になぞらえるならかなりの確率で好走の予感
母トゥーピーという事で半兄にサトノラーゼンとサトノクロニクル
この2頭は共に初重賞(京都新聞杯)で馬券になっております
Intikhab×Caerleonの母方は欧州配合
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 中山牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望

  2. 新潟メインBSN賞など2017年8月26日土曜の競馬予想

  3. シリウスステークス 2017 予想

  4. 毎日杯2017 予想

  5. 小倉記念2017 出走予定馬と展望

  6. 七夕賞 2017 予想

おすすめ記事

  1. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  2. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  3. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る