menu
閉じる
  1. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  2. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  3. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  4. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  5. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  6. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  7. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  8. チャンピオンズカップ2016 予想
  9. 有馬記念2015 予想
  10. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
閉じる
閉じる
  1. アメリカジョッキークラブカップ2018 出走予定馬と展望
  2. 日経新春杯 2018 予想
  3. 京成杯 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 日経新春杯2018 出走予定馬と展望
  6. 愛知杯2018 出走予定馬と展望
  7. シンザン記念 2018 予想 多少は重い馬場になる事も想定
  8. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルディープ…
  9. 中山金杯 2018 予想
  10. 京都金杯 2018 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

京都大賞典 2017 予想

 
10月9日(月)京都競馬場で行われる京都大賞典2017の予想です
 
 
京都大賞典は芝2400mで行われる古馬混合重賞
マイル路線を目指す馬は前日の毎日王冠に使われるんでしょうが
京都大賞典はこの後の天皇賞秋→ジャパンカップ→有馬記念を目指す馬が集うレース
当レース1着馬には天皇賞秋の優先出走権が与えられております

昨年はキタサンブラック、一昨年はラブリーデイ
それぞれG1勝ち実績のある馬が勝ちましたが今年はG1勝ち馬の出走はなし
毎日王冠のほうに固まった印象はありますね

そんな中で1番人気に推されてるのがシュヴァルグラン
G1でこれまで3度馬券圏内を賑わせながら全てキタサンブラックに阻まれてきた馬
この秋悲願のG1制覇を目指してここが復帰第一戦になります

シュヴァルグラン以下の人気は
サウンズオブアース、ミッキーロケット、スマートレイアー、フェイムゲーム、トーセンバジルの順

そんな京都大賞典2017の発走時刻は15:35になっております
 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去10年における京都大賞典1~3着馬の父と母父が分かるもの

このレースは意外と非サンデー系種牡馬の頑張りが見られますね
サンデー系種牡馬で1~3着独占となったのは14年の1度のみですから

ちなみに近年サンデー系種牡馬で馬券になってるディープインパクトとハーツクライですが
京都2400mの成績はほぼ変わらないくらい
このあたりは各馬の母方の血や今回走れるタイミングであるかどうか?で判断しようかと

母方の血ではボールドルーラーやノーザンテーストといった
いわゆるスピード持続力に長けた血が好調
キタサンブラック
サウンズオブアース
カレンミロティック
タマモベストプレイ
近3年だとこれらの好走馬が上に該当してました

あとは総じてトニービン=グレイソヴリンの血がよく走ってるのも特徴的
 

京都大賞典2017の予想

 
◎はトーセンバジルにしました
父ハービンジャーはダンチヒ~ノーザンダンサー系で非サンデー系種牡馬
重賞の狙いどころとしては間隔を開けての臨戦が良いのがハービンジャー
トーセンバジル自身も神戸新聞杯と阪神大賞典がまさにその臨戦
前走新潟記念はまさにその間隔を開けての臨戦でしたが天皇賞春からだったんで短縮臨戦
この短縮臨戦の重賞成績が【0.0.1.22】と奮わないのがハービンジャーでもあり
天皇賞春の次なんでまあどこを使ってきても大概短縮臨戦になってしまうので
2000mをひと叩きしてからの延長になるここはまだフレッシュ(叩き2戦目)ですしいいかと
脚が早くない馬だからこそ余計に延長のここでこそ!でしょうし少しでも前目に付けたい
母母父がノーザンテーストで近親にはカンパニーにトーセンジョーダンら京都重賞巧者がズラリ
 
○はミッキーロケット
父キングカメハメハはキングマンボ系でこちらも非サンデー系種牡馬
ラブリーデイ、ヒットザターゲット、ローズキングダムとキングカメハメハ産駒は当レース3勝
相性良い所に加え同じ京都2400m重賞の日経新春杯を勝っているというのもプラス材料
間隔を開けての臨戦得意なキンカメですし加えてG1からのダウン戦
昨年の500万下に今年の日経新春杯が今回と同じ間隔を開けてのダウン戦で勝利
ここは十分に走れるタイミングだとは思うんですが・・
Pivotal×Caerleonの母方はノーザンダンサー配合で欧州色強め
同じ京都2400m重賞で勝った日経新春杯は冬開催で稍重
サトノダイヤモンドに迫った神戸新聞杯は阪神コース
現状高速良馬場でどうなん??という側面はありますね
その分だけの対抗評価という事です

▲はシュヴァルグラン
父ハーツクライはトニービン内包種牡馬
今回は宝塚記念以来間隔を開けての臨戦(11週)ですが
ハーツクライは芝重賞におけるこの間隔を開けての臨戦(10週~25週)が好数字
勝率11.0%連対率25.7%複勝率37.6%となかなかのもの
シュヴァルグランはノーザンファーム生産ですが
この臨戦をノーザンファーム生産馬に絞ると
勝率14.6%連対率33.3%複勝率47.9%に跳ね上がります
前走宝塚記念で逃げる競馬で8着と全て吐き出した後でリフレッシュされていれば
福永→デムーロですしかなり信用置けそうな感じはあります
ただハーツクライにとって勝ち切れない京都重賞でしかも1番人気は本命は打ち辛くて・・
 
ハッピーモーメントの父はディープインパクトで斬れない系のディープ
母父トニービンでその奥がボールドルーラー系のジヤツジアンジエルーチにノーザンテースト
前目に付けられると母方のスピード持続力に長けた血が活きそうであるので
3着内13回中7回が延長臨戦でのものだけに2000m→2400mのここはタイミング的には狙えそう

×スマートレイアーは近走G1以外だと全て3着内と安定感抜群
これがG1からのダウン臨戦ならもう少し評価を上にしてもよかったんでしょうが

×マキシマムドパリは間隔を開けての臨戦のキンカメ産駒
母方のサンデー×グレイソヴリンは魅力もアップ戦&延長というのが自身イマイチだけに
 

予想印と買い目

 
トーセンバジル
○ミッキーロケット
▲シュヴァルグラン
△ハッピーモーメント
×スマートレイアー
×マキシマムドパリ

買い目は
◎の単
◎ー○▲△の馬連
◎ー○のワイド
◎ー○▲ー▲△××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. チャンピオンズカップ 2017 予想

  2. テレビユー福島賞2017 予想

  3. きさらぎ賞2017 予想

  4. クイーンカップ2017 出走予定馬と展望

  5. ホープフルステークス 2017 予想

  6. チューリップ賞2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る