menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 予想
  2. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  3. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  4. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  5. クイーンカップ 2018 予想
  6. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  7. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  8. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  9. 府中牝馬ステークス2016 予想
  10. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. 富士ステークス 2018 予想 本命はエアスピネル
  2. 菊花賞 2018 全頭血統考察
  3. 富士ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 菊花賞2018 出走予定馬と展望
  5. 秋華賞 2018 予想 本命はゴージャスランチ
  6. 種牡馬メモについて
  7. 白秋ステークスなど2018年10月13日土曜の競馬予想
  8. 府中牝馬ステークス 2018 予想 本命はクロコスミア
  9. 秋華賞 2018 全頭血統考察
  10. 府中牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

京都大賞典 2018 予想 本命はレッドジェノヴァ

 
10月8日(月)京都競馬場で行われる京都大賞典2018の予想です

京都大賞典は芝2400m外回りで行われる古馬混合重賞
マイル路線を目指す馬は前日の毎日王冠に使われるんでしょうが
京都大賞典はこの後の天皇賞秋→ジャパンカップ→有馬記念を目指す馬が集うレース
当レース1着馬には天皇賞秋の優先出走権が与えられております

過去5年の勝ち馬の顔触れは
スマートレイアー
キタサンブラック
ラブリーデイ
ラストインパクト
ヒットザターゲット

キタサンブラックとラブリーデイがそれぞれG1勝ち実績のあった馬

今年はサトノダイヤモンドシュヴァルグランの人気2頭がG1勝ち実績あり
すんなりこの2頭の決着になるのか?それとも波乱か?

以下、ウインテンダネス、レッドジェノヴァ、アルバート、ブレスジャーニーの人気順に

そんな京都大賞典2018の発走時刻は15:35になっております
 
 

~menkからの重要なお知らせ~

今wordpressというスタイルでやらせてもらってる当ブログですが
ひとまず今月末をメドにこの形での更新は打ち止めにさせてもらう予定です

今後につきましては
今月末~来月にブログ移籍というスタイルをとって
また細々とやっていきますので引き続き応援してもらえれば有難いです

詳細決まり次第発表させてもらいますので

以上、宜しくお願い致します

 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去10年における京都大賞典1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
 
13年より以前は非サンデー系種牡馬の活躍が非常に目立っていたレース
近年はサンデー系種牡馬が徐々に走るようになってきてますが

17年6番人気2着 トーセンバジル
16年6番人気2着 アドマイヤデウス
2年続けて非サンデー系種牡馬を父に持つ馬が人気以上に走ってるので引き続き注意か
 
 
あとはグレイソヴリンの血でしょうね!
京都2400m外回りは3角~4角は下っていくので持続力が求められやすいのか
欧州ナスルーラ系であるこの血が当レースでは相性良いのでしょう
 
 
17年6番人気2着 トーセンバジル(母母父ノーザンテースト)
15年5番人気3着 カレンミロティック(母父エーピーインディ)
14年6番人気2着 タマモベストプレイ(母父ノーザンテースト)

そして勝ち切れないものの母方にスピード持続力ある血を持つ馬
これらがひょっこり食い込んでくるのも特徴的
 

京都大賞典2018の予想

 
◎はレッドジェノヴァにしました
父シンボリクリスエスがロベルト系で非サンデー系種牡馬
母父ホワイトマズルはリファール系で
アンコイルドとスマートレイアーが同じ母父系
スピード持続力とは訳は違うものの
母母父がサンデーというのは悪くはないかと
2走前が延長で楽勝後の前走は短縮でも位置取り変わらずまた楽勝
このあたりは連チャン期の香りも感じましたし
馬込みでも内目でも辛抱出来る馬なんで
ちょっとクリスエスっぽさはいい意味で感じず
シンボリクリスエス産駒の芝重賞は近年では断然延長臨戦が好成績な中で今回延長臨戦
自身延長臨戦が【3.0.0.1】ですし(このあたりはクリスエスっぽいですが)
G1馬2頭もう~んって感じでそれ以外の馬に◎もう~んだったので
それならばちょっとオッズは辛いものの
鮮度抜群のこの馬に賭けてみようかなと
 
 
○はサトノダイヤモンド

京都のディープインパクト産駒なんであんまり評価したくなかったんですが
他も他なんでこの位置に収まりました
シュヴァルグランと比べても春G1で続けて凡走してる分だけ
今回は勝ちたい=ある程度格好付けたいと思う気持ちは陣営も上でしょうしね
宝塚記念も厳しいペースを勝負に行っての負けでしたし
そこから間隔開けてのダウン戦なら母方もスピード型配合であるので
 
 
シュヴァルグランはハーツクライ産駒
芝重賞では間隔開けての臨戦が好数字であるハーツクライ
ですが・・今回は2走前大阪杯と同じ間隔開けての大幅短縮臨戦
それが気になったのに加えてこの馬自身はこなしてますが
基本的にハーツクライの京都外回り重賞はイマイチでもあるので
 
 
スマートレイアー
前走厳しいペースを先行した後のダウン戦
この馬には絶好のタイミングだと思います
 
 
アルバートは血統は↑で挙げたものにピタッと嵌ってきます
父アドマイヤドンが非サンデー系のグレイソヴリン内包種牡馬
母母父がスピード持続力のノーザンテースト
この馬は意外と速い上がりを出してる時に好走する傾向
従って延長臨戦でモレイラである程度位置を取ってくれる事が条件か?
ただその未知数さに賭けるには△くらいになっちゃいます
やっぱり遅刻しそうな気がしますし
 

予想印と買い目

 
レッドジェノヴァ
○サトノダイヤモンド
△シュヴァルグラン
△スマートレイアー
△アルバート

買い目は
◎の単
◎ー○の馬連
◎○ー△△△の3連複
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ダービー卿チャレンジトロフィー2018 出走予定馬と展望

  2. シンザン記念2018 出走予定馬と展望

  3. 中山記念 2018 予想

  4. 菊花賞2018 出走予定馬と展望

  5. 天皇賞春 2018 血統評価 出走馬17頭全馬編

  6. 凱旋門賞2018 日本馬クリンチャー含め確定した出走馬と展望

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る