menu
閉じる
  1. 京都大賞典2016 予想
  2. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  3. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  4. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  6. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  7. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  8. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  9. 愛知杯 2018 予想
  10. ホープフルステークス2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 中京記念2018 出走予定馬と展望
  2. 【重賞結果】函館記念2018&BAOO岩美にいってきました
  3. 函館記念 2018 予想 本命はエアアンセム
  4. 函館記念2018 出走予定馬と展望
  5. 【重賞結果】七夕賞2018&プロキオンステークス2018
  6. プロキオンステークス 2018 予想 キングズガードの連覇に期待
  7. 七夕賞 2018 予想 マイネルフロストの久々となる重賞制覇に期待
  8. 道悪濃厚な豊明Sに五稜郭Sなど2018年7月7日土曜の競馬予想
  9. プロキオンステークス2018 出走予定馬と展望
  10. 七夕賞2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

京都大賞典2016 出走予定馬と展望

 
来週月曜京都メインレースは京都大賞典2016
 
 
秋の東京・京都開催が今週から開幕
そしてその開幕週を飾るのが例年通り京都大賞典という事になります
天皇賞秋の前哨戦という位置付けで京都大賞典勝ち馬にはその天皇賞秋の優先出走権が与えられます
 
まさに昨年はラブリーデイが京都大賞典を勝ち天皇賞秋も制しました
ただこのパターンとなると次は00年のテイエムオペラオーまで遡ってしまう訳で・・
結構な割合で上位馬はここから天皇賞秋へ進む馬は少ないというのが現状
 
今年の注目は何といってもキタサンブラック
そのキタサンブラックはこの後天皇賞秋を使わないローテーションらしいですが・・
 
あと昨年の1・2着馬、一昨年の1・2着馬、その前の年の勝ち馬
過去京都大賞典で好走歴のあるこの5頭が出走してくるのもポイントになりそう
 
そんな京都大賞典2016出走予定馬は10頭(全馬出走可能になっております)
 

京都大賞典2016の出走予定馬と血統表

 
%e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%a4%a7%e8%b3%9e%e5%85%b82016%e5%87%ba%e8%b5%b0%e4%ba%88%e5%ae%9a%e9%a6%ac

京都大賞典の血統傾向

 
過去5年ではキングカメハメハ産駒が3勝とかなり目立っています
ディープインパクト産駒は【1.2.0.5】で複勝率37.5%はまずまず
 
あとはグレイソヴリンの血の活躍ぶりが非常に際立っている傾向
 
母父パワー血統母方欧州血統、こんな血を持つ馬もよく好走しております
 
データ的には前走G1組(特に宝塚記念・天皇賞春)が非常に複勝率高し!!
 

京都大賞典2016有力馬の考察

 
キタサンブラックはサンデー系種牡馬でブラックタイド産駒
上で挙げた血統には当てはまってませんが・・
ちなみに前走宝塚記念からの臨戦だった父サンデー系の成績は【0.1.2.4】(過去5年)
その宝塚記念で最も強い競馬をしたと言っていいのがこのキタサンブラック
実はこの宝塚記念組の次走成績があまり芳しくありません
ドゥラメンテも故障で引退してしまいましたしかなりハードなレースだった可能性も!?
休み明けですが疲れが果たして残っているのか?残ってないのか?
 
サウンズオブアースはサンデー系種牡馬のネオユニヴァース産駒
昨年の2着馬で前走天皇賞春からの臨戦は昨年と全く同じ過程をたどっております
前走天皇賞春からの臨戦だった父サンデー系の成績は【0.1.1.1】(過去5年)
未だに2勝のみで勝ち切れない馬ですが
【0.3.2.9】前走からの短縮臨戦馬が近5年で未勝利なのも京都大賞典
今回も勝ち切れるかどうかは疑問といった感じはします
 
ラブリーデイはキングカメハメハ産駒で昨年の覇者
勢いに乗ってた昨年に比べると近走はやや物足りませんが・・・
ただキングカメハメハ産駒は京都2400m成績はなかなか優秀
休み明けの重賞成績は良いキングカメハメハ産駒はですし大阪杯よりは条件的には良さそう
そして母母父トニービンがグレイソヴリン系
 

京都大賞典2016出走予定馬で気になる馬

 
アドマイヤデウス
キタサンブラック
サウンズオブアース
ラストインパクト
ラブリーデイ
 
この5頭の中で最も注目してるのがアドマイヤデウスで次点がラブリーデイ
 
アドマイヤデウスの父アドマイヤドンはミスプロ系ではあるんですが
グレイソヴリンの血であるトニービンを内包している種牡馬
そして母母父Be My Guestが欧州ノーザンダンサー系
前走天皇賞春からの短縮臨戦なんで勝ち切れるかは微妙ですが馬券圏内なら期待十分
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ

  2. 秋華賞2016 予想

  3. 阪急杯2016 予想

  4. ニュージーランドトロフィー2016 予想

  5. JBCクラシック2016 予想

  6. 大阪スポーツ杯2016 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

13人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る