menu
閉じる
  1. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  2. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  3. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  4. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  5. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  6. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  7. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  8. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  9. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  10. 府中牝馬ステークス2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 青葉賞2017 出走予定馬と展望
  2. 天皇賞春2017 出走予定馬と展望
  3. フローラステークス2017 予想
  4. マイラーズカップ2017 予想
  5. 福島牝馬ステークス2017 予想
  6. フローラステークス2017 出走予定馬と展望
  7. マイラーズカップ2017 出走予定馬と展望
  8. 東京スプリント2017 予想
  9. 福島牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  10. 皐月賞2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

京都大賞典2016 出走予定馬と展望

 
来週月曜京都メインレースは京都大賞典2016
 
 
秋の東京・京都開催が今週から開幕
そしてその開幕週を飾るのが例年通り京都大賞典という事になります
天皇賞秋の前哨戦という位置付けで京都大賞典勝ち馬にはその天皇賞秋の優先出走権が与えられます
 
まさに昨年はラブリーデイが京都大賞典を勝ち天皇賞秋も制しました
ただこのパターンとなると次は00年のテイエムオペラオーまで遡ってしまう訳で・・
結構な割合で上位馬はここから天皇賞秋へ進む馬は少ないというのが現状
 
今年の注目は何といってもキタサンブラック
そのキタサンブラックはこの後天皇賞秋を使わないローテーションらしいですが・・
 
あと昨年の1・2着馬、一昨年の1・2着馬、その前の年の勝ち馬
過去京都大賞典で好走歴のあるこの5頭が出走してくるのもポイントになりそう
 
そんな京都大賞典2016出走予定馬は10頭(全馬出走可能になっております)
 

京都大賞典2016の出走予定馬と血統表

 
%e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%a4%a7%e8%b3%9e%e5%85%b82016%e5%87%ba%e8%b5%b0%e4%ba%88%e5%ae%9a%e9%a6%ac

京都大賞典の血統傾向

 
過去5年ではキングカメハメハ産駒が3勝とかなり目立っています
ディープインパクト産駒は【1.2.0.5】で複勝率37.5%はまずまず
 
あとはグレイソヴリンの血の活躍ぶりが非常に際立っている傾向
 
母父パワー血統母方欧州血統、こんな血を持つ馬もよく好走しております
 
データ的には前走G1組(特に宝塚記念・天皇賞春)が非常に複勝率高し!!
 

京都大賞典2016有力馬の考察

 
キタサンブラックはサンデー系種牡馬でブラックタイド産駒
上で挙げた血統には当てはまってませんが・・
ちなみに前走宝塚記念からの臨戦だった父サンデー系の成績は【0.1.2.4】(過去5年)
その宝塚記念で最も強い競馬をしたと言っていいのがこのキタサンブラック
実はこの宝塚記念組の次走成績があまり芳しくありません
ドゥラメンテも故障で引退してしまいましたしかなりハードなレースだった可能性も!?
休み明けですが疲れが果たして残っているのか?残ってないのか?
 
サウンズオブアースはサンデー系種牡馬のネオユニヴァース産駒
昨年の2着馬で前走天皇賞春からの臨戦は昨年と全く同じ過程をたどっております
前走天皇賞春からの臨戦だった父サンデー系の成績は【0.1.1.1】(過去5年)
未だに2勝のみで勝ち切れない馬ですが
【0.3.2.9】前走からの短縮臨戦馬が近5年で未勝利なのも京都大賞典
今回も勝ち切れるかどうかは疑問といった感じはします
 
ラブリーデイはキングカメハメハ産駒で昨年の覇者
勢いに乗ってた昨年に比べると近走はやや物足りませんが・・・
ただキングカメハメハ産駒は京都2400m成績はなかなか優秀
休み明けの重賞成績は良いキングカメハメハ産駒はですし大阪杯よりは条件的には良さそう
そして母母父トニービンがグレイソヴリン系
 

京都大賞典2016出走予定馬で気になる馬

 
アドマイヤデウス
キタサンブラック
サウンズオブアース
ラストインパクト
ラブリーデイ
 
この5頭の中で最も注目してるのがアドマイヤデウスで次点がラブリーデイ
 
アドマイヤデウスの父アドマイヤドンはミスプロ系ではあるんですが
グレイソヴリンの血であるトニービンを内包している種牡馬
そして母母父Be My Guestが欧州ノーザンダンサー系
前走天皇賞春からの短縮臨戦なんで勝ち切れるかは微妙ですが馬券圏内なら期待十分
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. フラワーカップ2016 予想

  2. 日経新春杯2016 出走馬と先行予想

  3. 中日新聞杯2016 出走予定馬と先行予想

  4. レパードステークス2016 出走予定馬と展望

  5. 根岸ステークス2016 モーニンの好走確率は高い!?~Henny…

  6. ニュージーランドトロフィー2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る