menu
閉じる
  1. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  2. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  3. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. チャンピオンズカップ2016 予想
  6. エプソムカップ2016 予想
  7. ホープフルステークス2016 予想
  8. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  9. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  10. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
閉じる
閉じる
  1. アーリントンカップ2017 出走予定馬と展望
  2. 小倉大賞典2017 予想
  3. フェブラリーステークス2017 予想
  4. 京都牝馬ステークス2017 予想
  5. ダイヤモンドステークス2017 予想
  6. 京都牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  7. ダイヤモンドステークス2017 出走予定馬と展望
  8. フェブラリーステークス2017 出走予定馬と展望
  9. 京都記念2017 予想
  10. 共同通信杯2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

京都牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望

 
今週土曜京都メインレースは京都牝馬ステークス2017
 
 
京都牝馬ステークスは1400m外回りで行われる4歳以上牝馬限定重賞でして
以前は京都牝馬特別というレース名で行われてましたが2001年から京都牝馬ステークスに
そして1400mで行われるようになったのは昨年からになります
5月に開催されるヴィクトリアマイルへ向けた古馬牝馬路線の重要なレースという位置付け
 
1着クイーンズリング→8着
2着マジックタイム→6着
3着ウインプリメーラ→11着
 
昨年の上位馬はヴィクトリアマイルでちょっとずつ届かなかったんですが
今年はどういう繋がりを見せるのでしょうか!?
 
 
PR.3回に1回3連単が的中する情報を無料でゲットしませんか?
3回に1回3連単が当たってしまう!!
~異次元の的中を出す競馬データ~
レース選び、買い目出し、わずか1分で完了
>>無料でのお申し込みはこちらから
メルアド登録後→【登録する(無料)】ボタンをクリックしてご覧下さい
 

京都牝馬ステークス2017の出走予定馬と血統表

 

 
京都牝馬ステークス2017出走予定馬は18頭
 

京都牝馬ステークスの血統傾向

 
1400mに変わっての初年度になった昨年は重馬場での施行
よってその結果をどこまで鵜呑みに出来るのか?になってくるかと思いますが・・・
 
そんな昨年はサンデー系種牡馬を持つ馬が上位独占
考え方としてこれは基本として持ち合わせておいたほうがベターかも?
 
ちなみに京都1400m外回りで近年成績がいいのはアドマイヤムーンキングカメハメハ
この2頭はいずれも非サンデー系種牡馬なんでズレも見受けられますね
このあたりはクラスが上がるほどサンデー系種牡馬のほうが良さそうな気もします
 

京都牝馬ステークス2017有力馬の考察

 
アルビアーノの父はストームキャット系Harlan’s Holidayで非サンデー系種牡馬
同じコースになるスワンステークスの勝ち馬でもありますが
Harlan’s Holiday産駒は早熟傾向があるだけに明け5歳となってどこまで?
(5歳以降の全成績が【0.1.2.24】)
 
アットザシーサイドはキングカメハメハ産駒
実はキングカメハメハ産駒が一番苦手としてる(数字が悪い)のが1400m重賞
間隔開けての臨戦というのは悪くはないと思うんですが・・・
短縮臨戦=特に1400mへの短縮臨戦は2度とも好走実績あり
 
レッツゴードンキの父もキングカメハメハ
 

京都牝馬ステークス2017出走予定馬で気になる馬

 
アットザシーサイド
ウインファビラス
エスティタート
スナッチマインド
ナックビーナス
レッツゴードンキ
ワンスインナムーン
 
この7頭の中で最も注目してるのがスナッチマインドで次点がワンスインナムーン
 
スナッチマインドの父はディープインパクトでサンデー系種牡馬
ディープインパクト産駒ですがこの京都1400m重賞でもやはり好数字を誇っております
昨年のこのレースは4着でしたが当時は重馬場で血統適性で上位3頭には劣った感
今年はそこまで重くならなければチャンスありとみます
 
ワンスインナムーンの父はアドマイヤムーン
リズムが良い時の重賞挑戦は要注意のアドマイヤムーンだけにこの臨戦過程は魅力的
 
 
宜しければ応援クリックポチっとお願いします→
 

PR 【4頭で京都記念を的中!】1分で見れた情報で万馬券ゲット!

 
今週はフェブラリーSを細かく解説してくれます。

 

京都記念は的中しましたか?

僕は当たりました!
ここからズラーっと京都記念の僕的考察を書いていきます。

【結果】
4頭BOX 24点 1点400円
購入金額:9,600円
3連単 16,070円 的中
配当金額:64,280円(54,680円勝ち!)

 

京都記念は先月から利用している「うまコラボ」っていう競馬指数サイトの力を借りました。

競馬指数サイトっていうと難しそうですが、めちゃくちゃ簡単です。

馬券の買い方は人それぞれなんですが、馬券に絡む馬を1位から全部推奨してくれます。
どういうことかというと、僕が予想した京都記念(G2)を例に紹介します。

まず、JRAから出される人気順と
うまコラボから出される人気順(コラボ@指数)は違います。

最も信頼できる馬の指数は[04]
最も信頼できない馬の指数は[72]
となり、
指数が少なければ少ないほど、馬券に絡む可能性が高くなるというものです。

これだけです。簡単ですよね?

 

■京都記念(G2):うまコラボの指数予想
【コラボ@指数】




⇒ コラボ@指数では、このような予想になります。※()はJRAの人気順です。
1着:マカヒキ(1番人気)
2着:ミッキーロケット(2番人気)
3着:サトノクラウン(3番人気)
4着:スマートレイアー(5番人気) と予想しています。

僕は「3連単を当てる事」「馬券購入金額を1万円未満にする事」を決めていたので、
24点買い1点400円の4頭BOXで挑みました。

■京都記念(G2):レース結果
1着:サトノクラウン(3番人気)
2着:スマートレイアー(5番人気
3着:マカヒキ(1番人気) となり、僕は3連単的中!64,280円の配当でした!

実は今回4頭BOXにした理由がもう一つあって、
うまコラボの運営者?で北条直人っていう人がサイト内でブログをやっています。
そこで、レース当日の午前中くらいに予想を公開していました。

そのブログで過去の京都記念の傾向を話していて、
2016年 2月14日(日)
京都11R 京都記念(G3)
1着:07番 (指数7位)(6番人気)
2着:06番 (指数5位)(3番人気)
3着:02番 (指数8位)(4番人気)

2015年 2月15日(日)
京都11R 京都記念(G3)
1着:06番 (指数1位)(3番人気)
2着:09番 (指数8位)(4番人気)
3着:04番 (指数2位)(2番人気)

2014年 2月16日(日)
京都11R 京都記念(G3)
1着:11番 (指数8位)(6番人気)
2着:10番 (指数1位)(2番人気)
3着:09番 (指数3位)(4番人気)

この過去3年の結果から、JRA人気上位6位以内の馬が入線確率が高いと判断し、
京都記念のコラボ@指数推奨の上位4頭もJRA人気上位6位以内だったので、
BOXで購入して的中!

ぶっちゃけ、ここまで調べ上げてくれていたので予想は簡単でした。

 

今週はフェブラリーS(G1)も「うまコラボ」を使って獲りに行きます!
どんな配当が付くのか、楽しみです!!

◆うまコラボを使ってみた感想◆
京都記念の予想も今週のフェブラリーSの予想も、うまコラボは無料で提供してくれるのが、
ありがたい話ですね。

新馬戦や未勝利戦、特別戦など、重賞以外のレースの指数を見たい方には、
一部のレースは無料で提供してくれます。
有料に参加すると毎週末の全レースの予想、
3場開催なら72レースという驚異的な予想数を提供してくれます!
そして、うまコラボおススメの買い目の提供もあります。
より少額投資で高配当を狙えるという事ですね!

ここまで聞くと高いお金がかかると思いきや、
月額1,980円しかかからないので、財布に超優しい!
運営していけるのかと心配になるくらいです。

今週末からすぐに始められます。
まずは無料でフェブラリーSを獲っちゃいましょう!

▼登録はこちらから▼
http://collabo-n.com/

スポンサーリンク

関連記事

  1. シンザン記念2017 予想

  2. TCK女王盃2017 予想

  3. 京都記念2017 出走予定馬と展望

  4. 共同通信杯2017 予想

  5. フェブラリーステークス2017 予想

  6. 愛知杯2017 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る