menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  2. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  3. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  4. エプソムカップ2016 予想
  5. クイーンカップ 2018 予想
  6. 京都大賞典 2017 予想
  7. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  8. 有馬記念2015 予想
  9. 愛知杯 2018 予想
  10. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. 中山記念2018 出走予定馬と展望
  2. 小倉大賞典 2018 予想
  3. フェブラリーステークス 2018 予想 ◎は穴馬インカンテーションにし…
  4. ダイヤモンドステークス 2018 予想
  5. 京都牝馬ステークス 2018 予想
  6. フェブラリーステークス 2018 血統評価
  7. 小倉大賞典2018 出走予定馬と展望
  8. ダイヤモンドステークス2018 出走予定馬と展望
  9. 京都牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  10. フェブラリーステークス2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

京都記念2018 出走予定馬と展望

 
今週日曜京都競馬メインレースは京都記念2018

京都記念は芝2200m外回りで施行される古馬重賞
今年で111回を迎えるこの時期の伝統的なレースであります

近年ではドバイへの壮行戦的な役割もあるかと思うんですが
今後は昨年からG1に格上げされた大阪杯への重要なステップと位置付けされそう
サトノクラウン、マカヒキ、ミッキーロケット
これら昨年の1.3.4着馬が大阪杯へと歩んでいきましたから

サトノクラウン(香港ヴァーズ、宝塚記念)
ラブリーデイ(宝塚記念、天皇賞秋)
トーセンラー(マイルチャンピオンシップ)
そして直近の当レース勝ち馬の内この3頭は同一年度にG1を勝っております
従って今年もここを勝った馬はその後注目したほうがいいかもしれませんね

今年の注目は何と言っても昨年のダービー馬であるレイデオロの参戦でしょう
この後にドバイへいくようですからここはきっちり勝って弾みをつけたい所

レイデオロの他にはアルアイン、ディアドラ、モズカッチャン、クリンチャーらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

これが京都記念2018出走予定馬10頭の3代血統表(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年における京都記念1~3着馬の父と母父が分かるもの

一応5年連続で馬券になってるディープインパクト産駒に目が行きますね

スマートレイアー
タッチングスピーチ
トーセンラー
ベールドインパクト
人気より着順が上だったこれら4頭のディープ産駒は全て母方に欧州血統を持ってました

ただジェンティルドンナにハープスターが1番人気を裏切り馬券に絡めず
キズナ・マカヒキといったダービー馬も3着までと凡走の部類だったんで
そこまで全幅の信頼ともいかないような気も(現状ディープ有利な馬場とも言い難いですし)

当然のようにディープ以外の馬も欧州血統を持つ馬がかなり活躍する傾向にあり
このあたりはタフな馬場で開催される事が多いというのも理由の一つになるんでしょうが
 

ハービンジャー牝馬は間隔が開くと?マークなのか?

 
ディアドラ
モズカッチャン
今回の京都記念にはハービンジャー産駒のG1牝馬2頭が出走

そのハービンジャーがダンチヒ系でも欧州ノーザンダンサーの部類だけに余計に気になります
という事で少しだけ見て行こうかと思います
 
 
ではまずつかみネタを(笑)


これがハービンジャー産駒の芝重賞における前走距離別全成績

もうこれは一目瞭然で前走からの短縮臨戦の数字が全くもって奮いませんね
今回は2頭共にエリザベス女王杯からの臨戦つまり同距離臨戦になるのでまあ悪くないかと
 
 
ではこれが本題


これがハービンジャー産駒牝馬の芝重賞における前走間隔別全成績

これもまあ一目瞭然で間隔を開けての臨戦がまるでダメですね
牡馬だと実は逆で間隔を開けての臨戦のほうが成績良好なんですが
牝馬に関して言うなら”ある程度熱されてから”のほうが走りやすいという説!?

今回は2頭共にエリザベス女王杯からの臨戦なんで間隔を開けての臨戦という事に
ぶっちゃけG1級ハービンジャー牝馬のこの臨戦というのは過去に例がないパターンなんで
走られても全然不思議ではないんですが(笑)
それでもここはちょっと見守ってみるという気持ちも必要なのかもしれませんよ
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 川崎記念 2018 予想

  2. 愛知杯 2018 予想

  3. フェブラリーステークス 2018 血統評価

  4. 京都金杯 2018 予想

  5. きさらぎ賞 2018 予想

  6. 共同通信杯2018 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. クイーンカップ 2018 予想
  2. 愛知杯 2018 予想
  3. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  5. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

4人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る