menu
閉じる
  1. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  2. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  3. 秋華賞2016 予想
  4. 府中牝馬ステークス2016 予想
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  6. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  7. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  8. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  9. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  10. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
閉じる
閉じる
  1. 日本ダービー 2018 血統評価 出走馬18頭全馬編
  2. 目黒記念2018 出走予定馬と展望
  3. 葵ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 日本ダービー2018 出走予定馬と展望
  5. オークス 2018 予想 本命は人気でも2冠期待でアーモンドアイ
  6. 平安ステークス 2018 予想 素直に?テイエムジンソク本命
  7. オークス 2018 血統評価 出走馬18頭全頭編
  8. 平安ステークス2018 出走予定馬と展望
  9. オークス2018 出走予定馬と展望
  10. ヴィクトリアマイル 2018 予想 甦れレーヌミノル!母方の血に惹かれ…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

京都新聞杯 2018 予想 ステイフーリッシュの一発に賭けてみる

 
5月5日(土)京都競馬場で行われる京都新聞杯2018の予想です

京都新聞杯は芝2200m外回りで行われる3歳馬による重賞
日本ダービーのトライアルレースではありませんが
そこを目指す馬にとってはこのレースで是が非でも賞金加算をしておきたいところ

過去5年の当レース勝ち馬の顔触れは
キズナ、ハギノハイブリッド、サトノラーゼン、スマートオーディン、プラチナムバレット
もうキズナの勝利から5年の時が経つんですね~
そのキズナはここから日本ダービーを勝ち、サトノラーゼンも2着と日本ダービーで好走
こうして見るとこの後に向けてはかなり重要なレースの位置付けになってくるかも!?

現時点での1番人気はデムーロ鞍上のフランツ
近親に昨年日本ダービー1番人気(3着)だったアドミラブルが居る良血馬
ダービーへ向けて新星登場となるかどうか!?

以下、グローリーヴェイズ、タニノフランケル、シャルドネゴールド、アルムフォルツァという人気順に

そんな京都新聞杯2018の発走時刻は15:35になっております
 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去10年における京都新聞杯1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
 
ハーツクライ【0.1.0.7】
ステイゴールド【0.0.0.4】
サンデー系の中でもスタミナ型に属するこの2種牡馬が奮わず欧州ノーザンダンサー系も不振

逆に12年と15年でディープインパクト産駒が上位独占してるように
2200mでも血統的にはあまりスタミナを問われないかもしれません

17年2番人気1着 プラチナムバレット(母母父)
17年6番人気3着 ダノンディスタンス(父母父)
14年3番人気1着 ハギノハイブリッド(母父)
14年8番人気2着 サウンズオブアース(母母父)
13年9番人気2着 ペプチドアマゾン(母父)

これらは非ディープインパクト産駒で人気より着順が上だった馬
その共通点はスピード持続力であるナスルーラの血を持ってました

スピード&パワーである米国型ノーザンダンサーの血を母方に持つ馬の活躍も見られるので
やっぱりそこまで血統的にスタミナを問われるとは思い難い気も
 

京都新聞杯2018の予想

 
上の見解で色々述べてきましたが・・
ナスルーラの血を持ってる馬は微妙な鞍上チェンジやそもそもそんなに強く感じなかったり
米国型ノーザンダンサーの血を母方に持つ馬は臨戦が好みじゃなかったり
何かケチを付けたくなる馬ばかりなんですよね(笑)

そんな感じなんで人気のディープで決まりそうな気はするんですが
取り敢えずここで明確に狙いやすそうな馬を見付けたんでその馬から入ってみます
 
 
◎はステイフーリッシュにしました
【0.0.0.4】のステイゴールド産駒ですけどね・・来なかったら目一杯反省します(笑)
この4頭の内で頑張ったのは13年4着だったシンネン
未勝利→500万を連勝しスプリングS9着を挟んでからの臨戦でした
残り3頭はキャリア1戦の馬と2走前1着→前走500万3着が2頭
格上げで走る傾向の強いステイゴールドならば連勝してるシンネンはそれなりで
500万3着だった馬はここでは足らなかったかもしれない
そう考えるとステイフーリッシュは少頭数新馬1着→多頭数G13着というのが非常に優秀
そこから頭数減ってダウン戦だった共同通信杯は頑張った後でもあり凡走も仕方なし
今回は間隔開けてますし形的にはアップ戦でしかも多頭数混戦ならタイミング的には◎
シンネンが4着だった年の天皇賞春は同じ父を持つフェノーメノが勝ってましたが
今年も同じ父のレインボーラインが天皇賞春を勝ちました
今開催の2200m超の外回りを見てもステイゴールド産駒は好調ですしこれは追い風と捉えたい
母方には4代ではあるもののボールドルーラー持ち
 
 
○はケイティクレバー
父は当レースで実績ある種牡馬で母母父がスピード持続力であるナスルーラ系
前走はアップ戦で逃げられずに終わり今回はダウン戦になって延長臨戦
これならシチュエーション的には3走前と似ている
すんなりと前の位置を取れれば楽に感じれるタイミングではあるでしょう
ただそれを微妙にしてこなそうな鞍上替わりと多頭数で早めに動かれると苦しくなるか
それが気になったのでナスルーラ持ちであっても◎までは推し切れず
 
 
▲はフランツ
ディープインパクト産駒でデムーロで1番人気で初重賞・・持って来そう(笑)
ブライアンズタイム~トニービン~サドラーズウェルズと重ねられた母方は欧州配合
バレークイーンの牝系で近親にはアドミラブルやフサイチコンコルド等
それだけに尚更初重賞でも気後れなく走りそうではあります
前走最後の直線で外の進路がないと見てすかさず開いた内から抜けてきた脚は良かった
あとは多頭数の最内枠なんでスムーズに出せれば
 
 
グローリーヴェイズもディープインパクト産駒
過去のこのレースでのディープ産駒の好走馬の母父は米国型が多いんですが
この馬の母父スウェプトオーヴァーボードがミスプロ系なんで米国型
 
 
レイエスプランドルの父ハービンジャーは一昨年アグネスフォルテが2着と好走
前走2200mからの臨戦は唯一で異端性があって
母方は速い脚が要求されやすい所で活躍傾向=スピードのHaloクロス持ち
近親に人気薄で重賞好走実績のあるエイシンオスマンとサージェントバッジが居るので
 

予想印と買い目

 
ステイフーリッシュ
○ケイティクレバー
▲フランツ
△グローリーヴェイズ
△レイエスプランドル

買い目は
◎の単
◎ー○▲△△の馬連
◎ー○▲のワイド
 
相手抜けましたが・・単勝のみ的中でした


 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ヴィクトリアマイル 2018 予想 甦れレーヌミノル!母方の血に…

  2. ファルコンステークス2018 出走予定馬と展望

  3. マーチステークス2018 出走予定馬と展望

  4. クイーンカップ 2018 予想

  5. ヴィクトリアマイル2018 出走予定馬と展望

  6. 京都メインすばるステークスなど2018年1月20日土曜の競馬予想…

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る