menu
閉じる
  1. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  2. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  3. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  4. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  5. 府中牝馬ステークス2016 予想
  6. 有馬記念2015 予想
  7. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  8. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  9. 秋華賞2016 予想
  10. チャンピオンズカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 中山記念2017 予想
  2. 阪急杯2017 予想
  3. アーリントンカップ2017 予想
  4. 中山記念2017 出走予定馬と展望
  5. アーリントンカップ2017 出走予定馬と展望
  6. 小倉大賞典2017 予想
  7. フェブラリーステークス2017 予想
  8. 京都牝馬ステークス2017 予想
  9. ダイヤモンドステークス2017 予想
  10. 京都牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

レパードステークス2016 予想

 
8月7日(日)新潟競馬場ダート1800mで行われるレパードステークス2016の予想です
 
 
3歳限定のダート重賞として今年で第8回となるレパードステークス
すっかり馴染んできた印象がしますね
 
今年の人気は前走重賞好走馬が担いそうで2強といった感じでしょうか
ケイティブレイブは前走ジャパンダートダービー2着馬
グレンツェントは前走ユニコーンステークス3着馬
この2頭に続くのが前走圧勝のネクストムーブといった構図
 
過去のレパードステークス勝ち馬だとホッコータルマエ・トランセンドが後に大活躍
そんな大物が今年は誕生するのでしょうか!?
 
そんなレパードステークス2016の発走時刻は15:45になっております
 

レパードステークス2016の見解

 
サンデー系種牡馬は過去5年だと【2.2.2.20】で複勝率は23.1%
まあボチボチの成績と言えるんでしょうが・・
 
期待値からいうならそのサンデー系種牡馬よりは
エーピーインディ系、キングマンボ系、米国型ノーザンダンサー系、ロベルト系
このあたりの種牡馬が出走頭数が少ない中で複数馬券対象馬を出して好走率が高め
つまりはパワー型種牡馬を優先に考えてみたいレース傾向
 
その中でもエーピーインディ系種牡馬は新潟1800mダートで非常に高い好走率を誇っております
 
あとはダート重賞らしく母方にミスプロの血を持つ馬がかなり馬券に絡んできてる印象
 

レパードステークス2016の予想

 
◎はマイネルバサラにしました
父シニスターミニスターがエーピーインディ系種牡馬
3年前の勝ち馬インカンテーションも父シニスターミニスターでしたし
このシニスターミニスターの新潟1800mダートは抜群の成績を誇ります
さらに母母父Woodmanがミスプロ系
 
○はケイティブレイブ
父はアドマイヤマックスなんでサンデー系種牡馬
サンデー系種牡馬が好走するポイントは
前走5着以内、延長臨戦は苦戦で同距離臨戦または短縮臨戦が狙い目
ケイティブレイブは前走2着で短縮臨戦は好感
しかも前走ジャパンダートダービー組の成績は非常に優秀な傾向もあり
 
▲はネクストムーブ
父バトルプランはミスプロ系
ミスプロ系なんでパワー型種牡馬ですがミスプロ系種牡馬は案外奮わないんで3番手評価
 
サンデー系種牡馬が2年連続で穴を出してる中注目は△グランセブルス
父カネヒキリがサンデー系種牡馬で産駒の新潟1800mダートの成績がなかなかのもの
前走3着で短縮臨戦になりますし母母父Woodmanがミスプロ系
 

レパードステークス2016の予想印と買い目

 
マイネルバサラ
○ケイティブレイブ
▲ネクストムーブ
△グランセブルス
×レガーロ
×グレンツェント
 
買い目は
◎ー○の馬連
◎ー▲のワイド
◎ー○▲△の3連複
◎ー○▲ー××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 新潟2歳ステークス2016 予想

  2. ステイヤーズステークス2016 出走予定馬と展望

  3. 京王杯スプリングカップ2016 予想

  4. 京都2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

  5. 京阪杯2016 予想

  6. 日本ダービー2016 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る