menu
閉じる
  1. 府中牝馬ステークス2016 予想
  2. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  3. 有馬記念2015 予想
  4. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  5. 秋華賞2016 予想
  6. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  7. チャンピオンズカップ2016 予想
  8. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  9. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  10. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
閉じる
閉じる
  1. 菊花賞 2017 予想 台風により重い馬場に不良道悪を当然想定
  2. 富士ステークス 2017 予想 重馬場対応ですねやはり
  3. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  4. 富士ステークス2017 出走予定馬と展望
  5. 菊花賞2017 出走予定馬と展望
  6. 秋華賞 2017 予想 重い馬場になる事に賭けた本命
  7. 府中牝馬ステークス 2017 予想
  8. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  9. 府中牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  10. 秋華賞2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

レパードステークス 2017 予想

 
8月6日(日)新潟競馬場ダート1800mで行われるレパードステークス2017の予想です
 
 
レパードステークスは3歳限定戦となるダート重賞
秋へ向けて飛躍を期す馬が集まるレースで早いもんで今年が第9回となりますね
 
過去5年の当レース勝ち馬は
16年 グレンツェント
15年 クロスクリーガー
14年 アジアエクスプレス
13年 インカンテーション
12年 ホッコータルマエ
この中だとホッコータルマエがその後にG1を勝っております
 
そしてこのレース過去5年の1番人気馬の成績は【3.1.1.0】と複勝率100%!
人気馬には逆らうべからずという傾向
 
そんな1番人気に今年推されてるのがエピカリス
期待された前走ベルモントステークスは直前に取り消しになってしまいましたが・・
デビューから4連勝後のUAEダービーで2着と未だ底を見せておりません
 
エピカリス以下の人気は
タガノディグオ、ハルクンノテソーロ、テンザワールド、タガノグルナの順
 
そんなレパードステークス2017の発走時刻は15:45になっております
 

レースの見解はこう考えました

 

 
これは過去8年におけるレパードステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
2年続けて2頭馬券になってるのがサンデー系種牡馬
14年と15年は人気薄が3着に食い込んでおり良馬場なら期待出来そう
 
あとはエーピーインディ系種牡馬
13年にワンツーフィニッシュを決めて16年が3着
 
母方ではミスプロの血を持つ馬がいいですね
過去5年だと2頭は必ず馬券圏内に食い込んできてます
 

レパードステークス2017の予想

 
◎はノーブルサターンにしました
父カジノドライヴがエーピーインディ系種牡馬
そして母母父にミスプロの血を持っております
G1からのダウン戦に交互質な成績なんでタイミング的には血統も相まって狙いたくなります
 
○はエピカリス
父ゴールドアリュールがサンデー系種牡馬
1800mを超えると産駒傾向的に勝ち切れなくなるのがどうか?だけ
 
▲はテンザワールド
ダイワメジャー産駒なんでサンデー系種牡馬
母父トワイニングはフォーティナイナー系でミスプロ
 
あとは△シゲルコングと△タガノディグオ
 

予想印と買い目

 
ノーブルサターン
○エピカリス
▲テンザワールド
△シゲルコング
△タガノディグオ
 
買い目は
◎の単
◎ー○▲の馬連&ワイド
◎○ー▲△△の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 菊花賞 2017 予想 台風により重い馬場に不良道悪を当然想定

  2. 天皇賞春2017 予想

  3. TCK女王盃2017 予想

  4. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編…

  5. フェブラリーステークス2017 出走予定馬と展望

  6. ヴィクトリアマイル2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  2. 京都大賞典 2017 予想
  3. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  4. ホープフルステークス2016 予想
  5. チャンピオンズカップ2016 予想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る