menu
閉じる
  1. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  2. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  3. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  4. ホープフルステークス2016 予想
  5. 京都大賞典2016 予想
  6. 秋華賞2016 予想
  7. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  8. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  9. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  10. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. 東海ステークス2018 出走予定馬と展望
  2. アメリカジョッキークラブカップ2018 出走予定馬と展望
  3. 日経新春杯 2018 予想
  4. 京成杯 2018 予想
  5. 愛知杯 2018 予想
  6. 日経新春杯2018 出走予定馬と展望
  7. 愛知杯2018 出走予定馬と展望
  8. シンザン記念 2018 予想 多少は重い馬場になる事も想定
  9. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルディープ…
  10. 中山金杯 2018 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

毎日王冠2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜東京メインレースは毎日王冠2017
 
 
毎日王冠は芝1800mで行われる古馬混合重賞
マイル・中距離路線を進む馬に3歳の実績馬がここから始動というケースが多く
位置付け的には天皇賞秋の前哨戦として行われ
当レース1着馬には天皇賞秋の優先出走権が与えられております

サイレンススズカ
エルコンドルパサー
グラスワンダー
3強対決で史上最高のG2と言われた98年の毎日王冠から早や20年
今年もそんな熱い一戦になる事を期待したいですね

今年の注目馬はソウルスターリングとマカヒキの2頭
オークスでG12勝目を挙げた3歳牝馬はここから天皇賞秋を目指し始動
復権を期したいダービー馬は新馬戦以来となる1800m戦で始動
それぞれこの後のG1戦線へ向けても楽しみな馬が秋初戦でどんな走りを見せるのか?
 
今年の主な登録馬はソウルスターリングとマカヒキ以外に
リアルスティール、サトノアラジン、ヤングマンパワー、ワンアンドオンリーらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

毎日王冠2017出走予定馬は12頭(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年における毎日王冠1~3着馬の父と母父が分かるもの

ジャングルポケット、ラスカルスズカ、King’s Best、ダンスインザダーク
14年より以前は割と重め=欧州=スタミナ色の強い父を持つ馬が活躍してたイメージですが
ここ2年で母方も含めてちょっと変化が見られるようになってきた気がしますね

まず瞬発力=斬れ特化型のディープインパクト産駒が2頭づつ馬券圏内に来てる事

ルージュバック(Awesome Again×Bold Revenue、ヴァイスリージェント×ボールドルーラー)
ヒストリカル(ノーザンテースト×Crafty Prospector、ノーザンテースト×ミスプロ)
エイシンヒカリ(母父Storm Cat)
ディサイファ(Dubai Millennium×Danzig、ミスプロ×ダンチヒ)
イスラボニータ(Cozzene×Crafty Prospector、グレイソヴリン×ミスプロ)
そして好走馬の母方はスピード特化されてる配合の馬が多い事に気が付きます

今年はこのあたりを重視して組み立ててみようかと考え中
 

有力馬の考察

ソウルスターリング

父Frankelはサドラーズウェルズ系で欧州ノーザンダンサー系種牡馬
Monsun×Dashing Bladeという母方も欧州配合ですのでコテコテの欧州血統馬
ですので近年の当レース傾向にはマッチはしてきません
ただこの馬は欧州血統でも軽さがあるので字面の血統を超えてる面もあり
すんなり好位につけてあとはディープインパクト軍団の斬れに屈するか?屈しないのか?
ここで特に嫌う要素はないのかなという気はするのであります
 

グレーターロンドン

父はディープインパクトで母父はドクターデヴィアス
母父は欧州血統ですが母ロンドンブリッジはスピード型で母母父がダンチヒ
重賞は今回が2度目で3走前が1600万条件とまだまだ鮮度があるディープ産駒
近親には先日神戸新聞杯で2着したキセキやオークス馬ダイワエルシエーロが居てます
そしてこの一族は芝重賞における延長臨戦での成績が抜群に良し
キセキの神戸新聞杯もそうでしたしダイワエルシエーロも桜花賞→オークスでしたからね
 

マカヒキ

この馬も父がディープインパクトで母父がフレンチデピュティ
再三書いてきて繰り返しになるんですが
とにかく母父フレンチデピュティ牡馬は早熟傾向が強く古馬になってからの芝重賞成績がダメ
マカヒキも大阪杯4着京都記念3着でそれなりには頑張っているんですが・・
ただ今回1800mとやや短めの距離にシフトしてきたのは良さそう
そこはいいとは思うんですがどっちを天秤に掛けて評価するか!?
内田への乗り替わりも気になるところですし人気するようなら母父フレンチ重視でバッサリ
買っても3連複のせいぜい紐までかなあという現時点でのジャッジ
 

出走予定馬で気になる馬

 
アストラエンブレム
グレーターロンドン
サトノアラジン
ソウルスターリング
ダイワキャグニー
リアルスティール
ワンアンドオンリー

この7頭の中で最も注目してるのがサトノアラジンで次点がリアルスティール

2頭共に間隔を開けての臨戦でディープインパクト産駒
さらに母父Storm Catは同じで母母父がミスプロ系というとこまで同じと血統構成が似てる2頭
Storm Catにミスプロですから母方はスピード特化配合
中山記念の負けが気になる分だけサトノアラジンを現時点では上に取りました

ワンアンドオンリーは笑われるのを承知の上で(笑)
前走一気の距離短縮しかも1600mでどうか?と思いましたが最後方からでも上がり2位を記録
この1600mで活性したとすればハーツクライの休み明け&延長臨戦でちょっとだけ楽しみ
タイキシャトル×ダンチヒ×ミスプロの母方はスピード特化されてますしね
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. エリザベス女王杯 2017 予想

  2. 中山牝馬ステークス2017 予想

  3. 根岸ステークス2017 出走予定馬と展望

  4. 凱旋門賞2017 日本馬含め確定した出走馬と展望

  5. 鳴尾記念2017 予想

  6. 京成杯オータムハンデキャップ 2017 予想

おすすめ記事

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る