menu
閉じる
  1. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  2. 京都大賞典 2017 予想
  3. 京都大賞典2016 予想
  4. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  5. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  6. チャンピオンズカップ2016 予想
  7. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  8. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  9. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  10. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
閉じる
閉じる
  1. 日経新春杯 2018 予想
  2. 京成杯 2018 予想
  3. 愛知杯 2018 予想
  4. 日経新春杯2018 出走予定馬と展望
  5. 愛知杯2018 出走予定馬と展望
  6. シンザン記念 2018 予想 多少は重い馬場になる事も想定
  7. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルディープ…
  8. 中山金杯 2018 予想
  9. 京都金杯 2018 予想
  10. シンザン記念2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

毎日王冠2015 欧州血統が重要~ディープ産駒は母方で優劣を評価

 
今週は3日間開催になるんですが
その中日にあたる日曜日に行われるのが毎日王冠2015
 
そんな今年の毎日王冠ですが注目は出走予定馬13頭中10頭を占めるディープインパクト産駒
 
まさか!?このディープ産駒以外の3頭で決着するとは思えないので
ディープ産駒の取捨がレースのポイントになるのは間違いないところ
 
 
さて毎日王冠の血統傾向ですが
例年開幕週で行われてる割には意外とタフな血統=欧州血統の活躍が目立ってます
 
14年1着 エアソミュール(父グレイソヴリン系)
14年2着 サンレイレーザー(父リファール系、母父グレイソヴリン系)
14年3着 スピルバーグ(母母父サドラーズウェルズ)
13年1着 エイシンフラッシュ(母方ドイツ配合)
13年2着 ジャスタウェイ(父母父グレイソヴリン系)
13年3着 クラレント(母父リファール系)
10年1着 アリゼオ(母母父ネヴァーベンド系)
10年2着 エイシンアポロン(母父サドラーズウェルズ、母母父リファール)
10年3着 ネヴァブション(母父ネヴァーベンド系、母母父ハンプトン系)
 
近年の毎日王冠で欧州血統を持ち馬券になった馬をズラリ並べてみました
 
11年と12年は菊花賞好走馬を複数出したスタミナ型サンデー系のダンスインザダーク産駒が馬券に
 
 
ディープ産駒で優劣つけるならまず母方の血を吟味したいですね
 
という訳で毎日王冠に出走予定のディープ産駒の優劣を付けてみようかと思います
 
 
アンビシャスは母父エルコンドルパサーがサドラーズウェルズ内包
母母父Rainbow Questは欧州ナスルーラ系の凱旋門賞馬
 
ダノンシャークは母父Caerleonが欧州ノーザンダンサーのニジンスキー系
母母父Shirley Heightsは欧州ナスルーラのネヴァーベンド系で欧州配合の母方
 
マーティンボロは母父Nureyevが欧州ノーザンダンサー系で母母父Blushing Groomは欧州ナスルーラ
この馬も母方は欧州配合
 
ディープ産駒10頭の中だとこの3頭は毎日王冠の血統傾向に合う血を母方に持ってると言えそう
 
 
これに次ぐのがエイシンヒカリとスピルバーグ(スピルバーグは上で挙げたので割愛)
 
エイシンヒカリは母母父Caroがグレイソヴリン系
ただ母父Storm Catが米国型ノーザンダンサー系で欧州色は上の3頭に比べると薄めな印象
 
 
あとは
 
ステファノスは母方クロフネ×Seeking the Goldのパワー型配合
ディサイファはDubai Millennium×Danzigの母方ならちょっとパワーに寄ってるかと
リアルインパクトはこのレース11年に2着してますが母方はパワー配合
トーセンスターダムはエンドスウィープ×ノーザンテーストの母方なんで欧州色は感じられず
ヴァンセンヌはニホンピロウイナー×ノーザンテーストの母方なんでスピード持続力に長けた感
 
 
そして非ディープ産駒の3頭ですが(クラレントは上で挙げたので割愛)
 
グランデッツァは父アグネスタキオンで産駒は07年にアグネスアークが2着と実績有り
母父・母母父は共に欧州で活躍した馬なんで悪くないとは思うものの昨年が案外だっただけに・・(5着)
 
イスラボニータはフジキセキ産駒で東京1800mの相性はなかなか
母父Cozzeneはグレイソヴリン系でCaroの系統なら欧州血統とも言えるんでしょうが
Cozzene自身はアメリカで走った馬で
母母父Crafty Prospectorはミスプロ系なんでややパワーに寄った母方とも言えそうな気も
 
 
まとめると
 
ディープ産駒ならまずアンビシャス・ダノンシャーク・マーティンボロの3頭
それに続くのがスピルバーグとエイシンヒカリ
そして非ディープ産駒ならクラレント
 
毎日王冠の血統傾向に沿えばこんな感じの狙いになってくるかと思います
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. キーンランドカップ2015 血統データ|父ノーザンダンサー系が狙…

  2. サウジアラビアロイヤルカップ2015 予想

  3. ファンタジーステークス2015 予想

  4. 関屋記念2015 予想

  5. 新潟記念2015 出走予定馬と先行予想

  6. チャンピオンズカップ2015 予想

おすすめ記事

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 10月 08日
  2. 2015年 10月 09日
    トラックバック:少年は競馬場で推理する
  3. 2015年 10月 11日
    トラックバック:少年は競馬場で推理する

カテゴリー

ページ上部へ戻る