menu
閉じる
  1. 秋華賞2016 予想
  2. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  3. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  4. 有馬記念2015 予想
  5. 京都大賞典2016 予想
  6. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  7. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  8. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  9. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  10. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
閉じる
閉じる
  1. 新潟2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  2. キーンランドカップ2017 出走予定馬と展望
  3. 北九州記念 2017 予想
  4. 札幌記念 2017 予想
  5. 北九州記念2017 出走予定馬と展望
  6. ブリーダーズゴールドカップ 2017 予想
  7. サマーチャンピオン 2017 予想
  8. 札幌記念2017 出走予定馬と展望
  9. クラスターカップ 2017 予想 人気馬中心ですが3頭目に穴馬をチョイ…
  10. 関屋記念2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

毎日王冠2015 予想

 
日曜東京メイン・毎日王冠2015の予想です
 
 
出走馬13頭中10頭がディープインパクト産駒でまさにディープの仔による運動会の様相
 
当然ディープ産駒の取捨がレースのポイントになるのは間違いないでしょう
 
 
とりあえず毎日王冠は開幕週で行われる割には例年タフな血統=欧州血統の活躍が目立ってます
 
14年1着 エアソミュール(父グレイソヴリン系)
14年2着 サンレイレーザー(父リファール系、母父グレイソヴリン系)
14年3着 スピルバーグ(母母父サドラーズウェルズ)
13年1着 エイシンフラッシュ(母方ドイツ配合)
13年2着 ジャスタウェイ(父母父グレイソヴリン系)
13年3着 クラレント(母父リファール系)
10年1着 アリゼオ(母母父ネヴァーベンド系)
10年2着 エイシンアポロン(母父サドラーズウェルズ、母母父リファール)
10年3着 ネヴァブション(母父ネヴァーベンド系、母母父ハンプトン系)
 
過去5年の毎日王冠で欧州血統を持ち馬券になった馬をズラリ並べてみたんですが
 
11年・12年は馬券になってない??と思いきや
この年は菊花賞好走馬を複数出したスタミナ型サンデー系のダンスインザダーク産駒が馬券に
 
よってディープインパクト産駒の優劣は母方で付けてみたいですね
 
 
◎はダノンシャーク
母父Caerleonが欧州ノーザンダンサーのニジンスキー系
母母父Shirley Heightsは欧州ナスルーラのネヴァーベンド系で母方は欧州配合
ここは次(マイルCS)への叩き台でしょうし力的にもやや下降線という気もしますが・・
それでも距離延長で前付け出来れば1600→1800の距離延長は【2.1.0.0】でもあるので期待
 
○はアンビシャス
母父エルコンドルパサーがサドラーズウェルズ内包
母母父Rainbow Questは欧州ナスルーラ系の凱旋門賞馬という母方は欧州色強め
 
▲はクラレント
自身は一昨年このレース3着しており父はダンスインザダーク
母父ダンシングブレーヴも欧州ノーザンダンサー系なんで非ディープインパクト産駒ならこの馬
 
 
【毎日王冠2015予想】
ダノンシャーク
○アンビシャス
▲クラレント
△スピルバーグ
△ディサイファ
×マーティンボロ
×エイシンヒカリ
 
買い目は
◎の複
◎-○▲△△の3連複
◎-○▲-××の3連複
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. セントウルステークス2015 血統データ|注目は欧州ナスルーラ

  2. ジャパンカップ2015 予想

  3. 日本テレビ盃2015 予想

  4. ターコイズステークス2015 出走予定馬と先行予想

  5. 有馬記念2015 予想

  6. セプテンバーステークス2015 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 10月 11日
  2. 2015年 10月 11日
  3. 2015年 10月 11日
    トラックバック:少年は競馬場で推理する

カテゴリー

ページ上部へ戻る