menu
閉じる
  1. 有馬記念2015 予想
  2. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  3. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  4. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  5. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  6. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  7. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  8. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  9. 秋華賞2016 予想
  10. エプソムカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. ダービー卿チャレンジトロフィー2017 出走予定馬と展望
  2. 高松宮記念2017 予想
  3. マーチステークス2017 予想
  4. 日経賞2017 予想
  5. 毎日杯2017 予想
  6. 日経賞2017 出走予定馬と展望
  7. 毎日杯2017 出走予定馬と展望
  8. 高松宮記念2017 出走予定馬と展望
  9. フラワーカップ2017 予想
  10. スプリングステークス2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

メルボルンカップ2016 予想

 
11月1日(火)フレミントン競馬場芝3200mで行われるメルボルンカップ2016の予想です
 
 
メルボルンカップは海外競馬発売第2弾というレースになりました
 
ハンデ戦ながら格付けはG1というのがメルボルンカップ
3200mという距離は何だか天皇賞春を思わせてくれますね
 
過去メルボルンカップには7頭の日本馬が出走しておりますが
その中でも2006年はデルタブルースとポップロックがワンツーフィニッシュを決めた事も
 
今年日本からはカレンミロティックが参戦
天皇賞春では2着と3着があって宝塚記念も2着とG1レースで3回馬券になっており
異国の地で悲願のG1制覇なるか!?に注目が集まります
 
そんなメルボルンカップ2016の発走時刻は13:00(日本時間)になっております
 

メルボルンカップ2016の見解

 
昨年1着馬の母が日本で走ってた馬でペンタイア×ミスタープロスペクターという配合
昨年2着馬の父がサンデー系グレイトジャーニーで母父モンズーン
昨年3着馬の父がSebringでこれはサンデーの父でもあるヘイロー系
 
あくまで昨年の結果のみ参照という事であれば・・
 
コテコテの欧州血統というより日本でも走れそうな血または日本にゆかりのある血を持つ馬
こんな狙い方がいいのかなというスタンスで
一昨年2着馬レッドカドーは天皇賞春3着という日本実績がありましたし
 
意外と血統的には軽い馬!?に合う印象があります
 

メルボルンカップ2016の予想

 
◎はシークレットナンバーにしました
父Raven’s Passがミスプロ系種牡馬
母方がリボー×ボールドルーラーなんで配合的には日本でも走りそうな馬
ダート血統とも言えそうでパワーとスピードがありそうな血統構成
それもそのはずで近親にはヒシアケボノにアグネスワールドが居る血筋
シークレットナンバーの祖母Mysteriesを母に持つというのがこの2頭という事に
いずれも短距離馬で(笑)血統的にとても長いところではどうか?とも思いましたが・・
 
○フーショットザバーマンは一昨年3着馬
父ヤマニンバイタルは日本で走った馬で重賞実績もあり(鳴尾記念2着)
系統もターントゥ系にあたるのでサンデーの系統と同じ
 
▲カレンミロティックは日本馬だから(笑)
ハーツクライ産駒らしくこれまで延長臨戦で結果を残してる馬
今回はオールカマーからなんで2200m→3200mの延長臨戦
 
あとはアルムーンクィスにペンタスロンあたりが面白そうな血統配合かと
 

メルボルンカップ2016の予想印と買い目

 
シークレットナンバー
○フーショットザバーマン
▲カレンミロティック
 
買い目は
◎の単複
○の複
◎○▲のワイドBOX
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 天皇賞春2016 出走予定馬と展望

  2. ヴィクトリアマイル2016 出走予定馬と展望

  3. 菊花賞2016 予想

  4. シンザン記念2016 出走予定馬と先行予想

  5. 福島牝馬ステークス2016 出走予定馬と展望

  6. 七夕賞2016 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る