menu
閉じる
  1. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. ホープフルステークス2016 予想
  5. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  6. 秋華賞2016 予想
  7. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  8. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  9. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  10. 有馬記念2015 予想
閉じる
閉じる
  1. 東海ステークス2018 出走予定馬と展望
  2. アメリカジョッキークラブカップ2018 出走予定馬と展望
  3. 日経新春杯 2018 予想
  4. 京成杯 2018 予想
  5. 愛知杯 2018 予想
  6. 日経新春杯2018 出走予定馬と展望
  7. 愛知杯2018 出走予定馬と展望
  8. シンザン記念 2018 予想 多少は重い馬場になる事も想定
  9. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルディープ…
  10. 中山金杯 2018 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

マーメイドステークス2016 予想

 
6月12日(日)阪神競馬場芝2000mで行われるマーメイドステークス2016の予想です
 
 
2ケタ人気馬が昨年まで6年連続で馬券になってるというマーメイドステークス
結構荒れるイメージが強いレースですね
 
今年も早朝時点で1番人気シュンドルボンの単勝オッズが5.5倍なんで混戦模様
どこからでも入れるレースだと思うんで面白味がありそう
ましてディープインパクト産駒が不在なんで余計にそう感じさせてくれます
 

マーメイドステークス2016の見解

 
やはり安定して強いのは父サンデー系でしょうか
 
そしてキングマンボの血が近年相性抜群
 
昨年の2・3着馬(マリアライト、パワースポット)
一昨年の1・2着馬(ディアデラマドレ、コスモバルバラ)
 
この4頭が3代内にキングマンボを持ってました
 
あとはグレイソヴリンの血(特に母方)を持つ馬の活躍も目立つレース傾向
 

マーメイドステークス2016の予想

 
◎はヒルノマテーラにしました
父はマンハッタンカフェなんでサンデー系
14年・15年こそ馬券にならなかったものの11年はフミノイマージンが勝利し10年は2・3着
このレースとマンハッタンカフェはそこそこ相性良いというのが魅力
母方は割とパワー色の強い配合ですが
フミノイマージンも10年2着セラフィックロンプもそんな感じだったので後押しになるかと
あとマーメイドステークスは近走で条件戦を使ってる馬のほうが期待値が高いのも良し
 
○はシュンドルボン
父ハーツクライはサンデー系
そして母父エルコンドルパサーがキングマンボ系になります
さらに母母父Rivermanも当レースと相性良いネヴァーベンドの系統
前走は短縮臨戦でのマイル戦は血統的にも忙しすぎた印象
ここは距離延長になりますし血統的にも悪くないんで人気でもこの評価
 
▲はレッドオリヴィア
父ジャングルポケットがグレイソヴリン系
近走条件戦を使ってますし母方ではないですがグレイソヴリンの血を持ってるのを評価
 
△はゴールドテーラー
ステイゴールド産駒もそこそこ相性良いレースですし
母方の配合が非常に重厚な欧州配合なんで重賞でこそいきなり一発がありそう
 

マーメイドステークス2016の予想印と買い目

 
ヒルノマテーラ
○シュンドルボン
▲レッドオリヴィア
△ゴールドテーラー
×ナムラアン
×ハピネスダンサー
×タガノエトワール
 
買い目は
◎ー○▲のワイド
◎ー○▲△の3連複
◎ー○▲ー×××の3連複
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 高松宮記念2016 出走予定馬と先行予想

  2. ダイヤモンドステークス2016 出走予定馬と先行予想

  3. ジャパンカップ2016 出走予定馬と展望

  4. エリザベス女王杯2016 過去傾向から2つの血統に大注目

  5. オーシャンステークス2016 予想

  6. エリザベス女王杯2016 予想

おすすめ記事

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る