menu
閉じる
  1. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  2. エプソムカップ2016 予想
  3. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 京都大賞典 2017 予想
  6. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  7. 秋華賞2016 予想
  8. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  9. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  10. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
閉じる
閉じる
  1. 東海ステークス2018 出走予定馬と展望
  2. アメリカジョッキークラブカップ2018 出走予定馬と展望
  3. 日経新春杯 2018 予想
  4. 京成杯 2018 予想
  5. 愛知杯 2018 予想
  6. 日経新春杯2018 出走予定馬と展望
  7. 愛知杯2018 出走予定馬と展望
  8. シンザン記念 2018 予想 多少は重い馬場になる事も想定
  9. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルディープ…
  10. 中山金杯 2018 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

マイルチャンピオンシップ2016 出走予定馬と展望

 
今週日曜京都メインレースはマイルチャンピオンシップ2016
 
 
今週のG1レースはマイルチャンピオンシップで7週連続G1シリーズの第2戦
春に行われる安田記念とともに文字通りマイルチャンピオンの決定戦となるのがマイルCS
 
昨年モーリスが勝ち春秋マイルG1勝ち馬となったわけですが
今年のモーリスは天皇賞秋→香港に向かうため参戦はなし
 
そのモーリスが勝った昨年のマイルチャンピオンシップで2~4着だった
フィエロ、イスラボニータ、サトノアラジンが今年も揃って参戦となりました
フィエロとサトノアラジンは悲願のG1制覇を
イスラボニータは皐月賞以来となるG12勝目を狙ってることでしょう
 
一昨年の1番人気ミッキーアイル、唯一の3歳馬ロードクエスト、上がり馬ヤングマンパワー
このあたりの馬も注目を集めることになると思いますよ
 

マイルチャンピオンシップ2016の出走予定馬と血統表

 
%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%972016%e5%87%ba%e8%b5%b0%e4%ba%88%e5%ae%9a%e9%a6%ac
マイルチャンピオンシップ2016出走予定馬は18頭(全馬出走可能になっております)
 

マイルチャンピオンシップの血統傾向

 
4年連続で馬券になってるのがディープインパクト産駒
成績的には【2.2.2.18】なんで率的にはそれほどでもないんですがやはりマークは必要
 
そのディープインパクト産駒含めサンデー系種牡馬が中心に馬券になっております
 
母方は欧州ノーザンダンサー系の血を持つ馬が相性抜群
モーリス、フィエロ、ダノンシャーク、グランデッツァ、トーセンラー
サダムパテック、ドナウブルー、エイシンアポロン
過去5年の3着内馬だと実にこれだけの馬が該当しておりました
 
データだと前走臨戦別なら同距離・延長・短縮とどれも大差なし
ただ延長臨戦は2着か5回と勝ち切れないというのが特徴になるかもしれません
 

マイルチャンピオンシップ2016有力馬の考察

 
サトノアラジンはディープインパクト産駒
母方はStorm Cat×Fappianoという配合でパワーとスピードに長けた配合
ダービー卿CT3着→京王杯スプリングカップ1着→安田記念4着→スワンステークス1着
つまり1600m3着→1400m1着→1600m4着→1400m1着という近走成績
短縮臨戦に見事に反応しており今回はデータ的にも勝ち切れないという延長臨戦
 
イスラボニータはフジキセキ産駒
昨年もこの馬自身3着に来ましたがフジキセキ産駒は過去このレースこれ含めて4度馬券に
相性はまずまずといったところだけに今年こそは!でしょうか?
母方のCozzene×Crafty Prospector配合はこれもスピードに長けたイメージ
 
ヤングマンパワーの父スニッツェルはダンチヒ系でノーザンダンサー系種牡馬
母母父Nureyevが欧州ノーザンダンサー系であります
基本レースで速い上がり(3位以内)を出した馬の馬券率が高いレース
ヤングマンパワーはデビュー3戦目以降が全てレース上がり5位以下と速い上がりは使えないタイプ
 

マイルチャンピオンシップ2016出走予定馬で気になる馬

 
ガリバルディ
サトノアラジン
スノードラゴン
ディサイファ
マジックタイム
ミッキーアイル
ロードクエスト
 
この7頭の中で最も注目してるのがマジックタイムで次点がディサイファ
 
マジックタイムの父ハーツクライはサンデー系種牡馬
本来ハーツクライ産駒は延長臨戦の成績がよく短縮臨戦はイマイチというデータはあるものの
この馬は実は短縮臨戦の成績が【1.3.0.0】と複勝率100%
今回前走府中牝馬ステークスの短縮臨戦で母母父Sadler’s Wellsがノーザンダンサー系
 
ディサイファの父はディープインパクト
母方は欧州ノーザンダンサーこそ持ってませんがDubai Millennium×Danzigなんで馬力がありそう
前走毎日王冠は外伸び馬場の中で内を通って6着
前が壁になってましたしステファノスも内を通ってその後天皇賞秋で好走してるのでチャンスも
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 青葉賞2016 予想

  2. 府中牝馬ステークス2016 予想

  3. セントウルステークス2016 予想

  4. 香港ヴァーズ2016 予想

  5. 日本ダービー2016 血統データ~母方に持ってると相性良い血

  6. ニュージーランドトロフィー2016 出走予定馬と先行予想

おすすめ記事

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る