menu
閉じる
  1. 秋華賞2016 予想
  2. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  3. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  4. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  5. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  6. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  7. 京都大賞典 2017 予想
  8. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  9. チャンピオンズカップ2016 予想
  10. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
閉じる
閉じる
  1. 香港国際競争 2017 ヴァーズ.スプリント.マイル.カップ 予想
  2. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 予想
  3. カペラステークス 2017 予想
  4. 中日新聞杯 2017 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  6. カペラステークス2017 出走予定馬と展望
  7. 中日新聞杯2017 出走予定馬と展望
  8. 阪神ジュベナイルフィリーズ2017 出走予定馬と展望
  9. チャンピオンズカップ 2017 予想
  10. チャレンジカップ 2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編

 
今週は秋のマイル王決定戦となるマイルチャンピオンシップ2017
今年はG1馬4頭が出走という事ですが上位と下位の力の差はありそうかと
ここではマイルチャンピオンシップ出走馬1頭1頭の血統評価(短評とも言う)を各馬五十音順にしていきます

※もし気付いた事があれば随時更新していく予定です
 

まずは過去のマイルチャンピオンシップから見えてきたポイント

 

これは過去10年におけるマイルチャンピオンシップ1~3着馬の父と母父が分かるもの

過去5年だとモーリス(父スクリーンヒーロー)にグランプリボス(父サクラバクシンオー)
この2頭を除いた3着内馬13頭が全てディープインパクト産駒サンデー系種牡馬

ミッキーアイル
フィエロ
ダノンシャーク
トーセンラー
ドナウブルー
ディープインパクト産駒で馬券になったこの5頭は全て母方にノーザンダンサーの血を有してました
この内3頭は米国スピード血統であるダンチヒの血であったのも注目か

イスラボニータ
ネオリアリズム
グランデッツァ
ダイワマッジョーレ
サダムパテック
サンデー系種牡馬で馬券になったこの5頭は全て母方にセントサイモンの血を有してました(4代内)
セントサイモンとは古き良き欧州の異系の底力血統
過去2年続けて馬券になった外国馬サプレザの母父もこの系統でしたし注目に値しそう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あと今回ポイントになると思ってるのがマルターズアポジーの出走ですね

逃げるのは出遅れでもしない限りこの馬で確実でしょう
実はこの馬が逃げた近走のレースを見ていくと馬券になった馬は共通点があったりするんです
 

ロベルト
ダンチヒ
米国型ノーザンダンサー

いずれもスピードもそうですがよりこの3つに共通するのは馬力ある血という事
とにかく前半から淀みない流れで逃げを打つ馬だけに
最後この馬のレースで結果を出しやすいのは馬力ある血という仮説を立てて見ましょうか!?
 

今年の出走馬の血統分析

アメリカズカップ

父はマンハッタンカフェでLaw Societyがセントサイモン系なんで父方にセントサイモンを内包
過去10年の当レースにおける産駒成績は全て7番人気以下とはいえ【0.0.0.6】
4代母Verbatimがセントサイモン系で母方は米国志向の強い配合であるんですが
少頭数や外枠での実績しかない馬なんでそれ以前にここでは厳しい印象
 

イスラボニータ

父はフジキセキで昨年2着・一昨年3着と当レースで馬券に
自身以外でもサダムパテックとファイングレインがフジキセキ産駒で当レース馬券に
奇しくも富士S4番人気2着からの臨戦は昨年と全く同じになりました
確かに前走は馬場悪化も通ったところが良かったというのもありますが
それ以上にやや掛かり気味で外から追走とまだまだ走る気を見せてたのは収穫か
今年の3戦は全てマイル戦
前走富士Sは中盤やや緩んでという競馬でマイラーズCは35.3-33.4の上がり勝負でいずれも好走
逆に前半33.9で割と一貫ラップで流れた安田記念は8着と凡走
今回マルターズアポジーが作る流れはどちらかと言えば安田記念に寄ってきそう
昨年のこのレースは34.4-35.6で道中割と一貫した流れで2着してますが
一つ歳を取ってこの流れに果たして対応出来るのかどうか!?
むろんフジキセキはサンデー系種牡馬であり母父Cozzeneがセントサイモン内包なんで血統構成は◎
 

ウインガニオン

父ステイゴールドはサンデー系種牡馬でもスタミナ寄りであって当レースでも【0.0.0.2】
前走関屋記念2着から間隔を開けての臨戦になりましたが
ステイゴールド産駒の芝重賞成績を調べると詰めた時よりもこの臨戦のほうが数字は良いですね
しかも前走着順が良い馬ほど好走してきてました
母方はノーザンダンサー系配合で母父ポリッシュネイビーがダンチヒ系
一気の相手強化でどうなるか?ですが内枠でも引けたら案外面白いかと思ってます
 

エアスピネル

父はキングカメハメハで11年に同じ父であるフィフスペトルが11番人気2着
12年以降は【0.0.0.5】という産駒のマイルCS成績も
これは全て2ケタ人気馬だったのであまり参考にならずか
前走富士Sは札幌記念先行からの短縮臨戦で間隔を開けてと
私的にはタイミング的に絶好に走れるところでの1着だったかと
今回は4週という詰まった間隔の臨戦でエアスピネル自身4~6週の間隔では【0.1.2.3】と未勝利
これだけなら前走以上は見込めないのかなあという気もあるんですが・・
前半33.9で割と一貫ラップで流れた安田記念は5着でしたが後方からの競馬で上がり2位で0.2差
京都金杯は菊花賞からの大幅短縮にも関わらず前半33.9の流れに先行対応し1着
逆に超後傾ラップであった東京新聞杯とマイラーズCは勝ち切れず
これだけならマルターズアポジーが作る流れは合いそうな気はしますね
母方のサンデー×ノーザンテースト×Well Decorated(ボールドルーラー系)
これはスピード特化された配合であるだけに余計にそう思わされます
 

ガリバルディ

ディープインパクト産駒ですが母方(3代内)にノーザンダンサー系の血は持っておらず
母は欧州で活躍した馬で母父Zafonicはミスプロ系でも欧州寄りのミスプロ系
母母父Buckfinderは米国血統なんで母方はバランス型と捉えてます
まあここでは良くもなく悪くもなくといった感じの血統構成
 

グランシルク

サンデー系種牡馬であるステイゴールド産駒で過去のこのレースでは【0.0.0.2】
前走富士Sから4週という間隔を詰めての臨戦になりましたが
ステイゴールド産駒の芝重賞成績を調べると間隔を詰めた時の臨戦は今一つ
ただそれを補えそうなのが母方の血
母父Dynaformerがロベルト系、母母父French Deputyが米国型ノーザンダンサー系
2走前の京成杯AHでマルターズアポジーが作る流れで圧勝してますがこの母方なら納得の感
そしてDynaformerがセントサイモン内包種牡馬
つまりサンデー系種牡馬で母方にセントサイモン内包とレース傾向には合致してるんです
前走富士Sは全くいいとこなく終わりましたが
これはその京成杯AHやそれ以前の好走続きといった疲労が噴き出したもの
といい様に解釈すれば全て吐き出してリセットされてれば一発期待出来る血統かなと
 

クルーガー

父はキングカメハメハで11年に同じ父であるフィフスペトルが11番人気2着
12年以降は【0.0.0.5】という産駒のマイルCS成績
これは全て2ケタ人気馬だったのであまり参考にならずも
前走富士Sがキンカメが総じて得意とする芝重賞での休み明けで好走し
これが不良馬場で上位2頭が通った所を後ろから付いてのもの
母方の血統は非常に重い欧州配合で前走はかなり向いての好走と捉えてます
今回そこから間隔が詰まってるのは気になるところではありますね
 

サトノアラジン

ディープインパクト産駒で母父Storm Catですからニックス配合
基本的にディープインパクト×Storm Catの配合馬は
古馬になるにつれ1400m~1800mに良績が集中し2000m以上は苦戦する傾向
そして間隔を詰めた臨戦の際の延長臨戦の成績が芳しくないというデータがありまして
まして毎日王冠で5番人気2着と好走してしまってた事もあり
前走天皇賞秋はとても狙えるタイミングではないという評価でした
今回はその天皇賞秋と比べると1600mになりますし短縮臨戦と狙いたくはなります
ただその天皇賞秋ですが不良馬場だったとはいえ8.6差は負け過ぎの感も
まあ吐き出すものは全て吐き出したという考え方も出来るんでしょうが・・・
そのStorm Catは米国型ノーザンダンサー系ですから悪くはないんですよね
当日まで印の落としどころに悩みそうな1頭になりそう
 

サングレーザー

ディープインパクト産駒で母父Deputy Ministerが米国型ノーザンダンサー系
その奥のLord Avie~Exuberant含めて馬力とスピード持続力に長けた配合
その分だけスピード持続力勝負になりやすい1400mに特化されてるのかもしれません
500万ではありますが1600m→1400mで1着した時の印象があまりにも鮮烈でしたから余計に
今回はマルターズアポジーが作る流れなんで一貫したラップが濃厚
それ自体は近走と血統からは向いてるのであと200mが持つのなら!?という感じですかね
ディープインパクト産駒のG1ですが短縮よりも延長のほうが率的には良かったりもしますし
 

ジョーストリクトリ

父はジョーカプチーノでマンハッタンカフェの血をひくサンデー系種牡馬
母方はノーザンダンサー系配合ですが4代内母方にセントサイモンは持ってません
好走しそうな血統構成でもないので厳しい印象しかないですね
 

ダノンメジャー

父はダイワメジャーですのでサンデー系種牡馬
産駒では13年にダイワマッジョーレが2着し当レース通算では【0.1.0.7】
母父Azamourは欧州ノーザンダンサー系でその奥はスピード持続力配合と母方はバランス型
セントサイモンの血も持ってませんしアピールポイントは見当たらず
 

ブラックムーン

父アドマイヤムーンはフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
過去10年のこのレースでキングマンボ系を除いたミスプロ系種牡馬
アドマイヤムーンが重賞で馬券になるパターンとしては近走のリズムが重要
スプリンターズS3着だったワンスインナムーンは2連勝から
高松宮記念1着だったセイウンコウセイも3走連続好走から
そういった意味でこの馬は近走のリズムが悪すぎますね
ジェネラス×リヴリアの母方は欧州配合
 

ペルシアンナイト

父ハービンジャーはダンチヒ~ノーザンダンサー系種牡馬
過去10年でダンチヒ系種牡馬は1頭のみ出走で着外(昨年のヤングマンパワー)
ただそれ以前だとシンボリグランとファインモーションが好走しております
ハービンジャー産駒の芝重賞ですが牡馬に関してだけなら間隔を開けての臨戦がベスト
間隔が詰まって好走してるのは春先の3歳馬のみで今回は4週と間隔を詰めての臨戦
この馬自身3歳ではあるんですがもうほぼ4歳に近いですしその辺りは気にはなります
前走富士Sがまさにダービー以来となる間隔を開けての臨戦で5着
この時は馬場が悪く内が伸びなかったですがそこを通ってのものでしたし
ハービンジャーが苦手とする重賞での短縮臨戦だったのである程度度外視は出来そう
近親に当レース3着のゴールスキーが居てますし走ってもおかしくはないんでしょうが
どうしても間隔を詰めた臨戦が気になるので重い印は打ちにくいという感じ
 

マルターズアポジー

父はゴスホークケンでストームキャット~米国型ノーザンダンサー系種牡馬
実は10年エイシンアポロンと11年エーシンフォワード
この2頭の勝ち馬がストームキャット系種牡馬
エイシンアポロンが稍重馬場でエーシンフォワードがレコード決着と共に特殊馬場でのもの
そういった事からして何か馬場の助けが必要な系統の種牡馬なのかも??
配合的には米国血統が全面に出た配合で古馬芝マイルG1で走るイメージはあまりないですね
近2走の内容は評価するに十分値する内容ではあるんですが
過去10年のマイルCSで逃げた馬の成績が【1.1.0.8】
昨年1着ミッキーアイルはG1実績があり、2着だったマイネルファルケは14番人気という人気薄
今回この馬完全な人気薄とまではいかない筈なんで多少気にはされる立場でどこまでやれるか?
 

ムーンクレスト

父アドマイヤムーンはフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
過去10年のこのレースでキングマンボ系を除いたミスプロ系種牡馬
アドマイヤムーンが重賞で馬券になるパターンとしては近走のリズムが重要
スプリンターズS3着だったワンスインナムーンは2連勝から
高松宮記念1着だったセイウンコウセイも3走連続好走から
そういった意味でこの馬は2走前勝ってるとはいえ近走のリズムがあまり良くない
母方は重めのノーザンダンサー系配合
 

ヤングマンパワー

父スニッツェルはノーザンダンサー~ダンチヒ系種牡馬
シンボリグランとファインモーションがダンチヒ系種牡馬で過去好走しておりますが
この馬は昨年4番人気16着と凡走(前走富士S3番人気1着からの臨戦)
今年の安田記念でも凡走してますがこれも前走マイラーズC7番人気3着からと
いずれもが前走重賞で人気より走って馬券になってからだったので疲労が多大なる要因だったか
そんな意味では前走毎日王冠は8番人気5着と走ったほうですが馬券にならなかったのはプラス
その毎日王冠と今年の東京新聞杯はスローすぎて斬れ負けの感
元々が一貫して流れるラップのほうが走れる馬なんでここはちょっと押さえておきたい気も
 

レーヌミノル

父はダイワメジャーですのでサンデー系種牡馬
産駒では13年にダイワマッジョーレが2着し当レース通算では【0.1.0.7】
タイキシャトル~ロイヤルスキー~テスコボーイの母方はスピード特化された配合
従って久々の1600mなら単純に期待する手もありでしょうか
ただリズムを完全に崩してしまってるので短縮臨戦で闘争心がどこまで戻るかは未知数
 

レッドファルクス

父スウェプトオーヴァーボードはフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
ミスプロ系種牡馬だと09年&11年とサプレザが馬券になった程度ですが
もはやこの馬はスウェプトオーヴァーボードの範疇を大きく超えてしまった馬(笑)
高松宮記念1人気3着→京王杯SC2人気1着→安田記念3人気3着
春はちょっとローテーションが厳しいかな?と思った安田記念で見せ場たっぷり
その安田記念は前半33.9というタイトな流れでも後方から上がり3位だったので距離不安もなし
ここもマルターズアポジーが作る流れで春より1戦少ない臨戦なら十分期待出来そう
 

最後に一言

 
今回は非常に高い確率で逃げるであろうマルターズアポジー
この馬の流れに合う?合わない?やこの馬の過去レースの好走血統
これらも考慮しつつ過去の当レースの傾向にも合わせて評価してみました
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 予想

  2. 中山メインセプテンバーステークスなど2017年9月23日土曜の競…

  3. 高松宮記念2017 出走予定馬と展望

  4. ユニコーンステークス2017 予想

  5. ファンタジーステークス2017 出走予定馬と展望

  6. 青葉賞2017 予想

おすすめ記事

  1. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  2. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  3. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る