menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 予想
  2. 府中牝馬ステークス2016 予想
  3. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  6. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  7. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  8. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  9. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  10. 有馬記念2015 予想
閉じる
閉じる
  1. アーリントンカップ2017 出走予定馬と展望
  2. 小倉大賞典2017 予想
  3. フェブラリーステークス2017 予想
  4. 京都牝馬ステークス2017 予想
  5. ダイヤモンドステークス2017 予想
  6. 京都牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  7. ダイヤモンドステークス2017 出走予定馬と展望
  8. フェブラリーステークス2017 出走予定馬と展望
  9. 京都記念2017 予想
  10. 共同通信杯2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

マイルチャンピオンシップ南部杯2016 予想

 
10月10日(月)盛岡競馬場ダート1600mで行われるマイルチャンピオンシップ南部杯2016の予想です
 
 
マイルチャンピオンシップ南部杯は地方競馬交流重賞のJpnⅠに格付けされてるレース
Road to JBCに指定されていてマイルチャンピオンシップ南部杯の優勝馬には
JBCクラシックまたはJBCスプリントへの優先出走権が与えられてます
 
注目はこのレース3連覇を目指すベストウォーリア
そして前走帝王賞からコパノリッキー、ホッコータルマエ、アスカノロマンの3頭
加えて前走オーバルスプリントを勝ったレーザーバレット
 
このJRA勢5頭の勝負になりそうですが・・・
 
そんなマイルチャンピオンシップ南部杯2016の発走時刻は16:40になっております
 

マイルチャンピオンシップ南部杯2016の見解

 
15年2着 タガノトネール
14年2着 ポアゾンブラック
14年3着 アドマイヤロイヤル
13年2着 ホッコータルマエ
12年2着 ダイショウジェット
12年3着 アドマイヤロイヤル
 
近年の好走馬を眺めて最も目立つのがこれら父ミスプロ系の馬
 
あと12年・13年はゴールドアリュール産駒のエスポワールシチーが連覇
 
血統的にはこの2つが大きな柱ですかね
 
昨年・一昨年の勝ち馬ベストウォーリアは適性に関しては問題ないんでしょうが
明らかに今年は昨年・一昨年よりメンバーレベルが上がってるのがどうでしょうか!?
 
ホッコータルマエも久々のマイル戦
前走帝王賞勝ちも含めて押せ押せだった13年のこのレースでさえ2着まで
当時よりは明らかに力が落ちてきてるのも気にはなるところであります
 

マイルチャンピオンシップ南部杯2016の予想

 
◎はコパノリッキーにしました
父はゴールドアリュールで前々走かしわ記念を勝ってるのでマイルも大丈夫かと
 
〇はアスカノロマン
父アグネスデジタルがミスプロ系
2000m→1600mの短縮臨戦になりますが東海S・フェブラリーSが短縮臨戦で好走
 
▲はレーザーバレット
父ブライアンズタイムは大一番で強い印象ですね(特に昔は)
前走ではソルテに勝ってますがそのソルテはかしわ記念でコパノリッキーの2着
そしてソルテはさきたま杯でベストウォーリアに完勝という事で横比較からしてもやれて良い筈
 

マイルチャンピオンシップ南部杯2016の予想印と買い目

 
コパノリッキー
○アスカノロマン
▲レーザーバレット
△ベストウォーリア
△ホッコータルマエ
 
買い目は
◎ー〇▲の馬連
◎→〇▲→〇▲△△の3連単
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 京都2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

  2. 宝塚記念2016 血統評価その2~ドゥラメンテ・ラブリーデイ他~…

  3. 兵庫ゴールドトロフィー2016 予想

  4. クイーン賞2016 予想

  5. きさらぎ賞2016 予想

  6. CBC賞2016 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る