menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 予想
  2. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  3. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  4. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  5. ホープフルステークス2016 予想
  6. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  7. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  8. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  9. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  10. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
閉じる
閉じる
  1. 東海ステークス2018 出走予定馬と展望
  2. アメリカジョッキークラブカップ2018 出走予定馬と展望
  3. 日経新春杯 2018 予想
  4. 京成杯 2018 予想
  5. 愛知杯 2018 予想
  6. 日経新春杯2018 出走予定馬と展望
  7. 愛知杯2018 出走予定馬と展望
  8. シンザン記念 2018 予想 多少は重い馬場になる事も想定
  9. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルディープ…
  10. 中山金杯 2018 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

みやこステークス2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜京都メインレースはみやこステークス2017
 
 
みやこステークスはダート1800mで行われる重賞レース
チャンピオンズカップの前哨戦として2010年に新設重賞となりました
このレースの勝ち馬にはそのチャンピオンズカップの優先出走権が付与されます

昔はトランセンドやエスポワールシチーがここでの勝利を足掛かりに
ジャパンカップダート(今のチャンピオンズカップ)で好走しましたが
最近ではどうしてもJBC競争と日程が重なるので有力馬はそちらに流れがちな面も
どちらかと言ったらこれからの馬達による戦いといった方がしっくりきそうではあります

そんな中今年は3歳最強馬?のエピカリスが出走
断然人気であった前走レパードステークスは3着に負けているだけに
古馬とやるのは初めてになりますが勝って弾みをつけたいところでしょう

今年の主な出走馬はエピカリス以外に
アスカノロマン、キングズガード、テイエムジンソク、モルトベーネ、ローズプリンスダムらが出走
 

出走予定馬と血統表

 

みやこステークス2017出走馬は16頭
 

レースの血統傾向

 

これは過去7年におけるみやこステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの

15年は不良馬場での施行だったのでこれを特殊馬場扱いとして除くと
過去6年ではサンデー系種牡馬が【3.2.2.14】複勝率33.3%となかなかの好成績

あとは母父ミスプロ系が好調だったりもしますね

アポロケンタッキー
ロワジャルダン
インカンテーション
ローマンレジェンド
二ホンピロアワーズ
トウショウフリーク
そして馬券になったこれらの馬はいずれも3代内にノーザンダンサーの2本持ってました
馬力やスタミナというのがこのレースにマッチしてくるのかもしれません
 

有力馬の考察

エピカリス

父はゴールドアリュールでサンデー系種牡馬
エスポワールシチーとランウェイワルツが産駒でこのレース馬券になっております
一頓挫あっての海外帰りだった前走よりは今回のほうが仕上げ的には良さそうではあり
母方がカーネギーにマルゼンスキーなんでノーザンダンサー系配合
血統面ではここに対して良い印象はあります
 

テイエムジンソク

クロフネ産駒という事でノーザンダンサー系種牡馬
中央ダート重賞で意外にもまだ1勝しか挙げてないのがクロフネ(15年マーチSマイネルクロップ)
今回はエルムSからの臨戦なんで延長且つ間隔を開けての臨戦になりますが
これがまたクロフネ産駒のダート重賞における苦手なパターン
そこいらを相殺出来るなら母母父がノーザンダンサー系のダンシングブレーヴなんで
3代内にノーザンダンサーの血2本持ちである事と母父フォーティナイナーがミスプロ系である事
今回は重賞2度目になりますがアポロケンタッキー・ロワジャルダンと
過去2年の勝ち馬は同じように重賞経験に乏しいフレッシュな馬だったのでこれも後押しには
 

アスカノロマン

父アグネスデジタルはミスプロ系種牡馬
母方タバスコキャット×Deputy Ministerはノーザンダンサー系配合
血統構成は悪くないのであとはどれだけリフレッシュされてるかどうか
逃げるというのも不振を脱出する一つの手かもしれません
 

出走予定馬で気になる馬

 
エピカリス
キングズガード
テイエムジンソク
トップディーヴォ
ルールソヴァール

この5頭の中で最も注目してるのがキングズガードで次点がテイエムジンソク

キングズガードの父はシニスターミニスターでエーピーインディ系種牡馬
同じ父を持つインカンテーションがこのレースで馬券になってますね
インカンテーションもそうですがとにかくシニスターミニスターはダウン戦が強い傾向
今回前走が地方交流重賞ではありますがG1南部杯だったので形的にはダウン戦に
延長臨戦はどんと来い!というほどでもないんでしょうが・・・
そして母方のキングヘイロー×デインヒルがノーザンダンサー系配合であります
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. さきたま杯2017 予想

  2. 皐月賞2017 予想

  3. 鳴尾記念2017 出走予定馬と展望

  4. ファンタジーステークス2017 出走予定馬と展望

  5. 凱旋門賞 2017 予想

  6. 愛知杯2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る