menu
閉じる
  1. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. エプソムカップ2016 予想
  3. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  4. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  6. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  7. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  8. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  9. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  10. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
閉じる
閉じる
  1. 東海ステークス2018 出走予定馬と展望
  2. アメリカジョッキークラブカップ2018 出走予定馬と展望
  3. 日経新春杯 2018 予想
  4. 京成杯 2018 予想
  5. 愛知杯 2018 予想
  6. 日経新春杯2018 出走予定馬と展望
  7. 愛知杯2018 出走予定馬と展望
  8. シンザン記念 2018 予想 多少は重い馬場になる事も想定
  9. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルディープ…
  10. 中山金杯 2018 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

武蔵野ステークス2017 出走予定馬と展望

 
今週土曜東京メインレースは武蔵野ステークス2017
 
 
武蔵野ステークスはダート1600mで行われる3歳以上のダート重賞
1着馬には来月行われるチャンピオンズカップの優先出走権が与えられます

何年経ってもあのクロフネの衝撃が忘れられないのが武蔵野ステークス
初めてのダートで1’33’3という芝並みの時計で1.4秒ぶっちぎっての勝利でしたから

ノンコノユメ(ジャパンダートダービー)
ベストウォーリア(南部杯)
モーニン(フェブラリーステークス)
今年はこれらG1勝ち馬3頭がJBCに出走せずここに参戦
 
主な登録馬はノンコノユメ、ベストウォーリア、モーニン以外に
インカンテーション、カフジテイク、サンライズノヴァ、メイショウウタゲ、サンライズソアらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

武蔵野ステークス2017出走予定馬は21頭(フルゲートは16頭)

クインズサターン
シュテルングランツ
この2頭が残り1頭の出走枠を巡って抽選対象に

チャーリーブレイヴ
サングラス
ブライトアイディア
マッチレスヒーロー
この4頭が除外対象馬という事になっております
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年における武蔵野ステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの

ここでは「良馬場」と「湿った馬場(稍重.重.不良)」に分けて考えてみようかと思います
というのもこの違いだけで割とくっきりと傾向が出ていますので

まず良馬場だと米国型ノーザンダンサー系やダンチヒといった
パワー&スピードに長けたノーザンダンサーの血が好調
キングカメハメハ、マンハッタンカフェ、ネオユニヴァースといった芝向きな種牡馬も馬券に

逆に湿った馬場ではフォーティナイナー含めミスプロの血がかなり走っております
(湿った馬場に関して言うならば母父もミスプロの血好調です)

そしてここ4年こそ馬券になってませんがロベルト系種牡馬は馬場不問で馬券に
昨年と一昨年は出走馬自体居なかったですしその前は人気薄で4.5着に来てますから
 

有力馬の考察

カフジテイク

父はプリサイスエンドなんでフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
レース傾向からは湿った馬場のほうが良さそうではありますが
基本的にこの馬は馬場不問で速い上がりを繰り出せるタイプ
アップ戦でも走れてはいますがダウン戦のほうがより走れてますね近走を見れば
今回はG1南部杯からの臨戦なんで形的にはダウン戦に
 

サンライズノヴァ

父ゴールドアリュールはサンデー系種牡馬
母父サンダーガルチはミスプロ系なんでやや湿った馬場になるほうがいいかも?
近親にマコトスパルビエロやサンライズバッカスが居るのでそりゃダート走りますよね
ただこの馬のここまでの成績を辿ると交互チックな成績且つ短縮>延長というタイプ
今回は前走1着からの1400m→1600mの延長臨戦
タイミングとしてはやや狙い難い印象はあります
 

ベストウォーリア

父Majestic Warriorはエーピーインディ系種牡馬
まあ血統云々よりも近走ややリズムを落としつつあるのは気になるところ
元々1400mがベストなタイプで1600mではやや甘さを見せる馬
2走前のさきたま杯は短縮でダウン戦と十分走れるタイミングだった所で3着
ここでもっと走って欲しかっただけに・・・
 

出走予定馬で気になる馬

 
インカンテーション
カフジテイク
サンライズソア
ノンコノユメ
ピオネロ
ブラゾンドゥリス
メイショウウタゲ

この7頭の中で最も注目してるのがノンコノユメで次点がカフジテイク

ノンコノユメの父トワイニングはフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
レース傾向的には湿った馬場になったほうが走れそうな血統
今回は長期休養明けですが間隔を開けての臨戦が好成績なのが母父アグネスタキオン
ここまで間隔が開いたらどっちに転ぶか分かりませんが
セン馬になってからのJBCクラシック以降が間隔を詰めての臨戦で奮わなかったので
想定単オッズ12.8倍ならリセットされてるほうに賭けてみる手も
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 秋華賞2017 出走予定馬と展望

  2. さきたま杯2017 予想

  3. 新潟記念2017 出走予定馬と展望

  4. フェブラリーステークス2017 予想

  5. アイビスサマーダッシュ2017 出走予定馬と展望

  6. クイーンカップ2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る