menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 予想
  2. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  3. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  5. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  6. エプソムカップ2016 予想
  7. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  8. 秋華賞2016 予想
  9. クイーンカップ 2018 予想
  10. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
閉じる
閉じる
  1. お知らせです
  2. エルムステークス 2018 予想 本命はリッカルド
  3. 関屋記念 2018 予想 本命はベルキャニオン
  4. レパードステークス 2018 予想 本命はヒラボクラターシュ
  5. 小倉記念 2018 予想 本命はサトノクロニクル
  6. クイーンステークス 2018 予想 本命はエテルナミノル
  7. アイビスサマーダッシュ 2018 予想 本命はラインスピリット
  8. アイビスサマーダッシュ2018 出走予定馬と展望
  9. 【重賞結果】中京記念2018&函館2歳ステークス2018
  10. 函館2歳ステークス 2018 予想 本命はスズカカナロア
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

名古屋グランプリ2016 予想

 
12月15日(木)名古屋競馬場ダート2500mで行われる名古屋グランプリ2016の予想です
 
 
名古屋グランプリはダートグレード競争では現在最長距離で行われるレース
2001年に地方馬ミツアキサイレンスが勝ってる名古屋グランプリですが
それ以降は全ての年でJRA馬が勝利しております
 
今年も前走浦和記念を圧勝したケイティブレイブを筆頭に
JRA所属馬を中心にしたレース展開になりそう
 
そんな名古屋グランプリ2016の発走時刻は16:20になっております
 

名古屋グランプリ2016の見解

 
過去3年では父か母父にミスプロの血を持つ馬が7頭馬券に
 
父ホワイトマズルだった二ホンピロアワーズ
母方がサドラーズウェルズ×ネヴァーベンドだったシビルウォー
この2頭が2年連続で馬券になっておりますが
ホワイトマズル・サドラーズウェルズが欧州ノーザンダンサー系でネヴァーベンドも欧州ナスルーラ
2500mという距離もあって欧州血統というのはポイントになりそう
 

名古屋グランプリ2016の予想

 
◎はケイティブレイブにしました
父アドマイヤマックスはサンデー系種牡馬ではあるんですが
母父サクラローレルがレッドゴッド系なんで欧州ナスルーラ
母母父Be My Guestが欧州ノーザンダンサー系なんで母方は欧州配合
 
○アムールブリエは父スマートストライクがミスプロ系
母母父にサドラーズウェルズを持ってますし昨年の勝ち馬でもあり
前走1600mはこの馬にとってはさすがに忙しすぎた印象
 
▲はストロングサウザー
父ハーツクライはサンデー系種牡馬でありますが
欧州ナスルーラであるトニービンを内包しております
 
△ユーロビートは母父エリシオが欧州ノーザンダンサー系
 

名古屋グランプリ2016の予想印と買い目

 
ケイティブレイブ
○アムールブリエ
▲ストロングサウザー
△ユーロビート
 
買い目は
◎→○▲の馬単
◎ー○▲△の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. みやこステークス2016 出走予定馬と展望

  2. 日経新春杯2016 出走馬と先行予想

  3. 新潟記念2016 予想

  4. 阪神牝馬ステークス2016 予想

  5. ダイヤモンドステークス2016 予想

  6. クイーン賞2016 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

13人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る