menu
閉じる
  1. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  2. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  3. 京都大賞典2016 予想
  4. 府中牝馬ステークス2016 予想
  5. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  6. ホープフルステークス2016 予想
  7. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  8. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  9. チャンピオンズカップ2016 予想
  10. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
閉じる
閉じる
  1. 高松宮記念2017 予想
  2. マーチステークス2017 予想
  3. 日経賞2017 予想
  4. 毎日杯2017 予想
  5. 日経賞2017 出走予定馬と展望
  6. 毎日杯2017 出走予定馬と展望
  7. 高松宮記念2017 出走予定馬と展望
  8. フラワーカップ2017 予想
  9. スプリングステークス2017 予想
  10. 阪神大賞典2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

中山牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜中山メインレースは中山牝馬ステークス2017
 
 
中山牝馬ステークスは芝1800mで行われる古馬牝馬限定の重賞でありまして
ハンデキャップ戦で位置付けとしてはヴィクトリアマイルの前哨戦になりますかね
 
ただ近年の中山牝馬ステークスの結果を見るとヴィクトリアマイルには繋がらず??
13年に勝ち馬マイネイサベルが福島牝馬ステークスを挟んで3着があるくらい
果たして今年はここからヴィクトリアマイル好走馬が出て来るのか!?
 
ヌーヴォレコルト、タッチングスピーチは金鯱賞とダブル登録でしたが
2頭ともここに出走せず金鯱賞に回りました
 
そうなると有力視されそうなのはマジックタイム
どうやらここが引退レースになりそうですが有終の美を飾れるか?
 
明け4歳になるビッシュ・パールコードにも注目です
 

中山牝馬ステークス2017の出走予定馬と血統表

 

 
中山牝馬ステークス2017出走予定馬は16頭
 

中山牝馬ステークスの血統傾向

 
重視するのは15年と16年の過去2年
というのも14年夏に路盤改修が行われたことにより傾向に変化が見られるので
 
過去2年の3着内6頭中5頭がサンデー系種牡馬になるんですが
そのサンデー系種牡馬の中でも上位人気馬がきっちりと走ってる印象ですかね
さらにサンデー系種牡馬では短縮臨戦近走条件戦を使ってる馬が相性良さそうであり
 
母方は欧州血統を持つ馬に注目したいですね
 

中山牝馬ステークス2017有力馬の考察

 
マジックタイムの父はハーツクライでサンデー系種牡馬
昨年同じ父ハーツクライのシュンドルボンがこのレースで勝利を挙げておりますし
ハーツクライ得意の間隔を開けた臨戦に加え延長臨戦
母母父Sadler’s Wellsが欧州ノーザンダンサー系
引退レースとなればわざわざ本命を打つ事はなかろうとは思いますが隙はあまり見当たらなそう
 
パールコードもヴィクトワールピサ産駒なんでサンデー系種牡馬
短縮臨戦はよさそうですが今回はヴィクトワールピサ産駒が総じて苦手としてる休み明け
母父Lost Codeはリボー系ですが米国で活躍した馬
母・母母父からも母方は米国色の濃い配合
 
ビッシュの父はディープインパクトでこちらもサンデー系種牡馬
前走ジャパンカップからの短縮臨戦になりますが2400mから1800mなんで大幅短縮
これはディープインパクト産駒が得意とするパターンの臨戦ではあり
Acatenango×Beringの母方は欧州配合
 

中山牝馬ステークス2017出走予定馬で気になる馬

 
ウキヨノカゼ
クインズミラーグロ
トーセンビクトリー
ビッシュ
プリメラアスール
マジックタイム
 
この6頭の中で最も注目してるのがビッシュで次点がプリメラアスール
 
プリメラアスールの父スペシャルウィークはサンデー系種牡馬
母母父Nabeel Dancerが欧州ノーザンダンサー系になりますね
短縮臨戦で近走(3走前)で条件戦を使っているというのには好感
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 京都牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望

  2. ファルコンステークス2017 出走予定馬と展望

  3. マーチステークス2017 予想

  4. スプリングステークス2017 出走予定馬と展望

  5. 佐賀記念2017 予想

  6. フェブラリーステークス2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る