menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  2. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  3. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  4. チャンピオンズカップ2016 予想
  5. 府中牝馬ステークス2016 予想
  6. 京都大賞典 2017 予想
  7. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  8. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  9. 有馬記念2015 予想
  10. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. お知らせです
  2. エルムステークス 2018 予想 本命はリッカルド
  3. 関屋記念 2018 予想 本命はベルキャニオン
  4. レパードステークス 2018 予想 本命はヒラボクラターシュ
  5. 小倉記念 2018 予想 本命はサトノクロニクル
  6. クイーンステークス 2018 予想 本命はエテルナミノル
  7. アイビスサマーダッシュ 2018 予想 本命はラインスピリット
  8. アイビスサマーダッシュ2018 出走予定馬と展望
  9. 【重賞結果】中京記念2018&函館2歳ステークス2018
  10. 函館2歳ステークス 2018 予想 本命はスズカカナロア
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

中山記念 2018 予想

 
2月25日(日)中山競馬場で行われる中山記念2018の予想です

中山記念は芝1800mで行われるこの時期伝統的な古馬中距離重賞
大阪杯はもちろんですがドバイに香港と多種多様な前哨戦の意味合いを成すレース
昨年から1着馬にはそんな大阪杯の優先出走権が与えられる事になりました

ローエングリン、バランスオブゲーム、カンパニー
これらの馬は中山記念で2勝を挙げた馬
つまりリピートして走ったという事になりますがこのレースは結構リピーターレース
昨年3着のロゴタイプは勝利こそないものの3回馬券に絡みましたからね

今年も昨年2着のサクラアンプルールが出走

1番人気は昨年マイルCS勝ち馬であるペルシアンナイト
以下の人気はウインブライト、サクラアンプルール、ヴィブロス、アエロリットの順

そんな中山記念2018の発走時刻は15:45になっております
 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去10年における中山記念1~3着馬の父と母父が分かるもの

特に重視するのは15年~17年の過去3年
というのも14年夏に路盤改修が行われたことにより傾向に変化が見られるので

昨年4頭出走したディープインパクト産駒ですが
1.2番人気(アンビシャス・リアルスティール)に推された馬も居た中で馬券にならず
15年と16年も2.3着までが精一杯で今年の古馬重賞でも未勝利
これだけならなかなか強くは推し辛いというのが実際のところ

あとはこれまで馬場状態が良だったり湿った馬場だったりと違う馬場状態で行われてるのが特徴

なかなか偏った傾向が見られないかなあという気がするので
今回はポイントをマルターズアポジーの出走&逃げに絞って考えてみようかと

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鞍上チェンジしたのは気になりますが・・まず逃げるのはマルターズアポジーで確実
実はこの馬が逃げた近走のレースを見ていくと馬券になった馬は共通点があったりするんです

先週フェブラリーステークスでも人気で前に行く馬であったテイエムジンソク
この馬におけるレース血統傾向の特徴記事を書き(その記事は→こちら
速い上がりを使える馬=サンデーの血が食い込みやすくなるという仮説を立てました
まあ結果的には4番人気だったノンコノユメが1着に入りまずまずの立証具合だったかと

という事でここも2週連続を狙って見て行こうかと思います
 
 
17年マイルCS

17年京成杯AH

17年関屋記念

17年七夕賞

17年大阪杯

17年小倉大賞典

16年有馬記念

16福島記念

これが一昨年久々の重賞挑戦で勝った福島記念以降における
マルターズアポジーが走った時の1~3着馬の血統

人気薄のディープ産駒がちょこちょこ馬券になってるというのも気にはなりますが・・
1番人気か7番人気以下かといったように極端に出てるので
ディープ産駒ヴィブロスはレース傾向も合わせて狙い辛いかなと

では目立つところではどんな血が好走しているのか!?
 
ロベルト
ダンチヒ
米国型ノーザンダンサー

この3系統の血いずれかを持つ馬の活躍ぶりが目立つような気がしません!?

いずれの血もスピードもそうですがよりこの3つに共通するのは馬力ある血という事
とにかく前半から淀みない流れで逃げを打ち割と平均質のレースラップになりがち
スローのよーいドンにはなり難いので斬れよりは馬力ある血

これがこの馬のレースでは走りやすいという仮説を立てて見るというのも面白そうです
 

中山記念2018の予想

 
◎はアエロリットにしました
父クロフネがヴァイスリージェント系で米国型ノーザンダンサー系
まず言える事はこのメンバーの中でも前走かなり苦を味わった馬であるという事
2走前クイーンSが間隔を開けての臨戦でダウン戦に2番人気で逃げて圧勝
そして前走秋華賞が延長で1番人気で受けて立つ立場になり2番手からの競馬で7着
重い馬場でラップもかなり厳しめでしたからもうこれはかなり楽→苦の競馬になったでしょう
これがあるので今回は人気からも少し解放されG1じゃないなら苦→楽は明白の場面
母父ネオユニヴァースから中山も悪くないでしょうし
他馬との力関係は計り難いですがここは非常に狙いたくなるんですよ

この馬以外は印的には優劣付けましたが一長一短の評価

ペルシアンナイトは父ハービンジャーがダンチヒ系
間隔を開けて且つ延長とハービンジャー牡馬が重賞で走れる条件には合致
ただこの馬はC質ありのハービンジャーですのでダウンと少頭数なら取りこぼしがあるか?

ディサイファはディープ産駒ですがこれは人気薄のディープなので
案外マルターズアポジーが逃げるレースで可能性があるかと考えました
前走ダウン戦のAJCCで反応しましたしそれ含めオールカマーもそれなりだったので
しかも母父ダンチヒですし妙味を求めるならこの馬
 

予想印と買い目

 
アエロリット
○ペルシアンナイト
▲ディサイファ
△サクラアンプルール
△ウインブライト
△マイネルハニー
△マルターズアポジー
△ショウナンバッハ

買い目は
◎の単
◎→○の馬単
◎ー▲のワイド
◎ー▲△△△△△の馬連
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 函館2歳ステークス 2018 予想 本命はスズカカナロア

  2. ファルコンステークス 2018 予想 アサクサゲンキ武豊から勝負…

  3. マーメイドステークス 2018 予想 ヴァフラームの持つ欧州血統…

  4. 高松宮記念 2018 血統評価 出走予定18頭全馬編

  5. 新潟大賞典2018 出走予定馬と展望

  6. 桜花賞 2018 予想 リリーノーブル本命で相手絞って勝負

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

13人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る