menu
閉じる
  1. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  2. 秋華賞2016 予想
  3. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  4. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  6. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  7. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  8. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  9. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  10. チャンピオンズカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. フローラステークス2018 出走予定馬と展望
  2. マイラーズカップ2018 出走予定馬と展望
  3. 福島牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  5. アンタレスステークス 2018 予想 穴馬アルタイルで勝負
  6. アーリントンカップ 2018 予想 ダノンスマッシュの巻き返しに期待
  7. 皐月賞 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編
  8. アンタレスステークス2018 出走予定馬と展望
  9. アーリントンカップ2018 出走予定馬と展望
  10. 皐月賞2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

中山金杯2017 出走予定馬と展望

 
来週木曜中山メインレースは中山金杯2017
 
 
2017年の重賞は東で中山金杯、西で京都金杯という例年通りのスタート
 
中山金杯はハンデ戦で2000mという舞台設定で行われるレース
一昔前の中山金杯は荒れるイメージがありましたが
過去5年では2014年を除くと3着内は全て5番人気以内で占められております
 
近年の傾向通りある程度堅めに収まるのか?それとも荒れるのか?
誰もが一年のスタートをここできっちりと決めたいと思ってるレースですね
 
ただ今年の出走予定馬なんか微妙(笑)
 

中山金杯2017の出走予定馬と血統表

 

 
中山金杯2017出走予定馬は15頭(全馬出走可能になっております)
 

中山金杯の血統傾向

 
参考にするのは14年夏に中山競馬場で行われた路盤改修後の15年と16年のレースから
というのも路盤改修前と路盤改修後では明らかに傾向に変化が見られるからであります
 
馬券になった6頭中5頭が非サンデー系種牡馬
つまりサンデー系種牡馬は1頭しか馬券になっておりません(昨年2着マイネルフロストのみ)
 
実は改修後の中山2000m重賞でサンデー系種牡馬の成績が【0.5.3.70】
これはディープインパクト産駒を除いてるんですが期待値としては非常に低いと言えそう
 
そして昨年は母父グラスワンダー=ロベルト系のワンツーフィニッシュ
この母父ロベルト系は改修後の中山2000m重賞で【4.1.1.9】と相性抜群であります
 

中山金杯2017有力馬の考察

 
ツクバアズマオーの父はステイゴールドなんでサンデー系種牡馬
中山2000m重賞で不振なサンデー系種牡馬を父に持ってますが
先日同距離重賞となるホープフルステークスでは同じ父を持つマイネルスフェーンが2着
巴賞→函館記念、札幌日経OP→オールカマー
今回前走OPディセンバーステークスからの臨戦になりますが上の2つはOPから重賞への臨戦
そこでいずれも好走出来てるので悪くはなさそう
 
ストロングタイタンは父Regal Ransomがフォーティナイナー系で非サンデー系種牡馬
Tiznow×Seeking the Goldの母方も含めるとかなりパワーに長けた配合
よって極端な上がり勝負になり難いこの舞台は向きそうな気も
 
マイネルハニーはマツリダゴッホ産駒なんでサンデー系種牡馬
それはややマイナスに感じられますが母父ナリタブライアンがロベルト系というので相殺出来そう
ただ京都金杯にも登録しておりそちらに出走が濃厚との情報もあり
 

中山金杯2017出走予定馬で気になる馬

 
シャイニープリンス
ストロングタイタン
ツクバアズマオー
ドレッドノータス
マイネルハニー
マイネルフロスト
 
この6頭の中で最も注目してるのがドレッドノータスで次点がシャイニープリンス
 
ドレッドノータスの父ハービンジャーはダンチヒ系で非サンデー系種牡馬
近い時期にこのレースと同条件で行われてる京成杯でハービンジャー産駒は2連覇中
これも含め改修後のこの時期=冬の中山芝でハービンジャーはなかなか好成績(複勝率30%超)
先日のホープフルステークスでもハービンジャー惜しかったですし(4着)
前走はダートで大敗も休み明け激走後で馬体も減っておりまあ仕方ない印象
これが目くらましとなって馬体さえ戻ってくれば期待出来そう
 
シャイニープリンスの父キングヘイローはリファール系でノーザンダンサー系種牡馬
前走は久々に先行出来て活性化してそうなんで激走後でも楽しみ
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 毎日杯2017 予想

  2. 朝日杯フューチュリティステークス2017 出走予定馬と展望

  3. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 予想

  4. すばるステークス2017 予想

  5. 安田記念2017 出走予定馬と展望

  6. 全日本2歳優駿 2017 予想

おすすめ記事

  1. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  2. クイーンカップ 2018 予想
  3. 愛知杯 2018 予想
  4. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

10人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る