menu
閉じる
  1. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  2. 秋華賞2016 予想
  3. 府中牝馬ステークス2016 予想
  4. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  5. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  6. 京都大賞典2016 予想
  7. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  8. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  9. 有馬記念2015 予想
  10. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
閉じる
閉じる
  1. 鳴尾記念2017 出走予定馬と展望
  2. 目黒記念2017 予想
  3. 日本ダービー2017 予想
  4. 日本ダービー2017 全頭の血統評価というか短評も
  5. 目黒記念2017 出走予定馬と展望
  6. 日本ダービー2017 出走予定馬と展望
  7. オークス2017 予想
  8. 平安ステークス2017 予想
  9. オークス2017 出走予定馬と展望
  10. ヴィクトリアマイル2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

中山記念2016 血統分析~ポイントは路盤改修

 
今年の中山記念で個人的に注目してるのがロゴタイプフルーキーの2頭
 
ロゴタイプ(父ローエングリン、欧州ノーザンダンサー系)
フルーキー(父Redoute’s Choice、ダンチヒ系)
 
共に共通点は父がノーザンダンサー系種牡馬である事
 
この系統は中山記念で好傾向であるので単純に期待してるんですが
 
世間的にはやはりキングカメハメハ産駒ドゥラメンテの復帰戦に目が行ってますし
 
それを包囲するのがリアルスティールを中心にしたディープインパクト産駒軍団
 
そしてフジキセキ産駒イスラボニータにも注目が集まるでしょう
 
そんな馬たちを含めた血統データを調べてみました
 
 
キーワードは2014年に中山競馬場で行われた「路盤改修」
 
 
ディープインパクト産駒 【5.4.3.47】 勝率8.5% 連対率15.3% 複勝率20.3%
 
キングカメハメハ産駒 【3.4.3.22】 勝率9.4% 連対率21.9% 複勝率31.3%
 
欧州ノーザンダンサー系種牡馬 【5.4.10.57】 勝率6.6% 連対率11.8% 複勝率25.0%
 
ダンチヒ系種牡馬 【0.0.1.11】 勝率0.0% 連対率0.0% 複勝率8.3%
 
これは2013年~路盤改修前までの中山1800m成績
 
 
まあこれだけだと比較が出来ないんで・・
 
ディープインパクト産駒 【7.4.4.35】 勝率14.0% 連対率22.0% 複勝率30.0%
 
キングカメハメハ産駒 【5.2.5.32】 勝率11.4% 連対率15.9% 複勝率27.3%
 
欧州ノーザンダンサー系種牡馬 【4.6.7.34】 勝率7.8% 連対率19.6% 複勝率33.3%
 
ダンチヒ系種牡馬 【3.1.3.22】 勝率10.3% 連対率13.8% 複勝率24.1%
 
これが路盤改造後の中山1800m成績
 
 
キングカメハメハ産駒は勝率こそ上がってますが連対率・複勝率はダウン
 
片やディープインパクト産駒は大幅に数字が改修後上がってますね
(欧州ノーザンダンサー系、ダンチヒ系も)

 
 
そして重賞においてはキングカメハメハ産駒・ディープインパクト産駒共に
改修前より改修後のほうが数字は上がってます
 
 
その重賞でも面白い傾向があって
 
ディープインパクト産駒
 
1800m以下【0.3.4.13】
2000m以上【5.2.0.30】
 
1800m以下だと勝ち切れてない(但し複勝率は35%)
 
キングカメハメハ産駒
 
2000m以下【4.2.3.12】
2200m以上【0.1.0.7】
 
2200mを超えるとまるでダメ!ただ2000m以下だと複勝率42.9%とほぼ2頭に1頭は馬券に
 
 
路盤改修後
上のクラスで勝負強いのがキングカメハメハ産駒
ディープインパクト産駒は1800m以下重賞では勝ち切れないですが改修前よりは走れるように
 
これにノーザンダンサー系種牡馬2頭とフジキセキ産駒イスラボニータを加えて
どういう風に印と馬券を組み立てていくか?
 
まだまだ悩ましいところではあります
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. アルゼンチン共和国杯2016 出走予定馬と展望

  2. 中山金杯2016 予想

  3. みやこステークス2016 出走予定馬と展望

  4. ジャパンカップ2016 予想

  5. 京阪杯2016 予想

  6. セントウルステークス2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る