menu
閉じる
  1. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  2. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  3. 秋華賞2016 予想
  4. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  5. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  6. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  7. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  8. 京都大賞典2016 予想
  9. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  10. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
閉じる
閉じる
  1. 中山記念2017 予想
  2. 阪急杯2017 予想
  3. アーリントンカップ2017 予想
  4. 中山記念2017 出走予定馬と展望
  5. アーリントンカップ2017 出走予定馬と展望
  6. 小倉大賞典2017 予想
  7. フェブラリーステークス2017 予想
  8. 京都牝馬ステークス2017 予想
  9. ダイヤモンドステークス2017 予想
  10. 京都牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

鳴尾記念2016 予想

 
6月4日(土)阪神競馬場芝2000mで行われる鳴尾記念2016の予想です
 
 
一時12月の1800m芝で行われていた鳴尾記念でありますが
12年から再びこの時期に移されて今年で5年目
 
意味合い的には宝塚記念の前哨戦でもあるんですが
昨年はここを勝ったラブリーデイが宝塚記念を勝利
ダノンバラード、ショウナンマイティもここを好走して宝塚記念も好走
さらに一昨年はカレンミロティックが4着から宝塚記念2着
 
物凄く宝塚記念と繋がりのあるレースだと言っていいでしょう
 
今年も鳴尾記念で好走した馬が宝塚記念に出て来た場合注目してみたいですね
 

鳴尾記念2016の見解

 
参考にするのは12年以降になりますが
 
ディープインパクト産駒は【0.0.2.4】でキングカメハメハ産駒が2勝
ハーツクライ、ジャングルポケット、Singspiel、ゴールドヘイロー、ステイゴールド
これらを父に持つ馬が好走
 
つまり斬れというよりはパワーやスタミナに長けた血のほうが狙いたくなるレース
 
母父だとミスプロ・米国型ノーザンダンサー・ボールドルーラーの率が高め
 

鳴尾記念2016の予想

 
◎はヤマカツエースにしました
父はこのレース2勝を挙げてるキングカメハメハ
母父グラスワンダーはロベルト系でこのレース母父ロベルトはあまり相性良くはないんですが
逆に宝塚記念とは相性良い血であるのでここで注目してみたいんです
 
○はステファノス
こっちはディープインパクト産駒なんでキンカメよりは下の評価に
母父クロフネはヴァイスリージェント系で米国型ノーザンダンサー系
母父として鳴尾記念で好走率が高い血でありますね
 
結論的には堅く収まりそうな予感・・
 
△の2頭は昨年好走したアズマシャトルにマジェスティハーツ
 
もう1頭の△トラストワンは父マイネルラヴがミスプロ系なんでパワー型
母父デヒアがヴァイスリージェント系で米国型ノーザンダンサー系
 
サトノノブレスは母方がトニービン×ボールドルーラー系
実は母方にトニービン・ボールドルーラーをそれぞれ持つ馬が2年連続で馬券になってます
ただこの馬は今回休み明け7走目
過去前走G1からの臨戦は【2.1.0.1】で一見良さそうな気もするんですが
2勝はいずれも休み明けで2着は休み明け4走目
唯一凡走したのが休み明け6走目だった事を思えばやや使い過ぎか!?
ディープインパクト産駒で疲労も気になるのでここは無印で
 

鳴尾記念の予想印と買い目

 
ヤマカツエース
○ステファノス
△アズマシャトル
△マジェスティハーツ
△トラストワン
×パッションダンス
 
買い目は
◎ー○の馬連
◎ー○△△△の3連複
◎○ー×の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ2016 出走予定馬と展望

  2. 阪急杯2016 出走予定馬と先行予想

  3. 阪神大賞典2016 予想

  4. カペラステークス2016 予想

  5. ホープフルステークス2016 予想

  6. 小倉記念2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る