menu
閉じる
  1. エプソムカップ2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  6. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  7. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  8. 京都大賞典2016 予想
  9. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  10. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
閉じる
閉じる
  1. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  2. 京阪杯2017 出走予定馬と展望
  3. 京都2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  4. ジャパンカップ2017 出走予定馬と展望
  5. マイルチャンピオンシップ 2017 予想 重めの馬場なら穴馬を本命に
  6. 東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 予想
  7. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  8. 東京スポーツ杯2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  9. マイルチャンピオンシップ2017 出走予定馬と展望
  10. エリザベス女王杯 2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

鳴尾記念2017 出走予定馬と展望

 
今週土曜阪神メインレースは鳴尾記念2017
 
 
鳴尾記念は芝2000mで行われる古馬限定の重賞レースでありまして
2012年から再び2000mに舞台を移して行われるようになりました
 
過去5年の勝ち馬の顔触れは
サトノノブレス、ラブリーデイ、エアソミュール、トウケイヘイロー、トゥザグローリー
 
時期的に当然ながら宝塚記念の前哨戦という意味合いが強いレースですが
ここからだと一昨年のラブリーデイが宝塚記念を制してますし
負けた馬の中からも14年カレンミロティックに13年ダノンバラードに12年ショウナンマイティ
この3頭が宝塚記念を好走しており重要な前哨戦という位置付けでいいでしょう
 
そしてこのレース過去5年の1番人気馬の成績は【1.1.0.3】でやや不振の部類
 
スマートレイアー、デニムアンドルビー、マイネルフロスト、ラストインパクト
登録馬ではG1実績のあるこの4頭が注目なんでしょうが
3歳時にクラシック候補と騒がれたバンドワゴンがきさらぎ賞以来の重賞挑戦に
この馬も上で挙げた4頭に負けず劣らずの注目馬になるでしょう
 

出走予定馬と血統表

 

鳴尾記念2017出走予定馬は12頭(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向

 
昨年ワンツーフィニッシュを決めたのがディープインパクト産駒
過去5年の通算成績でも【1.1.2.6】なんで複勝率40%と高いアベレージ
ただ今年の古馬芝重賞でのディープ産駒は勝率3%連対率10.4%と実はボロボロなんです
これらを天秤にかけてどっちを取るか!?
 
ぼんやりですがポイントとなってきそうなのは欧州血統スタミナ血統
例えばステイゴールドやハーツクライといったサンデーでもスタミナ型が人気薄で走ってますし
欧州ノーザンダンサー系種牡馬でサドラーズウェルズの血を引くSingspielも馬券に
そして毎年のようにトニービンが馬券に絡んでるのも特徴的
ブラックタイドにデュランダルにゴールドヘイローと
一見して父がスタミナ型っぽくない馬でも母方には欧州血統を携えて馬券になった馬も居ますから
 

有力馬の考察

 
スマートレイアーの父はディープインパクト
一昨年の米子ステークス以降は全て掲示板となる5着以内で4着以下は全てG1
つまりG1以外だとずっと馬券に絡んでるという事になります(めんどくさいわ~笑)
ホワイトマズル×Groom Dancerの母方は欧州配合
 
バンドワゴンはホワイトマズル産駒でリファール系の欧州ノーザンダンサー系種牡馬
例年開幕週で行われるのでスピード決着になりがち
父が欧州血統なんで母方にはスピードの血の裏付けがあるに越したことはないんですが
Unbridled’s Song(ミスプロ)×General Meeting(ボールドルーラー)
この馬の母方はスピード特化した配合ですね
 
スズカデヴィアスの父はキングカメハメハ
ラブリーデイ、トゥザヴィクトリーとキングカメハメハ産駒は過去5年で2勝
サンデーサイレンス×Seattle Slewの母方はスピード特化した配合
つまり欧州血統はやや不足しているかなあという感じ
 

出走予定馬で気になる馬

 
スズカデヴィアス
ステイインシアトル
スピリッツミノル
バンドワゴン
マイネルフロスト
ミュゼエイリアン
レッドソロモン
 
この7頭の中で最も注目してるのがバンドワゴンで次点がミュゼエイリアン
 
ミュゼエイリアンの父はスクリーンヒーローでロベルト系種牡馬
このレースとロベルト系種牡馬の相性は良くはありません
ただ母父エルコンドルパサーはサドラーズウェルズ内包で母母父Bluebirdは欧州で活躍した馬
2走前は10頭立てを6番手で競馬し、前走は14頭立てを3番手で競馬と馬に活力が戻ってきてる感じ
その前走から延長臨戦になるんですが意外とこのレースは延長臨戦の成績が良いんです
 
先行予想としてはこんな感じ
 

 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. アンタレスステークス2017 出走予定馬と展望

  2. 弥生賞2017 出走予定馬と展望

  3. フェアリーステークス2017 予想

  4. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編

  5. ダービー卿チャレンジトロフィー2017 予想

  6. 金鯱賞2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る