menu
閉じる
  1. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  2. 京都大賞典2016 予想
  3. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  4. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  5. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  6. ホープフルステークス2016 予想
  7. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  8. 秋華賞2016 予想
  9. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  10. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
閉じる
閉じる
  1. ディープインパクト産駒 血統データ 斬れよりパワーな傾向?
  2. オールカマー2018 出走予定馬と展望
  3. 神戸新聞杯2018 出走予定馬と展望
  4. セントライト記念 2018 予想 本命はジェネラーレウーノ
  5. ローズステークス 2018 予想 本命はウラヌスチャーム
  6. オークランドレーシングクラブトロフィーなど2018年9月15日土曜の競…
  7. セントライト記念2018 出走予定馬と展望
  8. ローズステークス2018 出走予定馬と展望
  9. ディープインパクト産駒 血統データ ローズSとセントライト記念に向けて…
  10. 京成杯オータムハンデキャップ 2018 予想 本命はゴールドサーベラス…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

鳴尾記念 2018 予想 武豊マルターズアポジーの逃げに期待

 
6月2日(土)阪神競馬場で行われる鳴尾記念2018の予想です

鳴尾記念は芝2000mで行われる古馬限定の重賞レースでありまして
2012年から再び2000mに舞台を移して行われるようになりました

過去5年の勝ち馬の顔触れは
ステイインシアトル、サトノノブレス、ラブリーデイ、エアソミュール、トウケイヘイロー

時期的に当然ながら宝塚記念の前哨戦という意味合いが強いレースですが
ここからだと一昨年のラブリーデイが宝塚記念を制してますし
負けた馬の中からも14年カレンミロティックに13年ダノンバラードに12年ショウナンマイティ
この3頭が宝塚記念を好走しており重要な前哨戦という位置付けでいいでしょう

土曜早朝時点ではトリオンフが1番人気に推されてますが
最終的にはどうでしょう?トリコロールブルーと争う形になってきそうな気も

この2頭に加えて
ストロングタイタン、マルターズアポジー、サトノノブレス、タツゴウゲキで上位人気を形成

そんな鳴尾記念2018の発走時刻は15:35になっております
 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去6年における鳴尾記念1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
 
血統傾向は割とはっきりしてるレースではないかと

まずサンデー系種牡馬が圧倒的に優勢であるという事

ディープインパクト
ステイゴールド
ブラックタイド

その中でも特にこの3種牡馬を父に持つ馬は注目でしょう

母方はもっと特徴が出てまして

ボールドルーラー
ロベルト
トニービン
ダンチヒ

人気より着順が上だった馬を見るとこの4系統のいずれかを持つ馬が複数馬券に
 

鳴尾記念2018の予想

 
◎はマルターズアポジーにしました
父ゴスホークケンはストームキャット系で非サンデーのノーザンダンサー系種牡馬
しかし母方がOld Trieste×Sunshine Foreverという配合
これがボールドルーラー×ロベルトになるので人気より走れそうな血統を持ってます
前走ダービー卿CTを迎えるまでこの馬が凡走してたレースは
アップ戦と2000mで前半33.9とハイペースすぎた七夕賞位なものだったので
G2中山記念からのダウン戦となる前走はタイミング的に悪くないと思い◎を打ちましたが9着
その時の予想にも書いたんですが
但しこれら凡走したレースがアップ戦というより単純に疲労で走れなくて凡走したのならば
前走中山記念が6番人気3着と好走した後なので危ないのかもしれない?
でもこれに関しては今回が終わってから結論を出してもいいのかなと
という事で前走は中山記念の疲労が出たという事で結論付け!
つまり今回ここはリセットされてる場面になるので再度期待してみます
 
 
相手本線はマルターズアポジーが近走走った(逃げた)レースでよく馬券になる血
父か母父にノーザンダンサーの血を持つ馬=つまりノーザンダンサーの血が前面に出てる馬
とにかく前半から淀みない流れで逃げを打ち平均質のレースラップになりがち
スローのよーいドンにはなり難いのでこの血が有効なんでしょう
 
 
○はトリコロールブルー
過去ステイインシアトルとエクスペディションが好走してるステイゴールド産駒
ここまで重賞のアップ戦で苦戦してるのがやや気になりますが
前走大阪城SがOPとは言えアップ戦で勝利
そこからうまく間隔を開けての臨戦ですし母父Pivotalがノーザンダンサー系
2走前が条件戦でメンバー的に鮮度があるのも良いでしょう
 
 
▲はストレンジクォーク
少頭数&外枠&間隔を開けての臨戦
これは父そして母父からしてベスト条件とも思えるので評価してみます
もちろんノーザンダンサーの血が前面に出た馬でもあるので
 
 
トリオンフは父タートルボウルがノーザンダンサー系種牡馬
3連勝で迎えた初G1大阪杯でスワーヴリチャードを追い掛けて失速
その後ダウン戦だった新潟大賞典では1番人気で4着
ちょっとリズムを崩した可能性もありますが前走より条件的には悪くなさそう
 
 
タツゴウゲキは母父Singspielがノーザンダンサー系
間隔は非常に開いてますが阪神のマーベラスサンデーと考えれば押さえておいても
 
 
サトノノブレスはディープインパクト産駒に母方がトニービン×ボールドルーラー
前走は2走前との比較で走る訳ないタイミングでしたから苦→楽になるのは良い
ただその2走前は逃げてのものでここは逃げられないのは明白だけに
 

予想印と買い目

 
マルターズアポジー
○トリコロールブルー
▲ストレンジクォーク
△トリオンフ
△タツゴウゲキ
△サトノノブレス

買い目は
◎の単
◎→○▲△△△の馬単
◎ー▲のワイド
(◎○ー▲△△△の3連複)
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 日経賞 2018 予想 穴馬チェスナットコート狙い撃ち

  2. チューリップ賞 2018 予想 ディープ産駒サラキアに賭けます

  3. 安田記念2018 出走予定馬と展望

  4. 阪神大賞典2018 出走予定馬と展望

  5. 中山牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望

  6. レパードステークス 2018 予想 本命はヒラボクラターシュ

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

12人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る