menu
閉じる
  1. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  2. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  3. 府中牝馬ステークス2016 予想
  4. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  5. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  6. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  7. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  8. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  9. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  10. クイーンカップ 2018 予想
閉じる
閉じる
  1. 宝塚記念2018 出走予定馬と展望
  2. ユニコーンステークス 2018 予想 本命は複勝率100%データも後押…
  3. 函館スプリントステークス 2018 予想 アドマイヤゴッド本命で穴狙い…
  4. 天保山SにHTB杯など2018年6月16日土曜の競馬予想
  5. ユニコーンステークス2018 出走予定馬と展望
  6. 函館スプリントステークス2018 出走予定馬と展望
  7. マーメイドステークス 2018 予想 ヴァフラームの持つ欧州血統に期待…
  8. エプソムカップ 2018 予想 重い馬場想定で印は決めました
  9. アハルテケSに安芸Sなど2018年6月9日土曜の競馬予想
  10. 【エプソムC&マーメイドS2018】 重馬場で浮上しそうな種牡馬
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

根岸ステークス2017 予想

 
1月29日(日)東京競馬場ダート1400mで行われる根岸ステークス2017の予想です
 
 
根岸ステークスは来月行われるフェブラリーステークスのステップレース
根岸ステークス1着馬にはフェブラリーステークスの優先出走権が与えられております
施行時期や条件がこれまで変わったりしてきましたが2001年よりこの時期・距離に落ち着きました
 
昨年はモーニンが勝ってその後フェブラリーステークス勝ちに繋げましたが
基本的には根岸ステークスはフェブラリーステークスとの直結度は薄目
 
果たしてここからフェブラリーステークス好走馬が出て来るのか!?
レース自体は楽しみなメンバーが揃いましたよ
 
そして今年は人気の形成が面白くて
上がり馬的な馬が上位人気のほうにいて実績馬がその下をいってる感じがします
そんな中で1番人気はカフジテイク
前走チャンピオンズカップはあわやの4着で前々走武蔵野ステークスは3着
そこそこ来てはいるんですがあと一歩というところで今回は適距離とも言える舞台で人気に
フェブラリーステークスに向けては是が非でもここで賞金加算はしておきたいでしょう
 
そんな根岸ステークス2017の発走時刻は15:45になっております
 

根岸ステークス2017の見解

 
サンデー系種牡馬VSパワー型種牡馬という構図になりそうなんですが
 
サンデー系種牡馬は13年と14年に上位独占しており
過去5年では【3.2.3.16】で複勝率33.3%となかなかで単複回収値も100を超えてきております
 
パワー型種牡馬で注目なのは米国型ノーザンダンサー系エーピーインディ系
米国型ノーザンダンサー系【2.1.0.7】
エーピーインディ系【0.1.1.4】
過去5年では複勝率で共に30%を超えてますので
 
逆にパワー型種牡馬の代表ともいえるミスプロ系が意外や奮わないんです
過去5年では【0.0.1.22】ですからねえ
 
母方ではスピード持続力に長けた血を持つ馬に注目してみたいです
昨年は2・3着馬が母父ボールドルーラーで一昨年3着馬がサンデー×ノーザンテースト
 
臨戦では短縮>同距離>延長という順で数字が出ております
延長は【0.1.1.28】短縮では1600m組【3.0.1.5】というデータがあり(過去5年)
 

根岸ステークス2017の予想

 
◎はエイシンバッケンにしました
父ヨハネスブルグが米国型ノーザンダンサー系でストームキャット系
昨年・一昨年の勝ち馬が実はストームキャット系なんですよね~
母方にはサンデーサイレンスとトウショウボーイを持ってるのでスピードの血という意味ではいい
祖母エイシンルーデンスも芝重賞勝ち馬で配合的にはかなりここへの適性は高そう
 
○はラストダンサー
父はキングカメハメハでミスプロ系ではあるんですが・・一昨年3着アドマイヤロイヤルと同じ父
評価したのはダート重賞におけるキングカメハメハ産駒のアップ戦の率が高い事
今回ラストダンサーは前走霜月ステークスからの臨戦なんでアップ戦ですし間隔開けてるのも好感
母父サンデーサイレンスはスピードありますし半兄にはこのレース勝ち馬ワイルドワンダー
 
▲はキングズガード
父シニスターミニスターはエーピーインディ系種牡馬
メンバー中唯一の1600mからの短縮臨戦というのは異端性があり魅力的ですね
 
△ベストウォーリアはMajestic Warrior産駒なんでエーピーインディ系種牡馬
過去の成績を見てもG1からのダウン戦にはきっちり反応してるので
前走G1JBCスプリントからの臨戦はいいでしょうか
あとは久々の中央重賞でスピード負けしなければといった感じ
 

根岸ステークス2017の予想印と買い目

 
エイシンバッケン
○ラストダンサー
▲キングズガード
△ベストウォーリア
×ブルミラコロ
×ニシケンモノノフ
×タールタン
 
買い目は
◎ー○▲△の馬連
◎ー○のワイド
◎ー○▲ー▲△×××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 秋華賞2017 出走予定馬と展望

  2. キーンランドカップ2017 出走予定馬と展望

  3. 青葉賞2017 予想

  4. きさらぎ賞2017 出走予定馬と展望

  5. 毎日王冠2017 出走予定馬と展望

  6. スプリングステークス2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

12人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る