menu
閉じる
  1. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  2. 愛知杯 2018 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  5. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  6. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  7. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  8. 京都大賞典 2017 予想
  9. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  10. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
閉じる
閉じる
  1. 葵ステークス2018 出走予定馬と展望
  2. 日本ダービー2018 出走予定馬と展望
  3. オークス 2018 予想 本命は人気でも2冠期待でアーモンドアイ
  4. 平安ステークス 2018 予想 素直に?テイエムジンソク本命
  5. オークス 2018 血統評価 出走馬18頭全頭編
  6. 平安ステークス2018 出走予定馬と展望
  7. オークス2018 出走予定馬と展望
  8. ヴィクトリアマイル 2018 予想 甦れレーヌミノル!母方の血に惹かれ…
  9. 京王杯スプリングカップ 2018 予想 結果的に本命は超穴馬に!
  10. ヴィクトリアマイル 2018 血統評価 出走馬18頭全馬編
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

根岸ステークス2018 出走予定馬と展望

 
今週日曜東京競馬メインレースは根岸ステークス2018

根岸ステークスは1400mで行われるダート重賞でありまして
来月行われるG1フェブラリーステークスのステップレースという位置付け
当レース1着馬にはフェブラリーステークスの優先出走権が与えられております
施行時期や条件がこれまで変わったりしてきましたが2001年よりこの時期・距離に落ち着きました

これまで基本的にはフェブラリーステークスとの直結度は薄目だったレースでありましたが
一昨年は1着のモーニンが、昨年はワンツーだったカフジテイクとベストウォーリアが
ここを好走し後のフェブラリーステークスでも好走とやや直結度合いが増して来てる感も
今年も果たして直結するのかどうか!?

昨年のワンツーだったカフジテイク&ベストウォーリア
他にはニシケンモノノフ、ノンコノユメ、キングズガード、サンライズノヴァらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

これが根岸ステークス2018出走予定馬16頭の3代血統表(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年における根岸ステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの

良馬場と湿った馬場の時の結果を分けて考えた方がいいんでしょうね基本的には・・
(近5年だと15年&16年が湿った馬場で昨年と13年&14年が良馬場)

13年&14年はサンデー系種牡馬が上位独占し
昨年も末が斬れるカフジテイクとエイシンバッケンが1.3着と良馬場では瞬発力系がいい印象
ただそこに固執しすぎるとダメなような気もするので(笑)大枠で見ていきましょう

まずはノーザンダンサー系種牡馬がまずまず好相性で特に湿れば要注意
エーピーインディ系種牡馬が2年続けて馬券になっておりいずれもが人気より着順が上

逆にフォーティナイナー系種牡馬が過去10年では2勝してるものの
それ以外のミスプロ系種牡馬は不振で【0.0.2.38】(過去10年)

あと全体的にはスピード持続力に長けた血を持つ馬に注目してみたいですね
これはボールドルーラーやテスコボーイやノーザンテーストといった血を指すんですが
昨年1.3着馬が母方にテスコボーイ、昨年2着馬が父がボールドルーラー
一昨年は2.3着馬が母父ボールドルーラーで(2着馬は父もボールドルーラー)
15年3着馬がサンデー×ノーザンテースト

臨戦では短縮>同距離>延長という順で数字が出ております
延長は【0.1.1.23】短縮では1600m組【3.0.1.6】1800m組【1.1.1.3】(過去5年)
 

上位人気が予想される馬の父に特徴あり!

 
今回上位人気が予想されている
カフジテイク
キングズガード
アキトクレッセント
この3頭のそれぞれの父にちょっとした特徴があるのでそれをここで紹介しておきます
 
 
カフジテイク(父プリサイスエンド)


これはプリサイスエンド産駒における全ダート短縮臨戦時のクラス別成績

とにかくクラスが上がるほどに成績がアップしているというのが特徴的であります
(特にOP特別の成績が秀逸)
ちなみに重賞の好走2度はいずれもがカフジテイク自身のもの

今回カフジテイクは1800m→1400mの短縮臨戦になりますがどうでしょうね??
 
 
キングズガード(父シニスターミニスター)


これらがシニスターミニスター産駒で活躍した2頭の成績表

赤枠で囲ったのが前走からのダウン戦で馬券になったレースであるんですが
2頭共にダウン戦のほうが良い反応を示してる事が分かるかと思うんです

で、キングズガードの成績はどうなのかというと

これを見てもらえれば分かると思うんですが
上級条件に上がってからは全てのダウン戦できっちりと反応し馬券になっておりました
シニスターミニスター産駒の上級馬はダウン戦に反応しやすいという説も!?

今回キングズガードは前走チャンピオンズカップG1からのダウン戦になります
 
 
アキトクレッセント(父ウォーエンブレム)


これはウォーエンブレム産駒における全重賞レースでの前走クラス別成績

とにかく前走条件戦からつまりアップ戦の数字が良い事に気付かされます
(OP特別からの数字は良いものではありませんが・・)


ちなみにこれはウォーエンブレム産駒における全OPレースでの前走クラス別成績

ここでも条件戦からの臨戦つまりアップ戦での成績が良いですね

アキトクレッセントは4走前のプロキオンSこそアップ戦で12着と跳ね返されましたが
2走前の武蔵野Sではアップ戦で15番人気3着と見事に反応
今回は前走ギャラクシーSがOP特別だったのでアップ戦になりますが果たして!?
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ダイヤモンドステークス 2018 予想

  2. きさらぎ賞2018 出走予定馬と展望

  3. 2018年2月3日土曜の競馬予想

  4. 天皇賞春 2018 血統評価 出走馬17頭全馬編

  5. アーリントンカップ 2018 予想 ダノンスマッシュの巻き返しに…

  6. スプリングステークス2018 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る