menu
閉じる
  1. 有馬記念2015 予想
  2. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  3. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  4. チャンピオンズカップ2016 予想
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  6. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  7. ホープフルステークス2016 予想
  8. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  9. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  10. エプソムカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 宝塚記念2017 予想
  2. 宝塚記念2017 全頭の血統評価と短評~重馬場も少し想定
  3. 宝塚記念2017 出走予定馬と展望
  4. 函館スプリントステークス2017 予想
  5. ユニコーンステークス2017 予想
  6. 天保山ステークス2017 予想
  7. ジューンステークス2017 予想
  8. エプソムカップ2017 予想
  9. マーメイドステークス2017 予想
  10. ベルモントステークス2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

根岸ステークス2016 モーニンの好走確率は高い!?~Henny Hughes産駒の血統データ~

 
今週の根岸ステークス2016で注目したいのが
デビューから無傷の4連勝で挑んだ前走(武蔵野S)で
後のチャンピオンズカップ2着馬ノンコノユメを差し置いて1番人気に推されたモーニン
結果は3着に終わったんですがここも人気に推されることは必至
 
 
そんなモーニンの父はHenny Hughes
なかなか馴染みがないお父さんと言えそうで実際中央で走った馬は14頭のみ
それでもなかなかの少数精鋭でして
 
ヘニーハウンド(11年ファルコンS)
ケイアイレオーネ(13年シリウスS)
アジアエクスプレス(13年朝日杯FS、14年レパードS)
 
14頭中3頭が重賞勝ち馬というレベルの高さ
 
 
そしてダート戦では
 
【20.7.11.71】 勝率18.3% 連対率24.8% 複勝率34.9% 単回収175 複回収115
 
Henny Hughesはストームキャットの系統なんですが
それらしくダートでなかなかの数字を残してますね
 
 
その中でも特に成績が優秀なのが短縮臨戦の馬
 
【5.3.4.15】 勝率18.5% 連対率29.6% 複勝率44.4% 
 
全体の成績と照らし合わせると勝率は変わらないんですが連対率・複勝率がかなり高くなっており
馬券の軸という意味では短縮臨戦は信頼できそうな気もしますね
 
そしてその5勝全てが1200mまたは1400mという短距離戦でのものでありました
 
 
今回のモーニンは前走武蔵野Sが1600mだったので短縮臨戦の1400m
かなりの確率で好走するのではないか?というのが現時点の考えです
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 佐賀記念2016 予想

  2. 目黒記念2016 予想

  3. マリーンカップ2016 予想

  4. 福島牝馬ステークス2016 出走予定馬と展望

  5. 大阪杯2016 予想

  6. 共同通信杯2016 出走予定馬と先行予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る