menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 予想
  2. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  3. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  4. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  5. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  6. ホープフルステークス2016 予想
  7. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  8. エプソムカップ2016 予想
  9. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  10. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
閉じる
閉じる
  1. 宝塚記念2017 予想
  2. 宝塚記念2017 全頭の血統評価と短評~重馬場も少し想定
  3. 宝塚記念2017 出走予定馬と展望
  4. 函館スプリントステークス2017 予想
  5. ユニコーンステークス2017 予想
  6. 天保山ステークス2017 予想
  7. ジューンステークス2017 予想
  8. エプソムカップ2017 予想
  9. マーメイドステークス2017 予想
  10. ベルモントステークス2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

根岸ステークス2016 出走予定馬と先行予想

 
今週日曜東京メインは根岸ステークス2016
 
 
モーニン、タガノトネール、アンズチャン、レーザーバレット他計22頭が出走予定
 
 
【根岸ステークス2016出走予定馬と血統表】
根岸ステークス2016出走予定馬
 
エイシンヴァラー、アキトクレッセント、フィールザスマート
アスコットシチー、ワンダーコロアール、セカンドテーブル
 
以上6頭が除外対象になっております
 
 
まず根岸ステークスの血統傾向ですが
父サンデー系父ノーザンダンサー系がよく好走してますね
逆にダートで強い父ミスプロ系が案外奮わない結果となっております
 
あとは母方にノーザンダンサー系の血を持つ馬が非常に好相性になってまして
過去5年の3着内馬15頭のうち実に12頭がこれに該当
 
 
モーニンの父Henny Hughesはノーザンダンサー系
産駒にはアジアエクスプレス・ケイアイレオーネという2頭のダート重賞勝ち馬がいます
Henny Hughes産駒は短縮臨戦の数字が良くて今回モーニンは1600mからの短縮臨戦
 
タガノトネールの父ケイムホームはミスプロ系
ミスプロ系の数字はあまり良くない根岸ステークスですが
前走1600m=武蔵野S組の相性はいいんでそこが何とも悩ましいところ
 
アンズチャンは父フレンチデピュティがノーザンダンサー系
前走1200mジャニュアリーステークスからの臨戦になりますが
このレース延長臨戦の数字が悪くさらに前走ジャニュアリーS組の相性は最悪であります
 
 
グレープブランデー
サクラエール
タガノトネール
プロトコル
マルカフリート
モーニン
レーザーバレット
 
出走予定馬の中でとりあえず気になるのがこの7頭
 
 
この中で最も注目してるのがサクラエールで次点がモーニン 
 
サクラエールの父はタガノトネールと同じケイムホームなんでミスプロ系
父からは推しにくいものの母母父マルゼンスキーがノーザンダンサー系というのが魅力
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 根岸ステークス2016 予想

  2. 富士ステークス2016 予想

  3. 小倉大賞典2016 予想

  4. ファルコンステークス2016 予想

  5. スプリングステークス2016 予想

  6. ターコイズステークス2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る