menu
閉じる
  1. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  2. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  3. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  4. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  5. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  6. チャンピオンズカップ2016 予想
  7. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  8. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  9. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  10. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
閉じる
閉じる
  1. 菊花賞 2017 予想 台風により重い馬場に不良道悪を当然想定
  2. 富士ステークス 2017 予想 重馬場対応ですねやはり
  3. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  4. 富士ステークス2017 出走予定馬と展望
  5. 菊花賞2017 出走予定馬と展望
  6. 秋華賞 2017 予想 重い馬場になる事に賭けた本命
  7. 府中牝馬ステークス 2017 予想
  8. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  9. 府中牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  10. 秋華賞2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ニュージーランドトロフィー2016 出走予定馬と先行予想

 
 
今週土曜中山メインはニュージーランドトロフィー2016
 
3着までにNHKマイルカップへの優先出走権が与えられるのがニュージーランドトロフィー
 
今年は23頭が出走予定で賞金上位の14頭が出走を既に確定
残り2頭の出走枠を巡って以下の9頭が抽選対象になっております
 
カキツバタチグサ、グランリゲル、ジュンザワールド、ストーミーシー、ダノンスパーク
ディープエクシード、トーアライジン、マテラアリオン、モーゼス
 

ニュージーランドトロフィー2016出走予定馬と血統表

ニュージーランドトロフィー2016出走予定馬

 

ニュージーランドトロフィーの血統傾向

昨年はキングカメハメハ産駒が勝利
改修後の中山1600m重賞はキングカメハメハを中心にキングマンボ系種牡馬が好相性でもあり
 
そして昨年の1・2着馬は母方がロベルト×ヴァイスリージェントという配合
3着馬も母父がダンチヒ系だった事を思えばパワー血統特にパワー型ノーザンダンサー系には注意
 
さらにパワー型ノーザンダンサー系ではないものの
同じノーザンダンサーでも欧州のサドラーズウェルズの血も改修後の中山1600m重賞で非常に好調
 

ニュージーランドトロフィー2016有力馬の考察

1番人気が予想されてるアストラエンブレムはダイワメジャー産駒
改修後の中山1600m重賞でダイワメジャー産駒は【0.0.0.9】と不振
改修前は成績良かっただけにこの苦戦は気になるところ(9頭中4番人気以内が3頭)
母方ウォーエンブレム×ヘクタープロテクターはパワー配合
 
レインボーラインはステイゴールド産駒で昨年2着のグランシルクも同じ父
ただ改修後ステイゴールド産駒は基本中山1600mだと上のクラスでは苦戦傾向
母父フレンチデピュティはパワー型ノーザンダンサー系でこの時期こその血統ではあり
 
ダンツプリウスはブライアンズタイム産駒なんでロベルト系種牡馬
実はこのロベルトの血が改修後の中山1600m重賞で相性抜群
しかも母母父がパワー型ノーザンダンサー系のStorm Catと血統的にはかなり惹かれます
 

ニュージーランドトロフィー2016出走予定馬で気になる馬

キャプテンペリー
ジュンザワールド
ダノンスパーク
ダンツプリウス
ハレルヤボーイ
レインボーライン
 
この6頭の中で最も注目してるのがダンツプリウス
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. オークス2016 予想

  2. ジャパンカップ2016 予想

  3. 菊花賞2016 出走予定馬と展望

  4. スプリンターズステークス2016 出走予定馬と展望

  5. マーチステークス2016 予想

  6. フェアリーステークス2016 出走馬と先行予想

おすすめ記事

  1. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  2. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  3. 京都大賞典 2017 予想
  4. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  5. ホープフルステークス2016 予想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る