menu
閉じる
  1. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  2. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  3. 府中牝馬ステークス2016 予想
  4. エプソムカップ2016 予想
  5. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  6. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  7. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  8. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  9. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  10. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
閉じる
閉じる
  1. ジャパンカップ2017 出走予定馬と展望
  2. マイルチャンピオンシップ 2017 予想 重めの馬場なら穴馬を本命に
  3. 東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 予想
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. 東京スポーツ杯2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  6. マイルチャンピオンシップ2017 出走予定馬と展望
  7. エリザベス女王杯 2017 予想
  8. 福島記念 2017 予想
  9. 武蔵野ステークス 2017 予想
  10. デイリー杯2歳ステークス 2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ニュージーランドトロフィー2016 予想

 
 
4月9日(土)中山競馬場1600mで行われるニュージーランドトロフィー2016の予想です
 

ニュージーランドトロフィー2016の見解

路盤改修後に初めて行われた昨年の同レースではキングカメハメハ産駒が勝利
改修後の中山1600m重賞はキングカメハメハを中心にキングマンボ系種牡馬が非常に好相性
 
あと昨年の1・2着馬は母父がロベルトでしたが
このロベルトの血も改修後の中山1600m重賞でとことん相性の良い血の一つ
先週ダービー卿チャレンジトロフィーを勝ったマジックタイムも母父ロベルト系でした
 

ニュージーランドトロフィー2016の予想

◎はハレルヤボーイ
父トーセンファントムはサンデー系
産駒の芝成績は1500m・1600mに良績が集中しており1800m以上は【0.0.1.22】
従って1800m→1600mへの距離短縮は魅力的に感じます
さらに父ではないものの母父がキングカメハメハ
実は母父キングマンボ系も改修後の中山1600m重賞で【0.1.1.3】と結果を出してますし
 
○はダンツプリウス
父ブライアンズタイムはロベルト系種牡馬
昨年の同レース1・2着馬が母母父ヴァイスリージェント系で3着馬も母父ダンチヒ系
つまり母方にパワー型ノーザンダンサー系の血を持つ馬が上位を占めたという事になるんですが
ダンツプリウスは母母父がパワー型ノーザンダンサー系のStorm Cat
 
▲はレインボーライン
ステイゴールド産駒で昨年2着のグランシルクも同じ父
母父フレンチデピュティがヴァイスリージェントなんでパワー型ノーザンダンサー系
 

ニュージーランドトロフィー2016の予想印と買い目

ハレルヤボーイ
○ダンツプリウス
▲レインボーライン
△モンスターキング
△キャプテンペリー
△ダノンスパーク
 
買い目は
◎の単
◎ー○▲のワイド
◎ー○▲△△△の3連複
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 中山金杯2016 予想

  2. 日経賞2016 予想

  3. ラジオNIKKEI賞2016 血統データ~穴馬は偏った血統構成馬…

  4. レパードステークス2016 予想

  5. 京都金杯2016 出走予定馬と先行予想

  6. デイリー杯2歳ステークス2016 予想

おすすめ記事

  1. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る