menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  2. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  3. 愛知杯 2018 予想
  4. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  6. 有馬記念2015 予想
  7. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  8. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  9. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  10. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
閉じる
閉じる
  1. お知らせです
  2. エルムステークス 2018 予想 本命はリッカルド
  3. 関屋記念 2018 予想 本命はベルキャニオン
  4. レパードステークス 2018 予想 本命はヒラボクラターシュ
  5. 小倉記念 2018 予想 本命はサトノクロニクル
  6. クイーンステークス 2018 予想 本命はエテルナミノル
  7. アイビスサマーダッシュ 2018 予想 本命はラインスピリット
  8. アイビスサマーダッシュ2018 出走予定馬と展望
  9. 【重賞結果】中京記念2018&函館2歳ステークス2018
  10. 函館2歳ステークス 2018 予想 本命はスズカカナロア
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

新潟大賞典 2018 予想 久々ステイインシアトルの激走に期待

 
5月6日(日)新潟競馬場で行われる新潟大賞典2018の予想です

新潟大賞典は芝2000mで行われる古馬ハンデキャップ重賞
トップハンデ馬は58㎏を背負うステファノス
最も軽い馬ハッピーユニバンス・ロッカフラベイビーとの差は7㎏

直近5年のこのレースの勝ち馬の顔触れは
サンデーウィザード、パッションダンス、ダコール、ユールシンギング、パッションダンス
これらは全て1番人気馬ではなかったんですが・・それもそのはずで
実に06年オースミグラスワンが勝利して以降1番人気馬が勝っておりません

今年その1番人気に推されてるのが前走G1からの臨戦となるトリオンフ
松田大作騎手も久々の重賞制覇なるか!?に注目です
(15年クイーンSメイショウスザンナ以来)

以下、ステファノス、マイスタイル、ハクサンルドルフ、スズカデヴィアスという人気順に

そんな新潟大賞典2018の発走時刻は15:20になっております
 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去10年における新潟大賞典1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
 
昨年はネオユニヴァース→ブラックタイドというサンデー系種牡馬同士の決着でしたが
この2頭はサンデー系でも勝ち鞍がダート>芝なんでパワータイプでもあり

その2頭込みで過去5年の人気より着順が上だった馬の母方の血を見て行くと

17年3番人気1着 サンデーウィザード(Include×ミスプロ系)
17年11番人気2着 マイネルフロスト(ロベルト系×ダンチヒ系)
16年10番人気1着 パッションダンス(母父ミスプロ系)
16年8番人気3着 シャイニープリンス(母父アリダー系)
15年5番人気1着 ダコール(母父ミスプロ系)
15年13番人気2着 ナカヤマナイト(母父アリダー系)
13年3番人気2着 アドマイヤタイシ(ミスプロ系×ダンチヒ系)

なるほど!眺めるとパワーが強調されてる馬ばかりですね

母父サンデーだったユールシンギングにアルフレードの2頭は共に父がシンボリクリスエス
これはロベルト系でもパワー型の種牡馬だったので
このレースはこのパワーの血を持つ馬を中心に考えてもいいのかもしれません
 

新潟大賞典2018の予想

 
◎はステイインシアトルにしました
別にイチローのニュースがあったからではありませんよ(笑)
馬のタイプ的に「長い直線でどうやろ?」「逃げれなかった時どうやろ?」とは思います
ただ母方のBelong to Me(ダンチヒ系)×Seattle Slew(ボールドルーラー系)配合がここではいい!
パワーも強調されつつスピード持続力も強調
従って長い直線でも粘り込める血統配合かもしれないなと期待は持てます
父ステイゴールドはサンデー系種牡馬で産駒は土曜の外回りで人気以上に2頭が馬券になっていて
今開催の新潟外回りで人気より着順が上だった馬はほとんどサンデー系種牡馬
恐らくピンかパーかでしょうし◎でいってみましょう!休み明けで元気はあるでしょうしね
 
 
○はマイスタイル
父はスタミナ型サンデー系ではあるものの母方の配合はパワー&スピードが強調されてますね
馬体減の後で間隔が詰まってるのがどうかなあ?とは思った分だけ対抗
前走の字面的に疲労ストレスはなさそうですが
その前走は割とタイトなペースでのものだっただけに本命までは打てませんでした
 
 
▲はステファノス
ディープインパクト産駒ですので前走G1からのダウン戦は走れそうなタイミング
ただこの馬は近走ダウン戦では2.3着まででアップ戦でも立ち向かえるタイプ
ならば印の落としどころとしては3番手位になっちゃいます
評価出来るのは母方のクロフネ×Seeking the Goldのパワーとスピードが強調された配合
 
 
スズカデヴィアスは母父サンデーでも父キングカメハメハがパワーはあり
間隔開けての臨戦もキンカメですから悪くないでしょう
 
 
カレンラストショーの父タニノギムレットはロベルト系でこのレースで実績有り
さらに母母父Kris S.もロベルト系でシンボリクリスエスの父にあたる
ロベルト系がそれなりに相性良いレースでもある中で唯一のロベルト持ちであるので
 
 
アウトライアーズは父がネオユニヴァースの血をひくサンデー系ヴィクトワールピサで
母方もフレンチデピュティにIcecapadeならパワーもあるので面白そうではあり
近2走は着順が悪いながらも上がりの脚は上位でありましたから
 

予想印と買い目

 
ステイインシアトル
○マイスタイル
▲ステファノス
△スズカデヴィアス
△カレンラストショー
△アウトライアーズ

買い目は
◎の単
◎ー○▲△△△の馬連
◎ー○▲のワイド
 
印なら馬連万馬券やったのに・・買ってへんがな(笑)
結局ワイドのみ的中でした


 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ダイヤモンドステークス2018 出走予定馬と展望

  2. きさらぎ賞 2018 予想

  3. 日経新春杯 2018 予想

  4. 中山記念2018 出走予定馬と展望

  5. 中京記念 2018 予想 本命はロジクライ

  6. 日経新春杯2018 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

13人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る