menu
閉じる
  1. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  2. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  3. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  4. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  5. 京都大賞典 2017 予想
  6. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  7. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  8. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  9. 秋華賞2016 予想
  10. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
閉じる
閉じる
  1. フローラステークス2018 出走予定馬と展望
  2. マイラーズカップ2018 出走予定馬と展望
  3. 福島牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  5. アンタレスステークス 2018 予想 穴馬アルタイルで勝負
  6. アーリントンカップ 2018 予想 ダノンスマッシュの巻き返しに期待
  7. 皐月賞 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編
  8. アンタレスステークス2018 出走予定馬と展望
  9. アーリントンカップ2018 出走予定馬と展望
  10. 皐月賞2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

新潟記念2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜新潟メインレースは新潟記念2017
 
 
新潟記念は芝2000mで行われる3歳以上の重賞レース
サマー2000シリーズの最終戦に指定されています
尚、このレースはハンデキャップ戦になっており
今年のトップハンデ馬は57.5㎏のラストインパクト
 
過去5年の当レース勝ち馬は
16年 アデイインザライフ
15年 パッションダンス
14年 マーティンボロ
13年 コスモネモシン
12年 トランスワープ
 
そしてこのレース過去5年の1番人気馬の成績は【1.1.0.3】と不振傾向
15年は6→9→13番人気、13年は10→8→7番人気、12年は7→9→8番人気
1番人気が消えた時は上位人気もまとめて消えちゃうという不思議な決着に
 
今年1番人気が予想されるのはアストラエンブレム
重賞こそ未勝利ですがデビュー以来全て4着以内という安定感を誇ってます
 
アストラエンブレム以外の主な登録馬は
タツゴウゲキ、トーセンバジル、マイネルフロスト、ルミナスウォリアーらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

 
新潟記念2017出走予定馬は17頭(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向

 

 
これは過去10年における新潟記念1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
こうしてみると圧倒的にサンデー系種牡馬が馬券になってるのが分かります
その中でもディープインパクト産駒は凄まじく走ってますね
 
あとはステイゴールドやダンスインザダークにアドマイヤベガが馬券になってる点から
スタミナ型のサンデー系が狙いやすいように思えますね
これは欧州ノーザンダンサー系種牡馬のオペラハウスとファルブラヴが好走してる所からも納得
 
母方はノーザンダンサーの血を持つ馬!これにつきます
特にヌレイエフリファールといった血は複数馬券になってるので要注意
 
16年2着 アルバートドック(母父ヌレイエフ)
15年1着 パッションダンス(母母父リファール)
14年1着 マーティンボロ(母父ヌレイエフ)
14年2着 クランモンタナ(母母父リファール)
13年2着 エクスペディション(母父リファール)
 

有力馬の考察

 
アストラエンブレムの父はダイワメジャーなんでサンデー系種牡馬
ただこの馬は末も斬れるのでダイワメジャーっぽくないダイワメジャーですが・・
それでもスタミナ型サンデーが有利な傾向の中でややズレる感は否めず
この馬自身間隔を開けての臨戦は問題ないとは思うんですが
間隔を開けての臨戦&延長という臨戦は初めて
このパターンでのダイワメジャー産駒=特に古馬がまるでダメな成績
母方もミスプロ系配合で血統的にはここにマッチしてない感はあり
人気が予想されるのでわざわざ重い印は打つ事はしない予定
 
トーセンバジルは父ハービンジャーが欧州ノーザンダンサー系種牡馬
休み明けに前走G1からのダウン戦とハービンジャーが走りそうなタイミングではあり
ただ今回は久々の短縮臨戦と2000mで忙しさを感じてしまいそうなのがどうか?
母方はクラフティワイフの一族なんで短いのは問題なさそうではあるんですが・・
母母父ノーザンテーストがノーザンダンサー系になります
 
マイネルフロストの父はブラックタイドでサンデー系種牡馬
キタサンブラックを出してるとはいえスタミナ型サンデーとはややズレるでしょうか
母母父Dayjurはダンチヒ系でノーザンダンサー系になるんですが
休み明け後11人気2着→7人気3着と来て前走も5人気2着とこれで3戦連続激走
しかもその前走は33.9-36.6とかなり先行馬にとってはキツイ流れの中だったので
さすがに今回こそは疲労が懸念されますが・・まして3~4人気が予想される今回は尚更
 

出走予定馬で気になる馬

 
カフジプリンス
ソールインパクト
タツゴウゲキ
トーセンバジル
ハッピーモーメント
マイネルスフェーン
 
この6頭の中で最も注目してるのがソールインパクトで次点がタツゴウゲキ
という事にしたんですが・・(笑)
 
ソールインパクト(前走七夕賞◎)
タツゴウゲキ(前走小倉記念▲)
 
2頭共に前走がタイミング的に走れそうという事で私自身重い印を打った後だけに・・
ソールインパクトもタツゴウゲキもサンデー系種牡馬に母父がノーザンダンサー系
血統的には2頭共ここも合ってるとは思うんですが狙うタイミング的には絶対前走なんですよね・・
 
ならば母方にノーザンダンサー系を持ってはいませんがカフジプリンスやハッピーモーメント
血統的に合いそうなマイネルスフェーンあたりを上に評価する手も
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. フローラステークス2017 予想

  2. カーバンクルステークス2017 予想

  3. 帝王賞2017 予想

  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編

  5. 淀短距離ステークス2017 予想

  6. 紫苑ステークス2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  2. クイーンカップ 2018 予想
  3. 愛知杯 2018 予想
  4. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

10人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る