menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  2. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  3. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  6. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  7. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  8. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  9. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  10. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
閉じる
閉じる
  1. 東海ステークス 2018 予想
  2. アメリカジョッキークラブカップ 2018 予想
  3. 京都メインすばるステークスなど2018年1月20日土曜の競馬予想
  4. 東海ステークス2018 出走予定馬と展望
  5. アメリカジョッキークラブカップ2018 出走予定馬と展望
  6. 日経新春杯 2018 予想
  7. 京成杯 2018 予想
  8. 愛知杯 2018 予想
  9. 日経新春杯2018 出走予定馬と展望
  10. 愛知杯2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

日経新春杯 2018 予想

 
1月14日(日)京都競馬場で行われる日経新春杯2018の予想です

日経新春杯は古馬中長距離路線のこの時期における伝統的なレース
ハンデキャップ戦で京都2400m外回りで行われる重賞

そんな日経新春杯で有名なのが「テンポイントの悲劇」でしょうか?
さすがにリアルタイムでは見てませんがVTRで何度も見たレースでもあります
どんなレースでもそうですがまずは全馬無事に走り切ってほしいですね

実はこのレースは昨年まで5年連続で4歳馬が勝利中でしたが今年は不在に
前売りがまだ始まってませんがそんな中1番人気に推されそうなのはミッキーロケット
昨年の勝ち馬ですし前走も1番人気2着とまとめてますから当然でしょう

あとはモンドインテロ、パフォーマプロミス、ロードヴァンドールあたりが上位人気か?

そんな日経新春杯2018の発走時刻は15:45になっております
 
 
PR

 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去10年における日経新春杯1~3着馬の父と母父が分かるもの

キングカメハメハ産駒が過去10年で4勝
11年3着ローズキングダムを含めて1.2番人気で【4.0.1.0】と人気で抜群の安定感

そのキングカメハメハと共に複数馬券になってるゴールドアリュール産駒がヌレイエフを内包
この血は当レースで注目の血でしょうね
ミッキーロケット、シュヴァルグラン、トゥザグローリーは母方にヌレイエフを持ってましたし

そしてもう一つ注目すべき血がグレイソヴリン
昨年こそ馬券にならなかったですが(それでもミッキーロケットの母父がグレイソヴリン内包)
16年3頭、15年2頭、14年2頭、13年1頭と近年では毎年確実に馬券になっているので

あとは母方では欧州血統(特にノーザンダンサー系)を持つ馬の活躍が目立つのと
意外とダート勝利実績のある馬が馬券になったりしてるのも特徴的
(父を見てもゴールドアリュールやアドマイヤドン等が走ってますからね)

データ的には近3走以内に条件戦を使ってる馬がちょこちょこと馬券に絡んでくる傾向
冬場のハンデ重賞なんで実績馬がなかなか出走してこないのに加えて
ハンデが軽くなりやすいという側面もこれに関してはありそうですが
鮮度もある程度は大事なファクターになるかもしれません
 
 
宜しければ応援クリックポチっとお願いします→
 

日経新春杯2018の予想

 

この表は昨日の京都芝レース1~3着馬における父と母父の一覧

母父グレイソヴリンの馬が4頭にハーツクライ&ルーラーシップも馬券に
ハーツとルーラーはトニービン内包種牡馬=グレイソヴリン馬場だったのかなと推測
馬場にそこまで変化がないのであるならレース傾向からもこの流れには逆らえない気も
 
 
◎はステイゴールド産駒のパフォーマプロミスにしました
母父タニノギムレットがグレイソヴリン内包という事で母母父がノーザンダンサー
祖母がバウンドトゥダンスなんで近親にはオークス馬のシルクプリマドンナ
そのシルクプリマドンナはダート2戦2勝
グランプリブラッドにモエレアドミラルとダートで活躍した馬が近親に並ぶ血筋ならパワーも兼備
前走は翌日同距離だった有馬記念でキタサンブラックが逃げたペースと前半はほぼ同じ
ペース的には速くなかったですがそこを前々で押し切ったのだから評価しようかじゃないかと

○はハービンジャー産駒のベルーフ
ハービンジャー牡馬なら芝重賞は間隔を開けての臨戦がベスト
この馬自身今回は9週という間隔ですが過去8週以上の間隔だと4.4.12.3.2.9.2.4着
8走中6度が4着以内ですからここは走ってもいいタイミングなのではないかと
しかもハービンジャー得意とする延長臨戦でもありますし
年齢を重ねてよりLっぽくなってるならこの少頭数&外枠も合わせていいと思うんです

▲は昨年の勝ち馬で人気のキングカメハメハ産駒ミッキーロケット
神戸新聞杯こそ前走1000万からの臨戦で2着と好走しましたが
昨年の日経新春杯と中日新聞杯は前走G1からの臨戦=つまりダウン戦で好走
G1ではなかなか壁が厚いですが相手が弱くなるときっちりと反応はしてますよね
今回はG3→G2の形的にはアップ戦にはなるんですが頭数も少なく相手にも恵まれた印象
ただ昨年はキングカメハメハ得意の間隔を開けての臨戦でしたが今年は5週という間隔がどうか?
グレイソヴリンもヌレイエフも持ってますしあまり他にいい馬が居なかったので相対的にこの評価

カラビナは母父サドラーズウェルズが欧州ノーザンダンサー系
2走前超スローを後方→前走は延長でそれよりは流れたペースで先行競馬でパフォーマプロミスの2着
楽→苦のところで頑張ったので
 
ガンコはダート勝ち鞍あり且つ母方が欧州配合。鮮度抜群で芝ではまだ底を見せてないなら先物買い
 

予想印と買い目

 
パフォーマプロミス
○ベルーフ
▲ミッキーロケット
△カラビナ
△ガンコ

買い目は
◎の単
◎ー○▲の馬連
◎ー○のワイド
◎ー○▲ー▲△△の3連複
 
 
宜しければ応援クリックポチっとお願いします→
 
 
 
【PR:現在回収率330%を継続中】


 
まだあなたは競馬で無駄なお金を使いますか?
今回は「裏情報」を駆使して導く
規格外の予想を配信するサイトを紹介します!
※今週も無料登録で重賞の予想を公開!
 
早速ですがまずは近走の的中実績からご覧下さい!
 
ーー【近走の的中実績】ーーーーーーーーー

12/28 中山11R:ホープフルS
3連単 07 – 15 – 13
回収金額:523,800円

12/28 中山09R:エスペランサ賞
3連単 16 – 06 – 13
回収金額:680,820円

12/28 中山03R:2歳未勝利
3連単 11 – 15 – 07
回収金額:134,680円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
これは先週の予想提供の的中結果の一部にしか過ぎませんが
毎週回収率1万パーセント付近の当たりを出しています。
「OASIS」は今最も勢いに乗っている競馬予想サイトと言ってもいいでしょう。
 

  • ではなぜこんな大きな馬券を的中させることが出来るのか?
  • そしてなぜこれだけ多くの方に支持されてきたのか?

理由は3つの大きな武器を持っているからです。
 
【1】競馬業界の中枢との太いパイプライン
【2】確かな的中実績と最強馬券師軍団の勝ちへのこだわり
【3】お客様の目線に立ったソリューションのご提供
 
そしてここからが本題なのですが、
もちろん有料情報もこれだけ結果を出しているのでオススメなのですが
実は無料情報もとてつもない実績を叩いているんです。
 
特に無料予想で提供される【重賞レースの予想】は
桁違いの的中率と回収率を誇っています。
 
もちろん重賞レースがない日は平場のレース提供もあります。

そんな圧倒的実績を誇るOASISが
今週も「日経新春杯の予想」をなんと、
無料で公開することが決まっています!
 
登録方法は超簡単!
※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。
※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓↓↓無料登録↓↓↓
今週の重賞レースの無料予想を今週から受け取る
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 愛知杯 2018 予想

  2. フェアリーステークス2018 出走予定馬と展望

  3. アメリカジョッキークラブカップ2018 出走予定馬と展望

  4. 京成杯 2018 予想

  5. 中山金杯 2018 予想

  6. アメリカジョッキークラブカップ 2018 予想

おすすめ記事

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る