menu
閉じる
  1. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  2. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  3. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  4. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  5. 府中牝馬ステークス2016 予想
  6. 京都大賞典 2017 予想
  7. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  8. ホープフルステークス2016 予想
  9. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  10. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
閉じる
閉じる
  1. フローラステークス2018 出走予定馬と展望
  2. マイラーズカップ2018 出走予定馬と展望
  3. 福島牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  5. アンタレスステークス 2018 予想 穴馬アルタイルで勝負
  6. アーリントンカップ 2018 予想 ダノンスマッシュの巻き返しに期待
  7. 皐月賞 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編
  8. アンタレスステークス2018 出走予定馬と展望
  9. アーリントンカップ2018 出走予定馬と展望
  10. 皐月賞2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ニュージーランドトロフィー 2018 予想 大外枠でもアンブロジオの押し切りに期待

 
4月7日(土)中山競馬場で行われるニュージーランドトロフィー2018の予想です

ニュージーランドトロフィーは芝1600mで行われる3歳馬によるレース
NHKマイルカップのトライアルレースで3着までの馬に優先出走権が与えられております

過去5年のニュージーランドトロフィーの勝ち馬は
エーシントップ、ショウナンアチーヴ、ヤマカツエース、ダンツプリウス、ジョーストリクトリ
この結果を見ると本番には繋がってませんなあ
(以前はカレンブラックヒルが連勝した事もあります)

昨年、一昨年は2ケタ人気馬が馬券に絡み波乱決着となりましたが
今年も確たる実力馬というのも見当たらず実力伯仲といった様相

カツジ、カシアス、ラムセスバローズ、リョーノテソーロ、ケイアイノーテック
朝一の現時点ではこれら5頭が人気を集めております

そんなニュージーランドトロフィー2018の発走時刻は15:45になっております
 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去10年におけるニュージーランドトロフィー1~3着馬の父と母父が分かるもの
(阪神施行だった11年は除く)

特に重視したいのは15年~17年の過去3年
というのも14年夏に路盤改修が行われたことにより傾向に変化が見られるので
 
15年と17年が稍重馬場、16年が良馬場
当日は雨上がりという事で馬場状態が非常に読み辛いですが・・ひとまず3年とも見てみます

17年12番人気1着 ジョーストリクトリ(母父キングヘイロー)
17年8番人気2着 メイソンジュニア(American Post×Anabaa)
17年5番人気3着 ボンセルヴィーソ(サクラローレル×トニービン)
16年14番人気2着 ストーミーシー(ゼンノエルシド×モガミ)
16年12番人気3着 エクラミレネール(母父プラウドデボネア)

例のごとく人気より着順が上だった馬を見て行くと
特に目立つのは母方の血でありまして母父が欧州型または欧州配合の馬が走ってます
父はある程度バラエティーに富んでるならこっちを重視してみるというのも手

あとは母方に米国型ノーザンダンサー系の血を持つ馬も好走が複数あり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして最近の中山1600m重賞で見逃せない血というのがノーザンダンサー系の血
17年以降で父がノーザンダンサー系だった馬が【1.5.2.8】で複勝率50%
その中でも母父含め特注なのがダンチヒ系欧州ノーザンダンサー系

上で挙げた血含めサンデーの斬れとは対極にある血が活躍してるというのはポイントか?
 

ニュージーランドトロフィー2018の予想

 
レースで鍵を握りそうなのは最内に入ったコスモイグナーツ
まずは逃げの手を打ってくるでしょうからこの馬の走ったレースで来てる血を見ておきたく
スプリングSでは3着がステイゴールド産駒で2着オルフェーヴル産駒がその父ステイゴールド
カンパニー、オウケンブルースリとトニービン系種牡馬も好走
人気より着順が上だった馬の種牡馬は欧州型だったりサンデーでもスタミナ型の馬でした
このあたりも一つポイントにしながら。。
 
 
◎はアンブロジオにしました
父ローズキングダムはキングマンボ系種牡馬
ローズキングダムは自身の母方にShirley Heights~Lyphardという欧州血統を内包
ですのでコスモイグナーツが引っ張る流れに合うと思える父の血統
今回中山マイルで大外枠に入ってしまいましたが

これはローズキングダム産駒における芝レースの枠番別成績
人気どころが7枠に入ってるというのもありますがここまで外枠の数字がいいんです
8枠なんかは5.6枠と平均人気は変わらないのにこの成績差ですから現状揉まれない方がいいかと
前走ファルコンSは2走前との馬場差有れど道中のペースは厳しくなってアップ戦
位置取りも一つ前目に付けてかなり苦条件と思える中4着とまとめたのは評価
というのもこのレースはある程度リズム重賞であるので前走まとめてる馬は評価しておきたく
今回は延長になりますがコスモイグナーツの2番手に付ければ前走よりは楽に感じるかなと
母母父Cat Thiefがストームキャット系で米国型ノーザンダンサー系
 
 
○はファストアプローチ
父がノーザンダンサー系種牡馬でしかも欧州型
母父も欧州ノーザンダンサー系という事で現状の中山1600m重賞にマッチしてますし
もちろんこのレースの血統傾向にも合った馬と言えそう
血統構成的には非根幹のほうが良さそうですが重めの血統なんで坂コース替わりで
 
 
▲はカツジ
ディープインパクト産駒というのはここではあまりプラス材料にはならんとは思いますが
母父ホワイトマズルが欧州ノーザンダンサー系で母母父トニービンですから母方は欧州配合
短縮で軽く差しの位置取りも掛かるならばという感じ
 
 
デルタバローズは母父Hard Spunがダンチヒ系
前走はキャリア2戦目で一気の延長臨戦で道中のペースがかなり厳しい中で先行し大敗
これで来たら怪物ですから止む無しだと思うんでそこからの短縮で楽に感じる可能性があるなら
 
 
カシアスは前走で逃げた後で今回逃げれそうにないなら苦っぽい所ですが
京王杯2歳S~朝日杯FSの流れがある程度力あるのを証明していると思うので
キンシャサノキセキ(フジキセキ)×Dylan Thomas(ダンチヒ)なら舞台的には合ってそうですし
 

予想印と買い目

 
アンブロジオ
○ファストアプローチ
▲カツジ
△デルタバローズ
△カシアス

買い目は
◎の単
◎ー○▲△△の馬連
◎ー○▲のワイド
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. チューリップ賞2018 出走予定馬と展望

  2. マーチステークス 2018 予想 カネヒキリ産駒ロンドンタウンを…

  3. フラワーカップ 2018 予想 ディープ産駒ノーブルカリナンを本…

  4. きさらぎ賞 2018 予想

  5. 共同通信杯 2018 予想

  6. 京都牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  2. クイーンカップ 2018 予想
  3. 愛知杯 2018 予想
  4. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

9人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る