menu
閉じる
  1. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  2. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  3. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  4. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  5. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  6. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  7. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  8. 府中牝馬ステークス2016 予想
  9. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  10. エプソムカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 菊花賞 2017 予想 台風により重い馬場に不良道悪を当然想定
  2. 富士ステークス 2017 予想 重馬場対応ですねやはり
  3. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  4. 富士ステークス2017 出走予定馬と展望
  5. 菊花賞2017 出走予定馬と展望
  6. 秋華賞 2017 予想 重い馬場になる事に賭けた本命
  7. 府中牝馬ステークス 2017 予想
  8. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  9. 府中牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  10. 秋華賞2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

オーシャンステークス2016 出走予定馬と先行予想

 
今週土曜中山メインはオーシャンステークス2016
 
 
アルビアーノ、ネロ、エイシンブルズアイ、ゴールドペガサス他計19頭が出走予定
 
 
【オーシャンステークス2016出走予定馬と血統表】
オーシャンステークス2016出走予定馬
 
ヘニーハウンド、ベルルミエール、セカンドテーブル
以上3頭が除外対象になっております
 
 
路盤改修後初めて行われた昨年のオーシャンステークスは1・3着が父サンデー系
ちなみに過去5年の同レース父サンデー系成績は【2.1.3.9】複勝率40%となかなかに好相性
そんな父サンデー系ですが改修前と改修後の中山1200mでは
僅かながら改修後のほうが成績が良いので十分狙えそうです
 
あと母方なんですがパワーの血を持ってる馬がやや優勢な傾向になっております
 
 
アルビアーノは米国産馬なんでパワー血統
父Harlan’s Holidayは米国型ノーザンダンサー系でストームキャットの系統
エーシンエフダンズ、コパノフウジンとストームキャット系種牡馬の馬は実績あり
米国型ノーザンダンサー系は改修前より改修後のほうがかなり成績がUPしてます
 
ネロもアルビアーノと同じく父ヨハネスブルグが米国型ノーザンダンサーのストームキャット系
ストームキャットは結構リズムが重要な系統なんで前走9着と崩れたのは気になるところ
先に挙げたエーシンエフダンズは休み明け2走目でしたし
コパノフウジンは4・3・1・2・2着と近走いいリズムを刻んでましたから
 
エイシンブルズアイも米国産馬でパワー血統で父Belgraviaはミスプロ系
過去5年の当レースで父ミスプロ系は【0.1.0.10】(フォーティナイナー、キングマンボ除く)
さらに改修前より改修後のほうが成績が下がってるのもどうかと・・
 
 
アルビアーノ
カハラビスティー
ゴールドペガサス
サカジロロイヤル
スカイキューティー
ベルルミエール
 
出走予定馬の中でとりあえず気になるのがこの6頭
 
 
この中で最も注目してるのがゴールドペガサスで次点がアルビアーノ 
 
ゴールドペガサスの父アドマイヤオーラはサンデー系
アドマイヤオーラはニジンスキー内包種牡馬ですが
昨年の勝ち馬サクラゴスペルの父サクラプレジデントも父サンデー系でニジンスキー内包種牡馬
母母父Seattle Slewがボールドルーラー系でパワー血統なのも良し
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 天皇賞秋2016 出走予定馬と展望

  2. 香港スプリント2016 予想

  3. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目…

  4. エリザベス女王杯2016 過去傾向から2つの血統に大注目

  5. 青葉賞2016 予想

  6. アメリカジョッキークラブカップ2016 非サンデー系種牡馬とロベ…

おすすめ記事

  1. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  2. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  3. 京都大賞典 2017 予想
  4. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  5. ホープフルステークス2016 予想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る