menu
閉じる
  1. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  2. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  3. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  4. 府中牝馬ステークス2016 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  6. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  7. ホープフルステークス2016 予想
  8. 有馬記念2015 予想
  9. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  10. エプソムカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 東海ステークス2018 出走予定馬と展望
  2. アメリカジョッキークラブカップ2018 出走予定馬と展望
  3. 日経新春杯 2018 予想
  4. 京成杯 2018 予想
  5. 愛知杯 2018 予想
  6. 日経新春杯2018 出走予定馬と展望
  7. 愛知杯2018 出走予定馬と展望
  8. シンザン記念 2018 予想 多少は重い馬場になる事も想定
  9. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルディープ…
  10. 中山金杯 2018 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

桜花賞2017 予想

 
4月9日(日)阪神競馬場芝1600mで行われる桜花賞2017の予想です
 
 
桜花賞は3歳牝馬によるレースでありまして
牝馬クラシック(桜花賞・オークス・秋華賞)の第一関門となっており
ここで4着までに入ると次のオークスへの優先出走権が与えられております
 
過去5年の勝ち馬の顔触れは
ジュエラー、レッツゴードンキ、ハープスター、アユサン、ジェンティルドンナ
ここからだとジェンティルドンナがオークスを勝ち2冠さらに秋華賞も勝ち3冠達成
近4年では桜花賞→オークスの2冠馬は誕生してませんね
 
昨年はメジャーエンブレム、一昨年はルージュバックが断然1番人気で負けておりますが
ハイレベルと言われている今年はどんな結末が待ち構えるのか!?
 
そして1番人気は4戦4勝の無敗馬ソウルスターリング
何でも大口投票が(3000万超)があったようで断然の人気になりました
3年連続で断然1番人気が負けるのか?今年はそれにストップを掛けるのか?ですね
 
2番人気は3連勝中のアドマイヤミヤビ
ソウルスターリングとは初対戦になりますがどこまで食い下がれるのか?
 
以下リスグラシュー、ミスエルテ、ミスパンテール、カラクレナイの人気順に
 
そんな桜花賞2017の発走時刻は15:40になっております
 

レースの見解はこう考えました

 
何と言ってもここではディープインパクト産駒が好相性でありまして
昨年まで6年連続で馬券になっており通算でも【4.4.1.12】勝率19.0%連対率38.1%複勝率42.9%
但しこの世代の産駒における牝馬の重賞成績が【1.1.1.8】と近年では良くない数字
 
今年のディープインパクト産駒はカワキタエンカ1頭のみの出走ですし
パンパンの良馬場にはならず多少乾いても重い馬場で行われるのは間違いないところ
外回りになってもしやや重以上に悪い馬場で行われれば史上初となる桜花賞
 
ならば例年とは違った狙い方もありなのかなあ?といった感じはしてます
 

桜花賞の予想

 
◎はライジングリーズンにしました
父はブラックタイドでディープインパクトの全兄で産駒の成績は若干芝よりダートが好成績
つまりディープインパクトの全兄であってもパワーに寄った種牡馬ではないかと
良馬場の斬れ勝負になると一銭もいらないはずだったんで
重くなりそうな馬場は追い風になると考えました
それは母方のキングカメハメハ×ブライアンズタイムという配合からも言えそうですしね
そしてブラックタイドは内枠特注種牡馬で芝重賞1・2枠の成績が【6.1.4.16】複勝率40.7%
馬券になった11回の内7度がキタサンブラックではあるんですが残り4回がいずれも人気薄でのもの
ライジングリーズンは近2走共に外枠から外を回して勝ってるので内枠は逆にどうかな?
とも思いますがブラックタイドは内を突くあるいは内から抜けれるという特徴もあるので
この枠でこの人気なら脚がうまく溜めれて弾けるかもしれない方に賭けてみようかと
人気ではありますがキタサンブラック(大阪杯)アスカビレン(大阪城S)と
ブラックタイド産駒が2週続けてメインレースで勝ってるというのも推し材料になりました
 
○はアドマイヤミヤビ
ハーツクライ産駒でトニービンを内包してるのは重くなりそうな馬場でプラス
産駒もヌーヴォレコルトが14年に5番人気3着してますね
そしてこの馬の推し材料は3代母がウインドインハーヘアでこれがディープインパクトの母
つまり近親にディープインパクトを持ってるという血筋が魅力的
この世代はディープよりもハーツクライのほうが好調ですしね
例年2月開催以降の阪神芝で上位の勝ち星を挙げてる種牡馬がそのまま走る傾向もあるレース
ハーツクライはディープインパクトに続いて2位となる5勝を挙げており複勝率も40%超え
 
▲はソウルスターリング
父はFrankelでサドラーズウェルズ系種牡馬
サドラーズウェルズ系は欧州ノーザンダンサー系で
系統の桜花賞実績としては12年に父ファルブラヴだったアイムユアーズ3着があるくらい
ただここまで阪神ジュベナイルフィリーズ&チューリップ賞と
ディープインパクト産駒が強い重賞で走ってますしMonsun×Dashing Bladeの母方は欧州配合
血統構成的には重い馬場のほうが逆に良い位ではあります
 
△カワキタエンカは一応ディープインパクト産駒なんで(笑)
ただやはり1戦(君子蘭賞)余計だった感もありこの評価ですがチューリップ賞は評価出来るレース
 
△リスグラシューの父もアドマイヤミヤビと同じハーツクライ
American Post×Miller’s Mateの母方は欧州配合
 

予想印と買い目

 
ライジングリーズン
○アドマイヤミヤビ
▲ソウルスターリング
△カワキタエンカ
△リスグラシュー
 
買い目は
◎の単
◎ー○▲の馬連&ワイド
○▲ー◎△△の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 京都大賞典 2017 予想

  2. 東京スポーツ杯2歳ステークス2017 出走予定馬と展望

  3. ジャパンダートダービー 2017 予想

  4. 安田記念2017 出走予定馬と展望

  5. シリウスステークス 2017 予想

  6. ヴィクトリアマイル2017 予想

おすすめ記事

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る