menu
閉じる
  1. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  2. エプソムカップ2016 予想
  3. 京都大賞典2016 予想
  4. ホープフルステークス2016 予想
  5. 有馬記念2015 予想
  6. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  7. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  8. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  9. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  10. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
閉じる
閉じる
  1. フローラステークス 2018 予想 穴馬ウスベニノキミ本命で一発狙い
  2. マイラーズカップ 2018 予想 ヤングマンパワーの前残りに期待
  3. 福島牝馬ステークス 2018 予想 外枠と欧州血統でデンコウアンジュに…
  4. フローラステークス2018 出走予定馬と展望
  5. マイラーズカップ2018 出走予定馬と展望
  6. 福島牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  7. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  8. アンタレスステークス 2018 予想 穴馬アルタイルで勝負
  9. アーリントンカップ 2018 予想 ダノンスマッシュの巻き返しに期待
  10. 皐月賞 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

オパールステークス2015 予想

 
日曜京都メイン・オパールステークス2015の予想です
 
 
ここ圧倒的人気は先週のスプリンターズSで無念の除外を食らったビッグアーサー
父はサクラバクシンオーで京都1200mならイメージ的には悪くないんですが
【1.1.0.11】と古馬京都1200mOPでは13年以降さほど数字は奮いません
 
逆にこの条件=古馬京都1200mOPでいいのがパワー型種牡馬
 
まさにサクラバクシンオーとは逆のベクトルを持つ馬という事になります
 
 
◎はエイシンゴージャス
父はノーザンダンサー系のパワー型種牡馬
未知数なところはありますが産駒の芝成績は決してダメという訳でもないので・・・
今回16頭のフルゲートですがやはり数字的にもこの条件で断然いいのが内枠
相手本線はそこ(内枠)に拘ってみようかと
 
○はビッグアーサー
バクシンオーはさほど奮わなくてもこのメンバーでこの枠ならさすがにこの印で
 
▲はジャストドゥイング
前走CBC賞は33.4-35.7というかなり厳しい流れで前に行った馬は全滅でした
そこでこの馬は3番手先行し0.6差の8着なんで高評価すべき
7番手4着だったベルルミエール、5番手7着だったトーホウアマポーラが次走重賞で馬券になってますし
ここはOP特別なら大いに期待したいですね
ちなみにゼンノロブロイ産駒の京都1200mは【1.1.1.10】(12年以降)
 
 
【オパールステークス2015予想】
エイシンゴージャス
○ビッグアーサー
▲ジャストドゥイング
△ネロ
×①⑨⑪⑬⑮
 
買い目は
◎の複
○▲のワイド
◎-○▲△の3連複
◎-○▲-×××××の3連複
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 浦和記念2015 予想

  2. オークランドレーシングクラブトロフィー2015 予想

  3. 富士ステークス2015 予想

  4. 小倉記念2015 出走予定馬と先行予想

  5. 小倉記念2015 スピード決着でも狙うべきは欧州血統!?

  6. 函館記念2015 回顧

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 10月 11日
    トラックバック:少年は競馬場で推理する

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

10人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る