menu
閉じる
  1. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  2. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  3. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  4. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  5. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  6. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  7. エプソムカップ2016 予想
  8. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  9. チャンピオンズカップ2016 予想
  10. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
閉じる
閉じる
  1. フローラステークス2018 出走予定馬と展望
  2. マイラーズカップ2018 出走予定馬と展望
  3. 福島牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  5. アンタレスステークス 2018 予想 穴馬アルタイルで勝負
  6. アーリントンカップ 2018 予想 ダノンスマッシュの巻き返しに期待
  7. 皐月賞 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編
  8. アンタレスステークス2018 出走予定馬と展望
  9. アーリントンカップ2018 出走予定馬と展望
  10. 皐月賞2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

大阪杯2018 出走予定馬と展望

 
今週日曜阪神競馬メインレースは大阪杯2018

大阪杯は芝2000mで行われる古馬重賞でして昨年からG1に格上げとなりました
位置付け的にこのレースは春の中距離路線最強馬決定戦でしょう
そしておそらく挑戦する馬はいないとは思うんですが(笑)
勝ち馬にはアイルランドのG1アイリッシュチャンピオンステークスへの優先出走権が与えられます

G1格上げ初年度となった昨年はキタサンブラックが勝利
1番人気に支持されての堂々の勝ちっぷりでありましたが
今年1番人気に推されそうなのはスワーヴリチャードでしょうか!?
前走金鯱賞ではサトノダイヤモンドを寄せ付けず快勝
初のG1制覇に向けて機は熟したと言っていいでしょうね

そのサトノダイヤモンドも当然ここで一昨年有馬記念以来の復活Vといきたいところ
鞍上はドバイ遠征で乗れないルメールから戸崎へとチェンジでどんな騎乗を見せるのか?

スワーヴリチャード、サトノダイヤモンド以外の主な出走予定馬は
アルアイン、シュヴァルグラン、ペルシアンナイト、ミッキースワロー等が登録
 

出走予定馬と血統表

 

これが大阪杯2018出走予定馬17頭の3代血統表(フルゲートは16頭)

ヤマカツライデンのみ除外対象になっております
 

レースの血統傾向

 

これは格上げされた昨年における大阪杯1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
G1となれば過去の傾向は昨年のみになってしまうので
それまでのG2時代の傾向を見るのもありだとは思うんですがここでは昨年のみをチョイス

昨年は1番人気でありそれまでにG1を何度も勝っていたキタサンブラックの存在があり
この馬がレースを支配し前で圧を掛ける分だけなかなか斬れ勝負になりにくい
こんな特徴もあってキタサンブラックと一緒のレースで走ったディープインパクト産駒
斬れと言えば現状代表的なのはこの産駒になってくると思われますが
2016年のジャパンC以降での成績が【1.1.2.25】と全く奮わなかったんです

それなのにここで産駒のステファノスが2着に走りました
つまりこれをどう捉えるか!?
キタサンブラックが居て産駒が苦手とする所で走れたならば
今年はそのキタサンブラックは不在なんでより走りやすくなる=結果を出しやすくなる
そんな可能性が高くなるかもしれないという事は頭の片隅に入れておいてもいいのかも


これは今春阪神開催芝レースにおけるディープインパクト産駒の成績ですが好調ですしね
 
 
あとは母方の血統に目を向けたいんですが

キタサンブラック(サクラバクシンオー×ジヤツジアンジエルーチ)
ステファノス(クロフネ×Seeking the Gold)
ヤマカツエース(グラスワンダー×Tejabo)

スピード&パワーに長けた母方の配合馬が上位を独占しておりました

欧州色が強めだったサトノクラウンにアンビシャスが届かずに終わりましたし
勝ち時計も1’58’9と速かったというのもあってこの血が活きた可能性もあるでしょう

今週はずっと天気も良好ですし
先週の阪神は時計が速かったのである程度の高速決着ならば今年も要注意の血だと思います
 
 
これらを総合して現時点でパッと気になったのはこの馬→アルアイン
父はもちろんですが母方の配合がスピード&パワーに長けてるのがいいですね!
 

マルターズアポジーが走ったレースの血統傾向にはある特徴が!?

 
どうやらダービー卿CTと両睨みらしいのですが・・
ここに出走してくれば逃げるのは出遅れでもしない限りマルターズアポジーで確実か?
実はこの馬が逃げた近走のレースを見ていくと馬券になった馬は共通点があったりするんです

18中山記念

17年マイルCS

17年京成杯AH

17年関屋記念

17年七夕賞

17年大阪杯

17年小倉大賞典

16年有馬記念

16福島記念

これが一昨年久々の重賞挑戦で勝った福島記念以降における
マルターズアポジーが走った時の1~3着馬の血統

ディープインパクト
キングカメハメハ
ステイゴールド

このあたりの種牡馬をよく相手で連れて来てる事が分かります
 
ロベルト
ダンチヒ
米国型ノーザンダンサー

そしてこの3系統の血いずれかを持つ馬の活躍ぶりが目立つような気がしませんか!?

いずれの血もスピードもそうですがよりこの3つに共通するのは馬力ある血という事
とにかく前半から淀みない流れで逃げを打ち割と平均質のレースラップになりがち
スローのよーいドンにはなり難いので斬れよりは馬力ある血

これがこの馬のレースでは走りやすいという仮説を立てて見るというのも面白そうです
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. オーシャンステークス 2018 予想 本命ビップライブリーで勝負…

  2. 毎日杯 2018 予想 本命ユーキャンスマイルで打倒2戦2勝馬

  3. 弥生賞2018 出走予定馬と展望

  4. 阪急杯 2018 予想

  5. 川崎記念 2018 予想

  6. 桜花賞 2018 血統評価 出走馬18頭全馬編

おすすめ記事

  1. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  2. クイーンカップ 2018 予想
  3. 愛知杯 2018 予想
  4. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

9人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る