menu
閉じる
  1. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  2. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  3. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  4. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  5. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  6. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  7. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  8. 秋華賞2016 予想
  9. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  10. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
閉じる
閉じる
  1. ジャパンカップ2017 出走予定馬と展望
  2. マイルチャンピオンシップ 2017 予想 重めの馬場なら穴馬を本命に
  3. 東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 予想
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. 東京スポーツ杯2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  6. マイルチャンピオンシップ2017 出走予定馬と展望
  7. エリザベス女王杯 2017 予想
  8. 福島記念 2017 予想
  9. 武蔵野ステークス 2017 予想
  10. デイリー杯2歳ステークス 2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

大阪杯2016 出走予定馬と先行予想

 
 
今週日曜阪神メインは大阪杯2016
 
来年からG1に格上げという噂もある大阪杯
という事はG2戦となるのは今年で最後?はたまたレース名も最後になるかも?
 
そんな今年ですがG1馬5頭を含む12頭が出走予定
少頭数ながら豪華メンバーになりそうです
 

大阪杯2016出走予定馬と血統表

大阪杯2016出走予定馬

大阪杯の血統傾向

父サンデー系なら母方にパワー血統を持つ馬
ディープインパクト産駒と母父Storm Catがこのレースでは代表されるんですが
まずはこの血統構成馬に注目してみたいですね
 
これ以外なら欧州血統を持つ馬がよく馬券になってるイメージがあり
 

大阪杯2016有力馬の考察

昨年大ブレイクしたラブリーデイがここから始動
間隔が開いてるほうが重賞好走率の高いキングカメハメハ産駒だけに休み明けでもやれそう
さらに阪神2000mだとディープインパクト産駒より複勝率が高いのがキンカメですし
短縮臨戦の数字も悪くないですね
さらに母母父が欧州ナスルーラのトニービンなのは父サンデー系ではないだけにプラス材料
 
アンビシャスはディープインパクト産駒
ラキシス・キズナとこのレースで馬券になってるディープインパクト産駒ですが
アンビシャスはエルコンドルパサー×Rainbow Questという欧州色が強めの母方
傾向的はややズレてるかなあというのが現時点でのジャッジ
 
キタサンブラックはブラックタイド産駒なんでサンデー系
母母父ジヤツジアンジエルーチがボールドルーラー系なんでパワー型
血統構成的にはここへの適性は感じられます
ブラックタイドの阪神2000m成績は良くないですが今開催ブラックタイドは複勝率43.8%と好調
 

大阪杯2016出走予定馬で気になる馬

イスラボニータ
キタサンブラック
ショウナンパンドラ
ヌーヴォレコルト
ラブリーデイ
 
この5頭の中で最も注目してるのがヌーヴォレコルトで次点がショウナンパンドラ 
 
ヌーヴォレコルトは父ハーツクライがサンデー系
重賞でハーツクライの休み明けは特注ですし阪神2000mの複勝率もディープ・キンカメより上
母母父にパワー型ダンチヒ系のChief’s Crownを持ってるというのも良さそう
 
ショウナンパンドラはディープインパクト産駒
昨年ラキシスが勝ちましたが阪神2000mのディープインパクト牝馬は凄い数字が優秀なんです
しかも母父フレンチデピュティはパワー型
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. オークス2016 出走予定馬と展望

  2. アイビスサマーダッシュ2016 出走予定馬と展望

  3. ターコイズステークス2016 出走予定馬と展望

  4. 東京新聞杯2016 母方に欧州血統もしくはロベルトの血を持つ馬に…

  5. 兵庫ゴールドトロフィー2016 予想

  6. アルテミスステークス2016 予想

おすすめ記事

  1. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る