menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  2. 京都大賞典 2017 予想
  3. 京都大賞典2016 予想
  4. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  5. ホープフルステークス2016 予想
  6. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  7. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  8. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  9. 有馬記念2015 予想
  10. チャンピオンズカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 富士ステークス 2017 予想 重馬場対応ですねやはり
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. 富士ステークス2017 出走予定馬と展望
  4. 菊花賞2017 出走予定馬と展望
  5. 秋華賞 2017 予想 重い馬場になる事に賭けた本命
  6. 府中牝馬ステークス 2017 予想
  7. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  8. 府中牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  9. 秋華賞2017 出走予定馬と展望
  10. マイルチャンピオンシップ南部杯 2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

凱旋門賞 2017 予想

 
10月1日(日)シャンティイ競馬場芝2400mで行われる凱旋門賞2017の予想です
 
 
凱旋門賞は芝2400mで行われるG1で世界最高峰のレースとして知られています
昨年の凱旋門賞は記念すべき海外競馬初売りレースだったんですが
あれからもう1年という事で時が経つのは早いもんですね

これまで日本馬は延べ20頭が凱旋門賞に挑戦してきましたが
エルコンドルパサー、ナカヤマフェスタ、オルフェーヴルの2着が最高
あのディープインパクトでさえも3着(後に失格)と未だ勝ち馬は出ておりません

今年の日本馬はサトノダイヤモンドとサトノノブレスが挑戦
サトノダイヤモンドは昨年の菊花賞と有馬記念勝ち馬で昨年挑戦したマカヒキと同期
前走のフォワ賞では4着に敗れましたが果たして巻き返しはなるのか?
マカヒキの分まで日本の総大将として頑張って欲しいもんですが・・

素直にサトノダイヤモンドを応援するという意味合いで馬券を買うか?
そこはシビアな評価で馬券を買うか?
それぞれの性格が出そうで面白そうですね

1番人気はエネイブルで間違いないでしょう
現在G14連勝中でデットーリ騎乗ならそれもまあ仕方ないでしょう

エネイブル以下の予想人気は
ウィンター、オーダーオブセントジョージ、サトノダイヤモンド、ユリシーズの順

そんな凱旋門賞2017の発走時刻は日本時間23:05になっております
 

出走各馬の血統データ

 
以下、上段=出走馬馬名、下段=父、母父、母母父、父系統、母系統、母母父系統の順
※この順列は馬番順にしております。ゲート番号はまた違うのでご注意下さい

ザラック
(父Dubawi、母父Zamindar、母母父Kahyasi、ミスプロ×ミスプロ×ニジンスキー)

ドーハドリーム
(父Shamardal、母父キングズベスト、母母父Sadler’s Wells、ストームキャット×キングマンボ×サドラー)

ワンフットインヘヴン
(父Fastnet Rock、母父パントレセレブル、母母父Alleged、ダンチヒ×ヌレイエフ×リボー)

ユリシーズ
(父Galileo、母父Kingmambo、母母父Shirley Heights、サドラー×キングマンボ×ネヴァーベンド)

クロスオブスターズ
(父Sea The Stars、母父Kingmambo、母母父Shirley Heights、ダンチヒ×キングマンボ×ネヴァーベンド)

シルバーウェーヴ
(父Silver Frost、母父River Mist、母母父Vacarme、グレイソヴリン×ネヴァーベンド×リファール)

アイダホ
(父Galileo、母父デインヒル、母母父Marsca、サドラー×ダンチヒ×ハンプトン)

チンギスシークレット
(父Soldier Hollow、母父プラティニ、母母父Rainbow Quest、サドラー×ハンプトン×レッドゴッド)

サトノダイヤモンド
(父ディープインパクト、母父Orpen、母母父サザンヘイロー、サンデー×ダンチヒ×ヘイロー)

サトノノブレス
(父ディープインパクト、母父トニービン、母母父Always Run Lucky、サンデー×グレイソヴリン×ボールドルーラー)

イキートス
(父Adlerflug、母父Areion、母母父Nebos、サドラー×ボールドルーラー×グレイソヴリン)

オーダーオブセントジョージ
(父Galileo、母父Gone West、母母父Summer Squall、サドラー×ミスプロ×ストームバード)

セブンスヘブン
(父Galileo、母父ヨハネスブルグ、母母父Unbridled、サドラー×ストームキャット×ミスプロ)

ブラムト
(父Rajsaman、母父Law Society、母母父Surumu、リファール×リボー×ハンプトン)

カプリ
(父Galileo、母父Anabaa、母母父Linamix、サドラー×ダンチヒ×リファール)

プリュマティック
(父Dubawi、母父Anabaa、母母父Rainbow Quest、ミスプロ×ダンチヒ×レッドゴッド)

エネイブル
(父Nathaniel、母父Sadler’s Wells、母母父Shirley Heights、サドラー×サドラー×ネヴァーベンド)

ウィンター
(父Galileo、母父Choisir、母母父Favorite Trick、サドラー×ダンチヒ×ニアークティック)

父サドラーズウェルズ系が実に半分となる9頭居て中でもGalileoの血をひいた馬が多し
日本で言うなら
サドラーズウェルズ系=サンデー系
Galileo=ディープインパクト
こう捉えればイメージしやすいんじゃないでしょうか!?(笑)
 

有力馬の直近レース映像

 
JRAのサイトでもより詳しく見れるようになってますが(笑)
ここでは有力馬の直近のレース映像を置いておきます

エネイブル


これが前走ヨークシャーオークス
ピンクの帽子6番の馬
スタートから終始先頭でそのまま押し切る競馬


これが2走前キングジョージ
ピンクの帽子10番の馬
2番手から直線早め先頭で押し切り
 

サトノダイヤモンド


これが前走フォワ賞
緑の帽子がサトノダイヤモンド
終始2番手を追走も最後の直線は外から3頭に差されて内から伸びずじまい
 

オーダーオブセントジョージ


これが前走アイルランドセントレジャー
ちょっと見難いですが馬番4番
道中はずっと中団やや外目を追走
最後の直線手前で外から一気に先頭に立ちそのまま圧勝
 

ウィンター


これが2走前ナッソーステークス
黒い帽子黒の勝負服8番がウィンター
内を抜けてきて1着
 

レースの見解はこう考えました

 
例年ロンシャン競馬場で行われるのが凱旋門賞なんですが
現在改修工事中という事で昨年と今年はシャンティイ競馬場での代替開催

ジャパンカップが東京ではなく京都で代替開催いうイメージと捉えれば
それまでの傾向というのは競馬場が違うので参考にし辛いですよね
という事でここで参考にするのは昨年の結果のみという事にしようと思います

1着 ファウンド(父Galileo=サドラー系、母父ロベルト系、母母父ノーザンダンサー系系)
2着 ハイランドリール(父Galileo=サドラー系、母父ダンチヒ系、母母父ハンプトン系)
3着 オーダーオブセントジョージ(父Galileo=サドラー系、母父ミスプロ系、母母父ストームバード系)

これが昨年の結果でしたが1~3着をGalileo産駒で独占!
Galileoはサドラーズウェルズ系になるんですが今や欧州で最も主流の血統ですね

母方の血を見ていくと
ファウンドの母父IntikhabはCrafty Prospector=ミスプロ系内包
ハイランドリールは母父デインヒル
オーダーオブセントジョージの母方はミスプロ×ストームバード
これら共通するのは欧州の重さではなく軽めのスピード志向の強い血を持ってるという事

日本馬を除くと欧州馬で占められるので欧州配合が主流になるのは当然なんでしょうが
好走するにはその配合ではなくてスピードの血を持ってるというのが
一つ他馬と差をつけるといった意味からしても重要かもしれないと考えたいです
 

凱旋門賞2017の予想

 
◎はウィンターにしました
母父Choisirはデインヒルの系統で母母父Favorite Trickは米国の快速ダート血統
スピード志向強めの母方に父はGalileo
前走9月9日メイトロンS2着は1番人気2着でその前走がマイル戦だったので異端臨戦
ナッソーステークスの内容=少頭数でしたが内から間を割る競馬からC系と仮定すれば
間隔詰めて多頭数で強い相手との競馬になる今回かなり期待出来そうな気がするので
 
ブラムトの父Rajsamanはリファール系でGalileoと同じ欧州ノーザンダンサー系
母父Law Societyは大一番で怖いリボー系でスピード持続力に長けたボールドルーラー内包
前走は間隔を開けての臨戦で1番人気5着と凡走と疲労は問題なし
外から差す馬ならこれなんじゃないかと

オーダーオブセントジョージは昨年3着馬ですので血統的には適性アリ
凱旋門賞は結構リピーターレースという側面もありますしね
昨年3着時と近4走前までは全く同じ臨戦
前走アイルランドセントレジャーは10頭立て重馬場を1番人気で大圧勝
昨年アイルランドセントレジャーは4頭立てやや重を1番人気2着
これだけ見比べたら今年のほうがやや疲労が心配かも!?

セブンスヘブンは前走の内容がどうにも引っ掛かりはするものの
父Galileoに母方ヨハネスブルグ×Unbridledがストームキャット×ミスプロでスピード配合

×エネイブルは近2走を見る限り強いですね(笑)
ただ前走は6頭立ての少頭数で逃げとかなり楽な競馬を経験した後に今回は多頭数の競馬
ちょっとでもここで苦に感じる可能性はあるのでそっちに賭ける手もという事でこの評価
血統は父NathanielはGalileoの系統つまりサドラーズウェルズ系
母方もかなり重めの欧州配合なんで昨年の傾向とは合わない気も

×ユリシーズは父Galileoで母父キングマンボその母が欧州名マイラーだったMiesque

×クロスオブスターズの父Sea The Starsは母がアーバンシー
つまりGalileoの半弟という事になりますし母父がユリシーズと同じキングマンボ

×イキートスもサドラーズウェルズ系の父に母父Areionがボールドルーラー系
 

予想印と買い目

 
ウィンター
○ブラムト
▲オーダーオブセントジョージ
△セブンスヘブン
×エネイブル
×ユリシーズ
×クロスオブスターズ
×イキートス

買い目は
◎の単
◎ー○▲△の馬連
◎ー○▲のワイド
◎ー○▲ー▲△××××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. アーリントンカップ2017 予想

  2. 新潟大賞典2017 予想

  3. 中山記念2017 予想

  4. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編

  5. ブリーダーズゴールドカップ 2017 予想

  6. 兵庫チャンピオンシップ2017 予想

おすすめ記事

  1. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  2. 京都大賞典 2017 予想
  3. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  4. ホープフルステークス2016 予想
  5. チャンピオンズカップ2016 予想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る