menu
閉じる
  1. 愛知杯 2018 予想
  2. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  6. エプソムカップ2016 予想
  7. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  8. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  9. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  10. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
閉じる
閉じる
  1. 富士ステークス 2018 予想 本命はエアスピネル
  2. 菊花賞 2018 全頭血統考察
  3. 富士ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 菊花賞2018 出走予定馬と展望
  5. 秋華賞 2018 予想 本命はゴージャスランチ
  6. 種牡馬メモについて
  7. 白秋ステークスなど2018年10月13日土曜の競馬予想
  8. 府中牝馬ステークス 2018 予想 本命はクロコスミア
  9. 秋華賞 2018 全頭血統考察
  10. 府中牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

凱旋門賞2018 日本馬クリンチャー含め確定した出走馬と展望

 
今週日曜ロンシャンメインレースは凱旋門賞2018

凱旋門賞は芝2400mで行われるG1で世界最高峰のレースとして知られています
昨年と一昨年は工事の為にシャンティイ競馬場で代替開催されましたが
新装なって3年ぶりにロンシャンに戻ってまいりました

過去5年の勝ち馬は
エネイブル
ファウンド
ゴールデンホーン
トレヴ
トレヴ

これまで日本馬は延べ22頭が凱旋門賞に挑戦してきましたが
エルコンドルパサー、ナカヤマフェスタ、オルフェーヴルの2着が最高
あのディープインパクトでさえも3着(後に失格)と未だ勝ち馬は出ておりません

今年の日本馬はクリンチャーが挑戦
G1勝ちこそありませんが武豊騎手を背に頑張って欲しいですね

人気に推されそうなのは前年の覇者であるエネイブル
トレヴ以来の連覇を目指すという形に

その他、主な出走予定馬は
シーオブクラス、キューガーデンズ、ヴァルトガイスト等が出走
 

出走馬と血統データ

 

凱旋門賞2018出走馬は19頭
 
 
父サドラーズウェルズ系が実におよそ半分となる9頭出走!
日本で言うならサドラーズウェルズ系=サンデー系
こう捉えればイメージしやすいんじゃないでしょうか!?

もう一つ注目は海外馬のディープインパクト産駒スタディオブマン
今年の仏ダービー勝ち馬がこの相手にどこまでやれるか楽しみです
 

レースの血統傾向

 
今年は改修工事明けのロンシャン競馬場
という事もあり過去の傾向はどこまで信用していいものか?

以前の凱旋門賞そしてシャンティイで行われた過去2年
総じて言えるのはサドラーズウェルズとダンチヒの血これがツートップ
これらは欧州の現在の主流血統なんでまあ当然とも言える結果

今年も出走馬でこの血を持ってない馬を探す方が大変な位なんで
ひとまず気にしないで臨もうかなと思ってます(笑)
 

有力馬のレース映像と共に軽い考察

エネイブル


これが前走セプテンバーステークスでピンク帽の馬
故障明けで4頭立てとほぼ調教と言っていいようなレースで勝利(笑)

昨年の凱旋門賞もその前のレースが6頭立ての逃げ切りからの臨戦
つまり楽な競馬を経験した後に多頭数競馬も問題なく押し切りました
従って今年もそんなに気にする事はないのかもしれません

でも・・前走セプテンバーステークスはオールウェザー
オールウェザーを前哨戦に選んだという事は故障明けで脚元が気になったからか?
位置取りが取れなかった時=揉まれた時は今年の方がやや不安なのかも

馬番も内寄りの6番なら揉まれる方に賭けてみる???
 

シーオブクラス


これが愛オークスとヨークシャーオークスの前2走

いずれも少頭数でしたが最後方から外を回しての差し切り勝ち
最後の直線に入って前に取り付く脚が早いのか?
そこまでは凄く楽な感じに見えるんですよね
そして追ったらしっかり末脚を伸ばしてとなかなか牝馬らしい決め手のある馬

比較的に外寄りのゲートに入ったのもプラスかも!?

父Sea The Starsそして父の母アーバンシーはそれぞれ凱旋門賞勝ち馬
エルナンド×Caerleonの母方はニジンスキー配合で欧州でも軽さを感じさせます
newロンシャンが軽めの馬場であれば非常に期待出来そうな1頭
 

キューガーデンズ


これが前走英セントレジャー

道中は中団待機で直線で徐々に外に持ち出す競馬
一瞬前が壁?になったとこから再び外に出して勝ち上がりました

ちょっとエンジンの掛かりが遅いようにも見える馬
今回はその英セントレジャーからの短縮臨戦
短縮臨戦【1.0.1.0】延長臨戦【3.1.0.1】の成績で
この母数で短縮云々はナンセンスかもしれませんが・・・
それでも多頭数になり短縮で捌ききれるかどうか
 

ヴァルトガイスト


これがシャンティイ大賞とサンクルー大賞とフォワ賞の前3走

シャンティイ大賞とサンクルー大賞が3番手から
フォワ賞が5番手から勝利で現在4連勝中

サンクルー大賞が最後割とキツい競馬に見えたので
そこから2か月半間隔を開けてフォワ賞に臨んだのは良かったのではないかと
まあ無難に可もなく不可もなくといった印象
 

クリンチャー


これが昨年2着だった菊花賞

これを何故載せたか?というのはイチかバチかならこの競馬になるのかなと
当時は休み明けだったセントライト記念を先行し凡走から距離延長で巻き返し

今回もまさにこれと近いパターンで
休み明けのフォワ賞を逃げて凡走から多頭数混戦で思い切って外から進出していく競馬

ディープスカイ×ブライアンズタイムで重めなのかスタミナは十分
さらに母母父に凱旋門賞血統であるダンチヒを携えてます
馬群に入って普通に先行するより圧も掛からず面白いと思うんですが・・・

と思ったら最内枠に!!

さあどうしますか豊さん!?
 

現時点で注目してる馬は

 
人気どころでの注目馬は→シーオブクラス

3走前が日本で言う所の特別戦ですかね
となれば出走馬の中でも鮮度は十分でしょうし
 
 
穴っぽいところでの注目馬は→ヌフボスク

この馬成績だけ見たら強い相手に喰らい付ける=Cっぽくないですか?
条件戦負けた後に特別戦を勝って返す刀で重賞も制覇
その次もアップ戦で2着に入り
2か月間隔開けた前走がダウン戦で1番人気で外から差し切れず3着

いや~匂う!実に匂う!(笑)
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 天皇賞春 2018 血統評価 出走馬17頭全馬編

  2. 毎日王冠 2018 予想 本命はステファノス

  3. 福島牝馬ステークス 2018 予想 外枠と欧州血統でデンコウアン…

  4. 平城京ステークスなど2018年10月6日土曜の競馬予想

  5. 神戸新聞杯 2018 予想 本命は思い入れの強い馬で

  6. 菊花賞2018 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る