menu
閉じる
  1. エプソムカップ2016 予想
  2. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  3. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  4. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  5. チャンピオンズカップ2016 予想
  6. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  7. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  8. 京都大賞典2016 予想
  9. ホープフルステークス2016 予想
  10. 有馬記念2015 予想
閉じる
閉じる
  1. ダービー卿チャレンジトロフィー2017 出走予定馬と展望
  2. 高松宮記念2017 予想
  3. マーチステークス2017 予想
  4. 日経賞2017 予想
  5. 毎日杯2017 予想
  6. 日経賞2017 出走予定馬と展望
  7. 毎日杯2017 出走予定馬と展望
  8. 高松宮記念2017 出走予定馬と展望
  9. フラワーカップ2017 予想
  10. スプリングステークス2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

プロキオンステークス2016 出走予定馬と展望

 
今週日曜中京メインレースはプロキオンステークス2016
 
 
以前はダート阪神1400mで施行されてたプロキオンステークスですが
12年から中京ダート1400mに舞台を移して今年で早くも5年目という事になりました
 
昨年・一昨年はベストウォーリアが連覇
今年はかなりメンバー的に小粒な構成になりそうですが・・・
 
 
今年のプロキオンステークス出走予定馬は17頭
 
ヒメサクラ、ピンポン
この2頭がのこり1頭の出走枠を巡って抽選対象になっております
 

プロキオンステークス2016の出走予定馬と血統表

 
プロキオンステークス2016出走予定馬
 

プロキオンステークスの血統傾向

 
ダート戦なんでむろんパワー型種牡馬はいいでしょう
 
あとはキングカメハメハ産駒父サンデー系の人気薄もよく走っております
 
ミスタープロスペクターのクロス、ノーザンダンサーのクロス
馬力が強調された血統構成馬の好走もよく見受けられますかね
 
ロベルト・ダンチヒといった血も要注意ではないでしょうか
 
血統以外では前走好走馬もしくは休み明けor休み明け2戦目の馬が好調
つまり・・リズムが良い馬かリフレッシュされてる馬が狙いどころ
 

プロキオンステークス2016有力馬の考察

 
ノボバカラはアドマイヤオーラ産駒でサンデー系
母母父がDayjurでダンチヒ系、ノーザンダンサーのクロスを持っております
ただこのレース人気の父サンデー系は期待値が低くて過去1~3番人気馬は【0.0.0.4】
前走好走どころか6戦連続3着以内とリズムは良いんですが・・
 
キングズガードはシニスターミニスター産駒
エーピーインディ系種牡馬なんで昨年・一昨年と連覇したベストウォリアーと同系種牡馬
母母父がダンチヒ系デインヒルでノーザンダンサーのクロス持ち
エーピーインディ系種牡馬の中京ダート1400mの好走率は割と高いですし
現在3連勝中とリズムも十分
 
ニシケンモノノフはメイショウボーラー産駒
前走1着でリズムはいいんですが今回は延長臨戦
実はメイショウボーラー産駒の臨戦別成績では延長臨戦が最も数字が悪い傾向
自身も延長臨戦時は苦戦してるように見受けられます
パワー型種牡馬ではあるんですがねえ
 

プロキオンステークス2016出走予定馬で気になる馬

 
カフジテイク
キングズガード
グレープブランデー
タガノトネール
ダノングッド
ピンポン
ブライトライン
ワンダーコロアール
 
この8頭の中で最も注目してるのがタガノトネールで次点がキングズガード
 
タガノトネールの父ケイムホームはミスプロ系
母父ではありますがキングカメハメハの血を出走予定馬で唯一持ってるのがこの馬
つまりミスタープロスペクターのクロス持ちという事に
前走4着ですが今回は休み明けの臨戦(前走との間隔が10週)になります
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 弥生賞2016 出走予定馬と先行予想

  2. 日本ダービー2016 予想

  3. 新潟2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

  4. サウジアラビアロイヤルカップ2016 出走予定馬と展望

  5. TCK女王盃2016 予想

  6. マイラーズカップ2016 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る