menu
閉じる
  1. 秋華賞2016 予想
  2. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  3. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  4. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  5. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  6. 府中牝馬ステークス2016 予想
  7. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  8. 有馬記念2015 予想
  9. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  10. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
閉じる
閉じる
  1. 天皇賞春2017 血統評価というか短評~長距離血統はさほど重要でもない…
  2. 青葉賞2017 出走予定馬と展望
  3. 天皇賞春2017 出走予定馬と展望
  4. フローラステークス2017 予想
  5. マイラーズカップ2017 予想
  6. 福島牝馬ステークス2017 予想
  7. フローラステークス2017 出走予定馬と展望
  8. マイラーズカップ2017 出走予定馬と展望
  9. 東京スプリント2017 予想
  10. 福島牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

プロキオンステークス2016 予想

 
7月10日(日)中京競馬場ダート1400mで行われるプロキオンステークス2016の予想です
 
 
昨年・一昨年はベストウォーリアが連覇
キョウワダッフィー、アドマイヤロイヤルも続けて好走しておりリピーターレースの色が濃そう
 
ただ今年は過去にプロキオンステークスで馬券になった馬の参戦はなし
 
そんな事もあってか?今年は上がり馬が上位人気を形成しておりまして
1番人気がノボバカラ、2番人気がキングズガード、3番人気がニシケンモノノフ
いずれもが中央ダート重賞では未勝利
 
という訳で・・やはり混戦模様という事になりそうです
 
そんなプロキオンステークス2016の発走時刻は15:35になっております
 

プロキオンステークス2016の見解

 
ベストウォーリア、コーリンベリーはミスタープロスペクターのクロス
キョウワダッフィー、トシキャンディはノーザンダンサーのクロス
つまり馬力が強調された血統構成馬の好走がこのレースではよく見受けられます
 
あとはロベルトダンチヒの血を持つ馬も要注意
 
ガンジス、セイクリムズン、トシキャンディの好走からは父サンデー系の人気薄も注意したいところ
 

プロキオンステークス2016の予想

 
◎はタガノトネールにしました
父はケイムホームでミスタープロスペクター系
そして母父キングカメハメハもミスタープロスペクター系なんでミスプロのクロス持ち
キングカメハメハの血は父としてこのレースで実は相性抜群でありますし
前走は案外でしたがそれ以前は強敵と好勝負してきてるのでやや人気落ちのここで期待
 
○はキングズガード
父シニスターミニスターはエーピーインディ系種牡馬
昨年・一昨年の勝ち馬ベストウォーリアも父がエーピーインディ系種牡馬でした
父母父・母父・母母父がノーザンダンサー系なんでかなりノーザンが強調された血統構成
その母母父はダンチヒ系のデインヒル
 
▲はノボバカラ
父アドマイヤオーラはサンデー系ですがノーザンダンサーのCaerleon内包種牡馬
母方はノーザンダンサー系配合なんでこの馬もノーザンが強調された配合
母母父Dayjurはダンチヒ系でもありますし
 
△はカフジテイク
プリサイスエンド×スキャンの配合なんでミスタープロスペクター配合
つまりはミスタープロスペクターのクロス持ち
 

プロキオンステークス2016の予想印と買い目

 
タガノトネール
○キングズガード
▲ノボバカラ
△カフジテイク
×ワンダーコロアール
×グレープブランデー
×ブライトライン
 
買い目は
◎ー○▲のワイド
◎ー○▲△の3連複
◎ー○▲ー×××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 菊花賞2016 予想

  2. 有馬記念2016 予想

  3. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

  4. 京王杯2歳ステークス2016 予想

  5. 弥生賞2016 予想

  6. 天皇賞春2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る