menu
閉じる
  1. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  2. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  3. エプソムカップ2016 予想
  4. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  5. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  6. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  7. 京都大賞典2016 予想
  8. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  9. チャンピオンズカップ2016 予想
  10. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
閉じる
閉じる
  1. 帝王賞2017 予想
  2. ラジオNIKKEI賞2017 出走予定馬と展望
  3. 宝塚記念2017 予想
  4. 宝塚記念2017 全頭の血統評価と短評~重馬場も少し想定
  5. 宝塚記念2017 出走予定馬と展望
  6. 函館スプリントステークス2017 予想
  7. ユニコーンステークス2017 予想
  8. 天保山ステークス2017 予想
  9. ジューンステークス2017 予想
  10. エプソムカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

クイーンステークス2016 出走予定馬と展望

 
今週日曜札幌メインレースはクイーンステークス2016
 
 
今年のクイーンステークスですが3歳牝馬チェッキーノの参戦が大いに話題となるでしょう
この時期に3歳のトップレベルの馬が出てくる事自体が少ないですからね
ちなみに3歳馬のこのレースの成績は【3.0.1.5】(過去5年)
なかなか高い好走率だけにこれは人気でも注目せざるを得ない感じはします
 
昨年は7番人気のメイショウスザンナが勝ち11年・12年は10番人気馬が激走
人気薄が激走する下地はあるレース傾向であるとも言えそうなので
穴馬探しもしっかりとやってみたいですね
 
今年のクイーンステークス出走予定馬は17頭
 
ノットフォーマル、カトルラポール、ペルフィカの3頭が除外対象になっておりますが
ビービーバーレルが出走回避という情報もあるのでノットフォーマルの繰り上がりがあるかも?
 

クイーンステークス2016の出走予定馬と血統表

 
クイーンステークス2016出走予定馬
 

クイーンステークスの血統傾向

 
アグネスデジタル、ファルブラヴ、ジャングルポケット(2勝)
過去5年だと4勝してるのが非サンデー系種牡馬
サンデー系種牡馬が決して走ってない訳ではないんですが1着のイメージは持ってもよさそう
 
そしてサンデー系種牡馬だとゼンノロブロイ産駒が相性抜群
そのサンデー系種牡馬に関してですが延長臨戦馬が特注!
過去5年だと【1.2.1.2】で複勝率66.7%ですから
 
あとはグレイソヴリン・欧州ノーザンダンサー系といったタフな血統を持つ馬もよく好走
 

クイーンステークス2016有力馬の考察

 
チェッキーノの父キングカメハメハは非サンデー系種牡馬
アロマティコとカウアイレーンがキングカメハメハ産駒では好走しており悪くはないでしょう
そしてこの馬の近親には洋芝大得意な馬がズラリ
札幌では連対率49.1%・複勝率64.2%という一族の成績からもここは普通に評価すべきか
 
ウインプリメーラはステイゴールド産駒なんでサンデー系
前走が1600mになるので今回延長臨戦というのはサンデー系だけに魅力
まして洋芝得意のステイゴールド産駒でありますし
 
リラヴァティはゼンノロブロイ産駒なんでサンデー系
ゼンノロブロイはこのレースで3頭馬券になっており
母父Singspielが欧州ノーザンダンサー系というのはいいでしょう
ただ前走2000mからの短縮臨戦というのがサンデー系だけにどう出るか!?
 

クイーンステークス2016出走予定馬で気になる馬

 
ウインプリメーラ
シャルール
チェッキーノ
テルメディカラカラ
ナムラアン
メイショウスザンナ
ロッテンマイヤー
 
この7頭の中で最も注目してるのがシャルールで次点がチェッキーノ
 
シャルールはゼンノロブロイでサンデー系
先程リラヴァティのところでも触れましたがゼンノロブロイ産駒は過去3頭馬券に
さらに前走が1600mなんで延長臨戦に
母父Kaldounはグレイソヴリン系でもありますし
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. アメリカジョッキークラブカップ2016 出走予定馬と先行予想

  2. TCK女王盃2016 予想

  3. 函館記念2016 出走予定馬と展望

  4. 大阪スポーツ杯2016 予想

  5. 中山記念2016 予想

  6. 凱旋門賞2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る