menu
閉じる
  1. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  2. エプソムカップ2016 予想
  3. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  4. チャンピオンズカップ2016 予想
  5. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  6. 京都大賞典2016 予想
  7. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  8. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  9. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  10. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
閉じる
閉じる
  1. アメリカジョッキークラブカップ2018 出走予定馬と展望
  2. 日経新春杯 2018 予想
  3. 京成杯 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 日経新春杯2018 出走予定馬と展望
  6. 愛知杯2018 出走予定馬と展望
  7. シンザン記念 2018 予想 多少は重い馬場になる事も想定
  8. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルディープ…
  9. 中山金杯 2018 予想
  10. 京都金杯 2018 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

クイーンステークス2015 出走予定馬と先行予想

 
今週日曜札幌メインはクイーンステークス2015
 
レッドリヴェール、ブランネージュ、フーラブライド、イリュミナンス他14頭が出走予定
 
 
【クイーンステークス2015出走予定馬と血統表】
クイーンS2015出走予定馬
 
全馬出走可能になっております(フルゲート14頭)
 
 
クイーンステークスはこれといった血統傾向が見つけにくいレース
馬別に見ていくのが一番いいんでしょうが
とりあえず目に付くのはキングマンボの血
キンカメ産駒がここ4年で2頭馬券になってますし12年は母父キングマンボ系の上位独占
 
あとは母方に欧州血統もしくはノーザンテースト・ボールドルーラーといったスピード持続力血統を持つ馬
 
 
レッドリヴェールは父ステイゴールド
ステイゴールドの全妹レクレドールがこのレース勝ってますね
ステイゴールドの札幌1800mは可もなく不可もなくといったところです
 
母父フレンチデピュティのブランネージュですが
父としても母父としてもクイーンステークスで馬券対象馬を出してるのがフレンチデピュティ
ただシンボリクリスエスはこの条件でさほど積極的に買いたくなる材料はなし
 
フーラブライドの母父メジロマックイーンは11年以降札幌1800mで【2.1.0.0】
父としてもヤマニンメルベイユ・エイダイクインと2頭クイーンステークスで馬券に
ゴールドアリュールがどうか?ですが母母父には欧州ノーザンダンサーのマルゼンスキー持ち
 
 
イリュミナンス
ショウナンバーキン
ノットフォーマル
フーラブライド
ファインドヌーヴ
フレイムコード
レイヌドネージュ
ローズマンブリッジ
 
出走予定馬の中でとりあえず気になるのはこの8頭

スポンサーリンク

関連記事

  1. 阪神ジュべナイルフィリーズ2015 出走予定馬と先行予想

  2. 中京記念2015 過去3年の血統データ

  3. ステイヤーズステークス2015 出走予定馬と先行予想

  4. 新潟2歳ステークス2015 予想

  5. ターコイズステークス2015 出走予定馬と先行予想

  6. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンド…

おすすめ記事

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. menk 様

    いつも大変お世話になっております。

    「敗北からの再生馬券術」長生でございます。

    この度は、ご連絡頂きまして、誠にありがとうございました。

    リンク及びRSSの再設定行いましたので、ご報告申し上げます。

    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

                       長生 陽一朗

      • menk
      • 2015年 7月 29日

      長生様

      こちらこそお世話になっております
      リンク・RSS変更していただきありがとうございました!
      今後とも宜しくお願い致します

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る