menu
閉じる
  1. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  2. 有馬記念2015 予想
  3. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  4. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  5. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  6. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  7. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  8. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  9. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  10. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  2. 京阪杯2017 出走予定馬と展望
  3. 京都2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  4. ジャパンカップ2017 出走予定馬と展望
  5. マイルチャンピオンシップ 2017 予想 重めの馬場なら穴馬を本命に
  6. 東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 予想
  7. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  8. 東京スポーツ杯2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  9. マイルチャンピオンシップ2017 出走予定馬と展望
  10. エリザベス女王杯 2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ラジオNIKKEI賞2016 血統データ~穴馬は偏った血統構成馬

 
毎年荒れるイメージが強いのがラジオNIKKEI賞
 
15年3着 マルターズアポジー
13年2着 カシノピカチュウ
12年3着 オペラダンシング
09年2着 サニーサンデー
07年2着 スクリーンヒーロー
 
近年これだけの2ケタ人気馬が激走してる事からも
なかなかに一筋縄ではいかないレース
 
そんなレースでもあって血統的にも掴みどころがないんですが
とりあえず過去の好走馬から共通点を探ってみたいと思います
 

近年のラジオNIKKEI賞で好走した特徴ある血統構成馬

 
【ミュゼゴースト・15年2着】
ミュゼゴースト
 
【マルターズアポジー・15年3着】
マルターズアポジー
 
【ウインマーレライ・14年1着】
ウインマーレライ
 
【ウインフェニックス・14年3着】
ウインフェニックス
 
【カシノピカチュウ・13年2着】
カシノピカチュウ
 
【オペラダンシング・12年3着】
オペラダンシング
 
 
この6頭なんかは割と特徴がある血統構成馬だと思いピックアップ
 
まずマルターズアポジー・ウインマーレライ・カシノピカチュウは
父か母父にパワー型の血を持ちさらにもう1本・2本とパワーの血を3代内に持っての好走でした
つまりパワーの血のクロスを持ちパワーの血が強調されてる馬
 
そしてミュゼゴースト・ウインフェニックス・オペラダンシングの3頭は
3代内に欧州ノーザンダンサーのクロスを持っていた馬
 
(共に血統表の中で赤枠で囲った部分がそれに該当します)
 
パワーならパワー、ノーザンなら欧州のスタミナ
3代血統の中でもどちらかに大きく偏った血統構成の馬を狙うのがこのレースでは面白そう
 
そしてこれらは全て4番人気以下で馬券に絡んでるというのもミソ
人気薄でこそより妙味がありそうです
 

ラジオNIKKEI賞2016出走予定馬で上に該当する血統構成馬

 
【ストーミーシー】
ストーミーシー
 
【ピックミータッチ】
ピックミータッチ
 
出走予定馬で上の血統構成を持つと考えられるのはこの2頭
 
ストーミーシーは母方が欧州ノーザンダンサー配合
ピックミータッチは母父がパワー型で父母父もパワー型
 
いずれもが軒並み人気薄になりそうな想定オッズ
思い切った狙いでいくならここからチョイスしてみるのもアリかもしれません
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. みやこステークス2016 予想

  2. 青葉賞2016 予想

  3. 中日新聞杯2016 出走予定馬と先行予想

  4. 高松宮記念2016 出走予定馬と先行予想

  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ2016 予想

  6. ターコイズステークス2016 予想

おすすめ記事

  1. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る