menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  2. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  3. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  4. 府中牝馬ステークス2016 予想
  5. 秋華賞2016 予想
  6. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  7. チャンピオンズカップ2016 予想
  8. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  9. 有馬記念2015 予想
  10. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
閉じる
閉じる
  1. 帝王賞2017 予想
  2. ラジオNIKKEI賞2017 出走予定馬と展望
  3. 宝塚記念2017 予想
  4. 宝塚記念2017 全頭の血統評価と短評~重馬場も少し想定
  5. 宝塚記念2017 出走予定馬と展望
  6. 函館スプリントステークス2017 予想
  7. ユニコーンステークス2017 予想
  8. 天保山ステークス2017 予想
  9. ジューンステークス2017 予想
  10. エプソムカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ラジオNIKKEI賞2016 予想

 
7月3日(日)福島競馬場芝1800mで行われるラジオNIKKEI賞2016の予想です
 
 
昨年のラジオNIKKEI賞は1番人気のアンビシャスが勝利しましたが
基本的には1番人気があまり勝てないレース
 
そして今年の1番人気はどうやらブラックスピネルになりそう
自身重賞では4着が2度で57㎏はやや厳しいハンデを背負わされた感もありますが・・
 
あとの人気どころは混戦模様といったところ
2ケタ人気馬もバンバン馬券に絡むレース傾向だけに今年も荒れるかも!?
 
そんなラジオNIKKEI賞2016の発走時刻は15:45になっております
 

ラジオNIKKEI賞2016の見解

 
過去3年に絞ると父サンデー系×母父パワー型の馬の好走が目に付きますね
 
あとはゴスホークケン、スタチューオブリバティ、アドマイヤムーンといった種牡馬
 
つまりパワー型種牡馬の好走も見受けられます
 
シンプルに狙うならこのあたりの血統馬になってきそう
 

ラジオNIKKEI賞2016の予想

 
◎はピックミータッチにしました
父はゼンノロブロイでサンデー系
ゼンノロブロイ産駒は
福島1800mが割と得意で複勝率は30%を超えており重賞実績もあり(福島牝馬S)
母父フレンチデピュティはヴァイスリージェントでパワー型
ラジオNIKKEI賞2016 血統データ~穴馬は偏った血統構成馬
この記事でも書きましたがこのレースは偏った血統構成馬が穴を開ける傾向
ゼンノロブロイの母父がパワー型のミスプロ系Miningなんで3代内にパワーの血を2本持ってます
前走はドスローのレースで勝ち今回は乗り替わりと
楽→苦は見え見えですがこの人気なんで狙ってみます
 
○はゼーヴィント
父はディープインパクト
ディープインパクト産駒は福島1800mでの数字が優秀で複勝率は40%を超えております
ラジオNIKKEI賞でも産駒が2勝しており普通にこの評価になりました
母父ブライアンズタイムはロベルト系なんでパワー型
 
▲はストーミーシー
父アドマイヤムーンはフォーティナイナー系種牡馬でパワー型
母方は欧州ノーザンダンサー系配合であるんですが
この欧州血統が強調された配合馬もこのレースでは良い部類の相性なんで
 
△はダイワドレッサーとロードヴァンドールの2頭
共に父サンデー系×母父パワー型という配合馬で短縮臨戦
ラジオNIKKEI賞での父サンデー系は断然短縮臨戦が好数字でもあるので
 

ラジオNIKKEI賞2016の予想印と買い目

 
ピックミータッチ
○ゼーヴィント
▲ストーミーシー
△ダイワドレッサー
△ロードヴァンドール
×アーバンキッド
×ブラックスピネル
 
買い目は
◎の複
◎ー○▲△△の3連複
◎ー○▲ー××の3連複
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 京阪杯2016 出走予定馬と展望

  2. 七夕賞2016 予想

  3. アルゼンチン共和国杯2016 予想

  4. ホープフルステークス2016 予想

  5. 根岸ステークス2016 予想

  6. オーシャンステークス2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る